※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

今日、旅行に行っていたご主人が帰ってきた。
少し疲れた風だったけれど、楽しんでこれたみたいだ。
僕達に身体を預けて、楽しかった旅行の思い出を思い出しているのかクスクスと笑ったりしている。
「凄く…楽しかったな…」
良かったですねご主人。でも僕達、ご主人が居なくて凄く寂しかったんですよ。
何時も旅行に連れてって貰ってる枕なんか、今回一緒に行けなかったせいでイジケてましたし。
「やっぱり、枕は変わらない方が寝やすい…」
あ、枕が喜んでる。やっぱり俺じゃないとご主人を満足させれないんだな!とか、卑猥になりそうな事言っちゃいけません。
「ふぁ…眠…」
あくびをするご主人。
今夜はゆっくりおやすみ下さい。よりよい眠りを、と、僕は何時もよりもいっそうふんわりとご主人を包みこんだ。