名越進


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【名前】名越進(なごし すすむ)
【性別】男
【容姿】イケメン、だが一度顔を整形している、元の顔は不明だが
     整形の理由は、顔を変えれば自分も変われる気がしたから、生きている実感が欲しかったから
【年齢】34歳
【出展】ホムンクルス
【能力】トレパネーションにより「ホムンクルス」が見えるようになった
     右目を瞑って左目だけで人間をみると異様な形に見える(見えない人間もいるっていうか見えないほうが多い)
     他人の深層心理がイメージ化しているらしいのだが、(ここからは原作を読んでの考察)
     原作無いで「こいつらの歪みは俺の歪み」と名越が何度も言っているところをみると
     名越となんらかの心理的な一致がないと見えないらしい(原作無いで言えば、ロボット組長と名越には似たような過去があったとかそういうの)
     またわかりにくいホムンクルスとわかりにくいホムンクルスが存在するが
     わかりやすいほうは非常に単純な願望やトラウマなので名越との心理的な一致の度合いが低いのだと思われる
     わかりにくいホムンクルスがわかりにくいのはどこかに正体を隠しているのだが
     こっちはトラウマとなった過去やストレスからとる行動が似ているというレベルでの一致が見られる
【趣味】ドライブ、車の中で生活している、寝るときは胎児のような体制をとる
     自分が生きているという実感を得るために靴の匂いを嗅いだり、自分の精子を食べるという奇行をするときもある
     女性に精子を飲ませたさい、味や匂いについて詳しく聞くなど変態チックな一面もある
     精子を食べる行為はクセであるが悪い癖だと自覚しているのであまりやることはない
【特技】不明、名越には不明な点が多すぎる
【好きなもの】車、その他には心理的にはいろいろあるらしいが原作未公開や抽象描写で済まされた物も多いので言及はしない
【嫌いなもの】車以外の点で上に同じ
【尊敬する人物】不明
【将来の夢】生きている実感を得る事
【その他備考】
生きている実感を得るために顔を整形した後(結局実感は得られなかった)は
外資系の会社に勤めていた(会社を潰す仕事や人に値段を付ける仕事などいろいろ発言はしているが虚言癖があるため詳細不明)が
その時に精子を食べるようになる。
出張のさいに自分が潰した会社の元社員がタクシー運転手をしているのと出会い
心変わりをして会社をやめた? 今は高級ホテルとホームレスが集まる公園の中間の道路でカーホームレスをしている
【みんなに向けての言葉】
よくわからなかった原作でも読んでくれ・・・
俺はただ、ここで生きるだけだ・・・

詳しくは【Wikipediaの『ホムンクルス』参照】
名越進


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。