※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

こんなこと、あなたは受け入れて下さらないでしょうけど。
いつものニヤケハンサム面を歪ませて、古泉は言う。
ずっと、言うつもりはなかったんです。だって――

みじめでしょう?

いつの間にか薄暗くなっていた教室に、自嘲気味の声が響いた。
つめたい床を背中に感じながら、俺は身動きもできずに、目の前の顔を見つめる。
きれいな指が、俺のネクタイをゆっくりとほどいてゆく。
ふわりと、柔らかそうな前髪が眼前で揺れる。思わず瞼を固く閉じた。
ぉ…れ、は……こんな……
――ポタリ。シャツに差し込まれた手が動きを止め、俺の頬に、つめたいものが落ちる。
え、と目を開けて見上げると、瞳を濡らしたその笑顔は、変に歪んだまま。
ばかに熱っぽい声が、まるで許しを請うように呟くのを、俺はただ黙って聞くしかなかった。

――あいしています――