夏奈の恋


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

413 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/02/21(木) 22:02:04.39 ID:ntZMlugy0
番外編
俺「なあ・・・夏奈って好きな男とかおるん?」(藤岡とか・・)
夏奈「え!そそそそんなこと・・・いないよ・・・」
俺「そっか・・・」
夏奈「・・・」
俺「なあ、よかったら今日一緒に帰らないか」

無言で並んで歩く二人。俺は心臓の鼓動に耐え切れなくなる。
俺「おっ俺!お前のこと好きだ!」
夏奈「え!スキってお前・・・」
俺「お前好きな奴いないんだろ?じゃあ俺を・・・」(両手で夏奈の肩を掴む)
夏奈「そっそっそんな・・・急に言われても・・・やめてよ・・・」

言葉と行動があってないじゃないか。お前は俺の腕を強く掴んでいるが抵抗はしない。
それどころかじっと目を閉じてるじゃないか。
ふたりの唇が重なると、夏奈は硬直させた体の力を抜いて、俺に身をもたせかけた。

あーやっぱ爽やかはダメだな。痴漢以上にワンパターンだ
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。