すれ違い~泉こなたの憂鬱


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

208 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/08/09(土) 22:04:35.13 ID:2ScDuEhD0
人少ない・・・番外編するなら今のうち

あやの「ねえ、泉さん」
こなた「ん~?どうかした?」
あやの「変なこと聞くけど・・・泉さんって○○くん(俺)のこと好きなの?」
こなた「!・・・そ、そんなわけないじゃんあんな奴!」
あやの「そう・・・」
こなた「たまたま趣味が合うから仲良くしてるだけで・・・」
あやの「よかった!ねーえ、違うって!」
こなた「?」
あやの「泉さんって○○くんと仲いいよね?それでね、みさちゃんを紹介してあげてほしいの」
こなた「・・・え?」
みさお「ごめんな、手間かけて・・・でも私、あいつを見るとどうしても・・・」
あやの「みさちゃんってこう見えてシャイなところあるから、泉さんにとりなしてもらえるかなって」

こなた「え・・・え~!?あんなのでいいの?あんな甲斐性なしで」
みさお「そ、そんなことないってヴぁ!」
こなた「・・・」
みさお「・・・ごめん。頼むよ泉・・・」



210 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/08/09(土) 22:10:11.88 ID:2ScDuEhD0
かがみ「あんたってホント馬鹿ね」
こなた「・・・」
かがみ「そんな顔するくらいなら断ればよかったじゃない」
こなた「・・・」
かがみ「それか、さっさと付き合っちゃえばよかったのよ」
こなた「・・・」
かがみ「あんなに仲いいんだから。誰だって付き合ってると思うわよ」
こなた「・・・」
かがみ「みさおもそう思ってたからアンタに確認したんでしょ?」

こなた「だってぇ・・・うえぇぇぇん・・・」泣く

かがみ「・・・ホント馬鹿なんだから」こなたの肩を抱く
こなた「ううっ・・・えぐっ」

かがみ(まったく・・・私も失恋したってのに、こんなに泣かれたら)
こなた「かがみぃん・・・私、私、・・・」
かがみ(私が落ち込む暇がないじゃない・・・)



212 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/08/09(土) 22:14:17.31 ID:2ScDuEhD0
翌日、通学途中

俺「おはよ、こなた!」
こなた「あ、お、おはよう!」
俺「あのさ、こないだ借りたゲームの」
こなた「・・・私なんかと話してていいの?彼女に怒られちゃうよ」
俺「・・・」
こなた「いや~まさかあんな可愛い子がアンタに惚れるなんてね~」
俺「・・・俺さ、昨日、ショックだったんだよ」
こなた「ん~?何が?」
俺「好きな人に彼女を斡旋されるなんて思わなかったからさ」
こなた「・・・え?」足が止まる
俺「今さらだけどさ、俺お前のこと好きだったんだ」
こなた「そんな」
俺「こなたを困らせるつもりはないけど・・・どうしても言いたかった。ごめん」
こなた「・・・」



213 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/08/09(土) 22:20:32.46 ID:2ScDuEhD0
俺「みさおのことは大事にするよ。お前が紹介してくれたんだから」
こなた「・・・」
俺「状況は変わったけど、少しずつ慣れるよ。だから、今までどおりいい友達でいような」
こなた「・・・そうだね」
俺「それじゃ、今日は先行くわ」
こなた「うん・・・」

こなた「・・・待って!○○!」

朝陽に照らされて、ふたりは何か話をしていた。
まるで、掛け違えたシャツのボタンをひとつひとつ直していくように。
今さらどうなるかは分からないけど・・・
ま、こなたも全部吐き出しちゃえばまた元気になるでしょ。
かがみ「で、私はどうしたらいいのかなあ」

番外編 ここで詰んだので終了


~~inspired by... 桑田乃梨子(漫画)「蒼紫の森」~~
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。