目標


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

目標

国家公務員試験II種

裁判所事務官II種

地方公務員(市役所等)



官庁訪問


官庁訪問の事前準備
(事前準備)
 まず、希望官庁を決めましょう。これによって訪問の方法やタイミングは違ってきます。また、2次試験での面接でも必須ともいえるほど希望官庁とその理由は聞かれます。
 希望官庁は幾つかピックアップしておくべきで、希望職種や希望地域から優先順位をつける方法もあります。

 次の物は、事前に準備し、訪問時には持参します。
 4×3の証明写真
 卒業(見込)証明書
 履歴書
 ハンコ
 身分証明書(入る際に必要)
官庁側では持参物の指示はしません(してくれるところもある)。持参するのが当然のことと理解されているためで、当日、突然に「出してください」と言われます。持参していなかったら、「×マーク」がついてしまい、相手にしてもらえません。

 就職センターに各官庁のパンフがありますが、最低でもその程度は読んでおいてください。hpや白書に掲載されている政策、課題等も読んでおくと良いです。
 教員や主事、就職センターを通じて卒業生を紹介してもらい(生涯学習センターは受験生が必要とする情報を提供するシステムがない)休日にでも話を聞くのも良いです。


裁判所書記官にはなりたい? その理由は?
 →なりたいです。私は人と人との間をつなぐという役回りをすることが多かったので、コートマネージャーと呼ばれる書記官の仕事を是非してみたいです。また、法律のスペシャリストであるという点も魅力 的だと思います。


■去年も受けたの? 結果は? 今年の併願状況は? 国家II種は1次試験に通ったらどのようなところをまわるつもり?
 →法律に関わりのありそうな地方検察庁や法務局を中心に官庁訪問するつもりです。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。