俺が春香を愛した理由


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

398 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/05/04(日) 03:10:21.61 ID:sTdrXu360
やっぱり来るのか番外編

千秋「ねえ、○○兄さま・・・」
俺「ん?ていうか兄さまはやめてよ」
千秋「でも、こないだ夏奈がお兄ちゃんって呼んだときすごく嬉しそうに・・・」
夏奈「なっ!あ、あれはたまたまだなあ・・・かぁ~」
俺「い、いや、様なんてつけられると恐縮するじゃん」
千秋「膝に乗せて髪の毛撫でて?どう見ても恐縮なんかしてないですよ」
俺「ああ・・・うん、まあいいや。何?」
千秋「○○兄さまは、春香姉さまのどんなところが好きなんですか?」

台所でコトリと音がする・・・春香に聞こえているらしい。
胸とかお尻とか言うわけにはいかない。どうするか。



401 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2008/05/04(日) 03:17:47.37 ID:sTdrXu360
俺「何だろうなあ。言われてみると難しいなあ・・・」
千秋「兄さま・・・春香姉さまを愛してるんでしょう?」
俺「それは・・・(小声で)愛してるけどぉ・・・」
夏奈「かぁ~・・・聞いてられん」
俺「じゃあさ、千秋ちゃんは姉さまのどんなところが好き?」
千秋「う・・・確かにそういわれると難しいですね」

参ったなあ。オッパイ大きいからとかいってはぐらかせばよかった。
俺「そうだな・・・しいて言えば・・・
  可愛い妹に囲まれて、幸せそうなところかな!」
俺は左手で千秋を抱きしめ、右手で夏奈を引き寄せて抱きしめた。
夏奈「ちょ、お前・・・やめろよ・・・かぁ~」

何とかごまかせたかな。でも嘘を言ったわけじゃないよ。
夏奈ちゃんも千秋ちゃんも、みんなあったかくてみんな大好きだよ・・・
千秋は幸せそうに俺の胸に後頭部を預ける。夏奈は俺の腕にしがみついて離さない。
俺は心から、番外編の世界に行きたいと思った。

番外編 終了
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。