※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

☆私の好きな言葉


  私の好きな言葉は
  茨木のり子さんの
  「自分の感受性くらい
  自分で守れ
  ばかものよ」
  「自分の感受性くらい」という詩の最後の部分です。

  私自身は
  この詩を極端に解釈しているところがあるのですが・・・
  でもいろいろ考えたくなる詩です。

  私が生まれ
  育ってきた
  この環境は
  変えられない

  でも
  どんな自分でありたいか
  感じたことをどう受け止めようか
  これって自分次第で変わるもの

  おかしくなっちゃおうかなんて
  考えたこともある
  でも坂道を転げ落ちようとした自分を
  私は許さなかった

  私は気付いたときからずっと
  私でした。  
  (仮に私が悪いことをして捕まっても
  家族や学校のせいにしないでね☆
  まず有り得ませんが・・・)