夏奈、本編の後に


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

259 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/05/03(土) 22:18:57.00 ID:QUfxf/qu0
そして評判の悪い番外編でエピローグ

俺は夕闇の住宅街を軽い足取りで歩いた。
今日は恋人である春香とその妹、夏奈・千秋に焼肉をご馳走することになっている。
俺は春香が大好きだ。そして、肩を寄せ合って明るく暮らす三姉妹はもっと好きだった。
三人の笑顔を思うと、足取りが軽やかにならない方がおかしい。

おや?あれは・・・夏奈ちゃんだ。
下を向いてとぼとぼと歩いて・・・いつもの元気印の夏奈ちゃんじゃなさそうだ。
何かあったのだろうか。

「や、夏奈ちゃん!」俺は務めて明るく呼び止めて、小走りに夏奈に近づいた。
夏奈はゆっくりと振り返る・・・何だろう、悲しそうというより空虚な感じだ。
「どうしたの?暗い顔して。バカ野郎の名が泣くぞ!」
俺は夏奈の肩をぽんと叩いた。



261 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/05/03(土) 22:23:26.78 ID:QUfxf/qu0
夏奈は俺の顔を見て・・・その可愛らしい顔を歪ませていく。
そして、大声で泣きながら俺の胸にしがみついた。
思ったより深刻そうだ。俺はたった今の明るい振る舞いを後悔した。

俺は夏奈の肩を抱いてやった。
エロい気持ちは全く無かった。夏奈が可愛い妹に思えて、心から心配した。

夏奈はしばらく泣いて、少しずつ落ち着いてきた。
俺たちは誰もいない小さな公園のベンチに腰掛けた。
無言で夏奈の背中に手をかけて撫でてやる。
夏奈は搾り出すように話してくれた。

さっき電車で痴漢に遭ったらしい。



264 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/05/03(土) 22:29:14.17 ID:QUfxf/qu0
俺はもちろん痴漢に遭ったことはない。
ただ、満員電車で女性のお尻を触る、痴漢の存在についてはもちろん知っている。
あんなに大泣きすることかどうかも、実際よく分からない。
ひょっとしたらひどいことをされたのだろうか。夏奈はまだ中学生だぞ!?
変態め・・・徐々に俺の心に怒りと憤りが育っていった。

しかし・・・弱っている夏奈の前で怒りを露わにするのもいかがなものか。
俺は務めて落ち着いて夏奈に語りかけた。

俺は痴漢に遭うってどんな気持ちか分からないけど・・・
でもこうして聞いてるだけでも腹立つよ。
でもさ、夏奈は何も悪いことしてないじゃん。
そんな夏奈が、バカな痴漢なんかのせいで悲しんでるのは・・・辛いよ。



270 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/05/03(土) 22:37:13.58 ID:QUfxf/qu0
夏奈はすがるような目で俺を見た。目が真っ赤だ。
俺「どうしても怖かったらさ、俺がいっしょに電車乗るよ。
  いっしょに痴漢を捕まえてやるよ!」
夏奈の表情は晴れない。俺はどうしていいか分からなくなってきた。

「だからさ、夏奈ちゃんが悲しむことは何もないよ・・・
 元気だしなって!何かあったら俺を頼りにしてくれていいから!」

夏奈は、今度は無言で俺の胸に顔を埋めた。
そして俺の服で涙を拭いて立ち上がった。
夏奈「ありがとう、○○・・・」(○○は俺の名前)
夏奈「そうだよね!なんか元気出てきたよ!」

夏奈は焼肉が楽しみだ、早く帰ろうといって駆け出した。俺も安心して腰を上げる。
夏奈は俺を振り向いて、もじもじしながら言った。

夏奈「私・・・春香が羨ましいよ。○○みたいな彼氏がいてさ!」

夕闇の中をかけていく俺の可愛い「妹」。
何だかその姿を見ていると、今日の疲れが吹き飛んでしまった。

番外編 終了
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。