朝比奈みくる(大人)11


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/12(土) 21:45:00.14 ID:A7JUHfIr0
俺は今日、駅で朝比奈みくるちゃんを見つけた。
      • 可愛いんだよ、この娘。
痴漢に遭ってボロボロ泣いてるかと思えば、翌日は澄ました顔で登校している。
で、また触られて泣いちゃう・・・

この泣き虫さんは、打たれ弱いように見えて意外と打たれ強いのかもしれない。
その場では泣いてしまうが、回復が早い。
そういう切り替えの能力があるからこそ、あんな泣き虫さんがここまでやってこれたのだろう。
な、可愛いじゃないか。気丈っていうのかな。

そういうわけで、今日も泣いてもらおうじゃないか。みくるちゃん。
いいだろ、減るものじゃないぜ。どうせ明日には立ち直ってんだろ。
じゃ、今日もいっしょに楽しもうぜ・・・


64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/12(土) 21:50:26.26 ID:A7JUHfIr0
みくるを追跡しながら、周囲の状況に気を配る・・・
配ろうとした途端に、誰かの肩が俺にぶつかった。
俺「あ、すみません」
女「あ、いえ、こちらこそ」
女はほとんど俺の顔も見ずに階段に足をかける。
しかし、俺はその女性の後姿から目を離すのに苦労した・・・というか、離せなかった。

みくる・・・ちゃん、の、お姉さんかな?
白のブラウスに同じく白のタイトスカート。爽やかな服装だ。
そして・・・そのタイトスカートから張り出したお尻の感じ。
どうだろう。階段を上るたびにプリプリと震え、お尻の谷間に出来たスカートのしわが
くいくいと動く。
神経を集中すれば、まるでお尻の形まで透視できそうだ。

顔だけでなく、身のこなしもみくるちゃんにそっくりだ。
体のほうは、みくるちゃんが少しだけ引き締まった感じだろうか。
このへんは服装の心象によるものかもしれない。

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/12(土) 21:54:20.30 ID:A7JUHfIr0
しかし、お姉さんという感じではない。
みくるに話しかけることも泣く、後ろから見守っている感じ・・・
もちろん、森さんのようにみくるに痴漢しようとする素振りも見えない。

どういう関係だ、この二人。
そういえば、朝比奈さんは未来から来たとか来てないとか聞いたことがある。
      • そう考えると、この人は朝比奈さんの未来、未来からきたみくるのさらに未来のようにも見える。

ホームに着くとすぐに電車が来た。
分からないことを考えている暇はもはやない。
しかし、俺はすでに決めていた。今日はこの、みくるちゃんに似た女性を責めよう。

みくるはまたいつでも触れるさ。それに対してこの女性にまた出会える保証はない。
もし、本当に未来のみくるだというなら・・・
痴漢のほうもかなり楽しめるはずだ。

67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/12(土) 21:59:50.72 ID:A7JUHfIr0
俺は大人のみくるを電車に押し込んでいく。
あっ、そうだ!二人のみくるに同時痴漢!これいい!最高!

俺は慌ててみくるのスカートに手を伸ばしたが、間に合わなかった。
しかし、今さら二兎を追ってはいずれの獲物も逃してしまいかねない。
少なくとも、手の中に収めつつある大人のみくるを逃してはならない・・・

みくるは俺達より少し奥に乗り込んだ。俺は大人のみくるの背後に難なく陣取った。
俺の前に大みくる。その斜め前、数人の人をはさんでみくるの顔も見える。
大みくるは、ちらちらとみくるを見ている。やはり何か関係あるのだろうか。

しかし、俺の本質的な興味はこの二人の関係にはない。
大人になったみくるちゃんの味。どこまで攻められるか。それが今大切なことだ。

さあ、扉が閉まった。勝負の始まりだ。
俺は電車が動き出す前から、両手を大みくるのお尻に添えた。


68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/12(土) 22:05:12.52 ID:A7JUHfIr0
まずはソフトタッチ。みくるに似ているとはいえ別人である。
みくるならいきなりスカートをめくってもいいが、まずは慎重にだ。

大みくるは俺の痴漢に敏感に反応した。
といっても、反応は大きくない。ちょっと顔を上げたくらいだ。
む?みくるよりは余裕のある感じだ。
さすがにこのくらいになると痴漢慣れしているのかもしれないな。

このナイスバディのお姉さんの体を今まで何人の男が触ってきたのか・・・
それを考えるだけで、何となく俺は興奮してしまった。
そしてその名簿に、今俺が名を連ねる。
同時に、俺の業績リストに彼女が載るのである。
記憶が薄れて忘れてしまっても、今この場所で痴漢したという事実は消えない。
それが嬉しかった。

俺は発車の揺れにあわせて、両手で大みくるのお尻を揉んだ。

70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/12(土) 22:12:07.71 ID:A7JUHfIr0
以後、便宜上、いつものみくるを「みくる」、大人のみくるを「朝比奈さん」と呼ぶことにする。
ただし、痴漢が楽しくて興奮してきたらこの決まりは崩れる可能性があるためご了承願いたい。

俺の指が、スカートごしに朝比奈さんのお尻を揉む。
さあ、どんなもんだろう。痴漢慣れしたところを見せてみてよ・・・

意外なことに朝比奈さんは、早くもうつむいて全身を硬直させてしまった。
何だ、これじゃみくると変わらないじゃないか。
むしろ「驚いて声をあげる危険」のあるみくるより責めやすそうだ。
俺は引き続き朝比奈さんのお尻を優しく愛撫してやる。

お尻の感じはさすがにみくるによく似ている。違いは、やや引き締まっている点だろうか。
しかし、服装を考慮すると、引き締まっている割にむしろ柔らか味はみくるより強い気がする。
大きなお尻に若々しい張り、という迫力がやや薄れ、そのぶん色気が付加されたような感じだ。
それでいて、そのお尻は健康さを失わず、プリプリと俺の指を押し返した。

72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/12(土) 22:17:47.98 ID:A7JUHfIr0
朝比奈さんの髪からいい香りがする。香水だろうか、それとも香りの強いシャンプーか・・・
こういう雰囲気も高校生相手だとないものだ。
いや、OLや女子大生が相手では、これだけ清純で爽やかな雰囲気はない。
少女の元気な可愛らしさと、大人の女の落ち着いた魅力と・・・
それを兼ね備えたような人である。

反応のほうも同じだ。
少女のように怖がっているのは、お尻を触っていれば伝わってくる。
それでいて、すでに一種の諦観を持っている。
電車に乗れば痴漢には遭う。それはしかたない・・・そういう態度に見える。

しばらくそんなことを考えながら朝比奈さんのお尻を揉んでやった。
そうすると、何となく解れて俺の指を迎え入れるようになる。
こういうのも、女子高生のみくるにはない現象である。

さてさて。お尻のほうは分かった。
じゃあ、今度はパンティの趣向がどう違うか確認させてもらおう。


73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/12(土) 22:23:34.60 ID:A7JUHfIr0
俺は両手を使って朝比奈さんのタイトスカートをめくり上げる。
ぴっちりしたスカートをめくるのは、さすがに女子高生の制服のスカートをめくるのとはわけが違う。
しかし、その難易度は相手次第だ。

ロングスカートに手を入れるのには確かに勇気がいる。
しかし、ミニスカで生パンをゲットできる娘なら、ロンスカでもそう難しくはない。
どっちでも声を上げる子は上げる。上げない子は上げない。
下半身をしっかり死角にしておけば、実は難度に違いはないというのが俺の経験から導いた法則だ。
そして、朝比奈さんはどう見ても声を上げなそうなタイプである。

女子高生のスカートには手を入れることができる。
朝比奈さんみたいなぴっちりしたタイトスカートだとそれは難しい。
スカートをめくり上げてしまう必要がある。

俺は両手でするするとスカートをめくっていく。
朝比奈さんはうつむいて反応しない・・・
格好は大人だけど痴漢には相変わらずだな。


74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/12(土) 22:29:30.37 ID:A7JUHfIr0
朝比奈さんのパンティに・・・いや、パンストか。
その尻たぶに指が触れる。
尻たぶはパンストだと魅力が落ちると思う。尻たぶが一番いいのはやはい女子高生・・・

俺はふっと気づいた。
朝比奈さんがみくるの未来だったとしたら、当然過去に俺に痴漢された経験があるはずだ。
俺がこれから先みくるにどんな痴漢をするのかは分からないが、
この朝比奈さんはそれもすべて受け止めてきたことになる。

それで、この反応である。
おそらく朝比奈さんは、これまで痴漢に抵抗したことなどないのだろう。
だとすれば・・・
俺はみくるに「何をしても」、みくるは俺に抵抗できないということだ。

      • だとしたらこんなに胸の躍ることはない。
あとは本人のなれ次第で、何でも・・・ひょっとしたら挿入すらできるかもしれない。
しかも、それはつまり・・・この朝比奈さんにもかなり思い切った責めができるということだ。

俺は嬉しくなって、朝比奈さんのお尻をさらに優しく撫でた。
パンストの表面の柔らか味に、プリッと上を向いた大きなお尻、その柔らか味・・・
全てが俺を喜ばせた。

77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/12(土) 22:35:08.50 ID:A7JUHfIr0
パンスト越しに感じるパンティの質感はOLにしては地味なものだ。
しかし、さすがに女子高生に比べれば色気のあるものだ。
俺は朝比奈さんのお尻を愛しながら、次の責めを考える。

最も興味があるのはこの胸だ。
女子高生みくるの胸も相当だが、あれはまだ原石という感じ。
成熟してどうなるのか。それが・・・あそこに手を伸ばせば分かるのだ。
しかし、多少位置が悪かった。
朝比奈さんの下半身は完全に死角になっているが、胸のほうはそうもいかない。
むしろ、魅力的な胸で乗客の注目を集めてしまうほどだ。

胸はだめか。しかし、下半身はもう少し攻め込めそうだ。
さあどうするか。
パンストも下ろして生パンゲット。そうすれば生尻にも責めていける。
そのへんが妥当なところではあるが・・・

いつもと違う、大人の朝比奈さん。しっかりとまっすぐに立って耐える姿。
俺はもっともっと残酷なことをしてやりたくなった。

79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/12(土) 22:40:11.87 ID:A7JUHfIr0
変態紳士に先読みされたような気もするが・・・
そう、パンスト破り。これである。

俺の姫はどうも女子高生が多い。パンスト破り、それは俺にとっても初めてだ。
しかし、この人なら・・・できる気がする。
本人とは初対面のはずなのに、今までに何回も触っているような気がする。

俺は、朝比奈さんの股間に手を伸ばした。
股間から少しパンストが浮いている。そこを両手の親指と人差し指でつまむ。
悪く思うなよ。抵抗しなかったお前が悪いんだぜ・・・

ぐっと指先に力を入れてパンストを引き裂く。
ぴりぴりぴり・・・
音は聞こえないが、指がその振動を察知した。
朝比奈さんのパンストは音をたてて破れ、穴を開けた。

81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/12(土) 22:46:05.32 ID:A7JUHfIr0
朝比奈さんはぴくっと反応したが、すぐに俯いてしまった。
うん、こういうの初めて?こういうのキライ?
その割には抵抗しないよね。本当は好きなんじゃないの?
あのみくるちゃんがこんな淫乱になるなんてねえ。
もしかして俺の痴漢のせいだったりする?それはさすがに自意識過剰?

ぴりぴりぴり・・・さらに穴を大きくしてやる。
朝比奈さんの肩が震えはじめた。
怖いか?いやいや、お前高校生の頃は生脚で通学して痴漢に遭ってたじゃん。
パンスト破られたくらいで怖がるなよ?
悔しいの?それはあるかもね。もうこのパンスト使えないもんな。
ま、痴漢を興奮させるための投資だと思って諦めなよ。

片手が入る程度に穴が広がったところで、おれはそこに右手を侵入させた。
パンティはつやつやした手触りで、じっとりと熱くなっている。
蒸れているのだ。まっすぐに立って耐えてはいるが、さすがに緊張があるのだろう。
まあ、もっと力抜けよ・・・
俺はさらに右手を押し込む。パンストがすりすりと擦れ、さらに穴が広がる。
そして指には、尻たぶの素肌の感触が確認できた。

84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/12(土) 22:54:15.77 ID:A7JUHfIr0
わりと大き目のパンティで、そのラインは朝比奈さんの尻肉を控えめに押し込んでいる。
ちょっと尻肉を指で押してやると・・・簡単に、その中に侵入できる。

俺はパンストの穴に左手も押し込んだ。ぴりぴりぴり、穴が大きく広がる。
そして、両手でパンティのすそに指をかけて、持ち上げてやった。
パンスト破り→Tバック攻め。・・・贅沢な朝だ。

俺は両手全体で朝比奈さんの生尻を掌握した。指の甲にはパンストの感触。
自然に手のひら全体が朝比奈さんのお尻に吸い付いて、それを感じた。

朝比奈さんのお尻は、表面はみくる以上にもちもちとしていた。
みくるも、ハルヒや長門に比べればもちもち感が強いのだが、それがさらに強い。
お尻に吸い付いた指が、吸着したまま離れないかと思うほどで・・・
先ほどのさらさらとしたパンストの感触とは大違いである。
さらにお尻を撫でてやると・・・尻肉は俺の手のひらに吸い付いて、
キュキュっと滑る・・・

いいお尻だ。成熟しているが、初々しさが多分に残っている。
あたかも、野生ではなく畑で手塩にかけて育てて高級品として出荷される、
形の綺麗で味もいい蜜柑のようである。


85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/12(土) 23:00:11.42 ID:A7JUHfIr0
さあ、あんまりのんびりしてはいられない。残された時間をどう使うか。
このまま朝比奈さんの生尻を揉んでいるだけでも十分幸せなんだが・・・

うん、お前は納得しないのか。・・・そのたまったものを吐き出してしまいたいと。
いいだろう。その巨乳を責められなかった腹いせだ。
お前の欲望を、みんなこのお尻にぶっかけてやろう・・・

俺は右手をパンストから出して、素早くマイサンを取り出した。
とはいえ、こんないいお尻を生で揉んでいるのだ。
マイサンなんていう可愛いものじゃない。既に、戦いに飢えたマグナムという風情だ。

俺は朝比奈さんに腰を押し当てて、マグナムをパンストの穴から朝比奈さんの股間に押し付けた。
朝比奈さんのお尻の谷間に当たってかくっと下を向いたマグナムは、ぴったりとその谷間にはまった。

朝比奈さんはきゅっとお尻を閉じた。
      • そういうところは変わらないねえ。好きだよ。
左手をさらに左に動かす。ぴりぴり、とさらにパンストの穴が広がっていく。


86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/12(土) 23:05:41.78 ID:A7JUHfIr0
ちょっと腰を動かすと目立ちそうな状況なのだが・・・その必要すらなさそうだ。
朝比奈さんのお尻は、両側からもちもちぴったりと俺のマグナムに張り付いて、しかもひくひくと震えている。
俺のマグナムのほうでも、無理矢理下を向かされているので、
ぐいぐいと上を向こうとして朝比奈さんのお尻の谷間にずいずい侵入していく。
あとは電車の揺れだけで十分だった。

電車が減速を始める。
腰を動かせば気持ちいいだろう・・・しかし、射精のタイミングが早くなってしまう。
この感じ、この感じでいい。俺は両手を朝比奈さんの腰に優しく添えてやる。
朝比奈さんは全身を硬直させているが、みくるのようなボロ泣きとは程遠い。
強くなったな。いや、慣れただけか?未来の俺に慣らされたってか?

      • なんだか、朝比奈さんのお尻を通して未来の自分と通じている気すらする。
不思議な感じだ。時のパズルって感じ?

停車の大きなブレーキがかかり始めた瞬間に、俺は揺れを利用して朝比奈さんに腰を叩きつける。
そして、果てた。

88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/12(土) 23:11:51.47 ID:A7JUHfIr0
どくどくと放たれる熱い精液、そのたびにしおれるマイサン。
俺は朝比奈さんのお尻から手を離して素早くマグナムをしまった。もう車内射精にも慣れたものだ。
初めは「そんなの無理」と思っていても、勇気をもってやってみることだ。
そうすれば段々コツが分かってくる。
「目的意識を持って」痴漢すれば、どんどん上手くなる。そういう自分の成長も楽しい。

扉が開くと、朝比奈さんはちょっとスカートを直してから落ち着いた雰囲気でホームに下りた。
そしてみくるとは別の向きに向かっていく。
朝比奈さん、どんなに立ち振る舞いが落ち着いていても・・・

やっぱり動揺していたね。スカートがまだ乱れているし・・・
何より、そのパンストの内側に張り付いて外側に垂れているその白濁液。
そんなのぶら下げてそんな澄まして歩いてたら・・・
みくるみたいにボロボロ泣いてるよりエロイっつーの・・・


89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2008/07/12(土) 23:19:17.11 ID:A7JUHfIr0
~エピローグ~

みくるは久しぶりに痴漢に遭って憔悴してしまった。
そう・・・よね。私、この頃はよく痴漢に狙われてたんだ。
私の様子を見に来たのに・・・それどころじゃなっかったわね・・・

パンストに張り付いた精液の感触。これも久しぶりに感じるものだ。
ただ、やはりパンストがあると気持ち悪さが倍増する。
みくるはトイレに入って、パンストとパンツを脱いだ。

でも、もし、過去の私が痴漢に遭ってるのを見せられたりしたら・・・
助けることもできず、それを眺めるしかないとしたら・・・
それは、こうして痴漢に遭うよりずっと辛いことかもね。
私泣き虫だったから・・・きっと泣いちゃってたわよね・・・

精液を拭きとって、ノーパンでスカートを穿きなおす。
痴漢に遭ってノーパンで登校した日のことが思い出される・・・
痴漢に対する嫌悪感は絶対に覆らない。しかし、懐かしさだけはなぜか心地よかった。
時は、人の傷を癒すもの。それを行き来する自分の重い責任をあらためて感じた。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。