ロボ子の秘密と芹沢のときめき


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/12(土) 23:42:09.77 ID:A7JUHfIr0
何だよ人多かったんじゃないかwww
ちょっと番外編でお茶を濁しておこう

芹沢「ウィーン、ウィーン」
俺「うわっびっくりしたっ!」
芹沢「私は、NASA・が・生んだ、最新型、ロボット、ピコ」
俺「ろ、ロボット?・・・へー、さすが最新型、よく出来てるなあ」
俺はぺたぺたとその体を触ってみる。
芹沢「おま!ぴ、ピコ、みだりに触ると高電圧で・・・」
俺「いいじゃん。最新型ロボットなんて言われたら誰だって気になるよ」
ロボットを抱くようにして中に手を入れていく。
芹沢「うう・・・き、機密情報漏洩の危険、安全装置を・・・」
俺「(なでなで)へー、最新型のロボットって中にスパッツ穿いてるんだ」
芹沢「!!」
俺「(ぷにぷに)それに人間の女の子みたいに柔らかいけど」
芹沢「・・・」
俺「機密情報ってこれのこと?(ぽんぽん、とお尻を叩く)」



108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/12(土) 23:46:35.48 ID:A7JUHfIr0
芹沢「いっ、いい加減にしろよう!」俺を振り払おうとする
俺「ははは、ごめんごめん。最後にひとつ質問させてよ」
俺はロボットの肩を両手で掴んで、まっすぐに目(?)を見た。
俺「ロボットでも・・・人間と愛し合うことはできるのか?」
芹沢「・・・わからない」
俺「じゃあ、俺たちで、確かめてみないか?」芹沢のかぶりものをはずす。
芹沢「あ・・・」
俺「こんなロボットなら・・・俺は、愛することができそうだ」
芹沢「・・・わ、私も・・・」

二人を夕闇が包むこの窓辺に、
明日も、素晴らしい幸せがくるだろう・・・以下略
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。