知恵先生禁断の恋


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

番外編

俺「先生、話って何ですか?」
知恵「うん、ちょっと最近○○(俺)くんの服装が乱れてるから注意しようと思って」
俺「服装?そんなら園崎さんの髪の色を先に注意すべきだと思いますけど」
知恵「・・・分かるでしょ?大人にはいろいろあるの」
俺「成る程・・・じゃあ、俺は逆に知恵先生の服装を注意したいな」
知恵「え?」
俺「先生・・・その服、パンツ透けてるのには気づいてますか?」



204 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/13(日) 04:19:35.59 ID:xa+i6Lcv0
知恵「え、え?あっ!」立ち上がったところを俺に腕をつかまれる
俺「先生の透けパンってね・・・ガキの裸よりよっぽどエロイんだよ」
知恵「やめ、離しなさい!あっ!」俺の手がお尻に触れる
俺「こんなエッチなお尻してたら・・・それだけでも教育に悪いよ」
知恵「こ、こら!おこうっ!・・・っはあ、はあ・・・」無理矢理キスされる
俺「でも・・・俺はそんな先生が好きです。そのままでいてください」
知恵「○○くん・・・」

続きが思いつかないので終了
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。