※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ティア語録

ツッコミすべきゲーム中の発言、マンセーの状況を此処に記載。まとめの元となる会話を記載する、データ置場にしたい。
現在作成中+試験中。テンプレートと見比べながら時系列になるよう編集していきたいところ。ソースも本のタイトル等調べていきたい願望有り。
語録と言いながら会話以外のデータも載せている矛盾はスルー。


◆アビス本編中

※設定

ティア・グランツ
TOAのヒロイン。
物心がつく前に両親を失い、以来兵士となるべく育てられてきた少女。
世界最大の宗教勢力ローレライ教団の教団兵であり、その自覚から無口で自制心が強く、
冷たい印象を与える。
しかし、実は可愛いものが好きな一面も。
とある事件がきっかけで、ルークと共に旅することになる。

テイルズマガジンより
「超振動に巻き込まれ、ルークと共にタタル渓谷に投げ出されたティア。
不慮の事故とは言え責任を感じた彼女はルークをバチカルに送り届けようとする。
その持ち前の責任感こそがティアをティアたらしめてる最も大きな要素。
その強い責任感ゆえに、兄の野望を止めるという悲痛な選択にも果敢に立ち向かうのだ。
その姿はかつて世界を救った遠い祖先、始祖ユリアをも思わせる」


  • 既に危害を加えまくっているのに「あなたに危害を加えることつもりがないのは確かよ」
  • 理由を聞きたがる被害者に「あなたに話しても仕方ないことだと思うし、理解できないと思うわ」
  • 言ったそばから木刀なのに前衛で戦わせる
  • 怪しい奴と警戒する被害者をみて笑う

※渓谷にて
ティア「ごめんなさい、私が必ず屋敷まで送るから…」
ルーク「ったりまえだっつーの!」
ティア「私の責任ね…本当にごめんなさい」
ルーク「ま、まぁ屋敷の外へ出れる事なんざ、滅多にねーし、散歩がてらっつーのも良いかも知れないけどな」
ティア「あなた…帰りたいの?帰りたくないの?」
ルーク「帰りたいに決まってんだろ。こんなとこで何しろってんだよ!」
ティア「だったら、無駄話はやめて早くここから抜けましょう。散歩なら…もっと安全なところに着いてから
    ゆっくりとすればいいわ」
ルーク「あ~、わーったよ」
ティア「?」


ルーク「俺をケチな盗賊野郎と一緒にすんじゃねぇ」
ティア「そうね。相手が怒るかも知れないわ」


ティア「検問所か…旅券がないと通れないわね、困ったな…」
ルーク「大丈夫だろ?ファブレ公爵の息子って言えばすぐ通してくれるって。
    それより村を探検しようぜ!俺、街に出るのって初めてなんだ」
ティア「…探検はともかく、出発前の準備は必要ね。今日はここに泊まりましょう」



ルーク「待ってくれ!俺はイオンから伯父上への取り次ぎを頼まれたんだ。俺が城へ連れて行く!」
イオン「ありがとう。心強いです」
ティア「ルーク、見直したわ。あなたも自分の責任をきちんと理解しているのね」



ルーク「よし、あそこに梯子を降ろせば外に出られるな」
ミュウ「はいですの、ご主人様。ここを抜ければ、あとは目指せケセドニア!ですのね」
ティア「ケセドニアへは砂漠越えが必要よ。途中にオアシスがあるはずだからそこで一度休憩しましょう」
ナタリア「ガイ。あなたが先に降りなさい。私が足を滑らせたらあなたが助けるのよ」
ガイ「……俺がそんなことできないの知ってて言ってるよな」
ナタリア「だって早くそれを克服していただかないと、ルークと結婚したときに困りますもの」
※アニス、ルークに抱きつく、ルークはアニスを引きはがそうとする
アニス「ルーク様はもっとず~っと若くてぴちぴちのコがいいですよねっ。婚約なんていつでも破棄できますし」
ナタリア「……なんですの」
アニス「何よぅ……!」
ティア「…。ルーク。あなたって最低だわ」←なんでルークが最低?
ルーク「何なんだよ!俺のせいかよ!」
ジェイド「やー、仲が良さそうで何よりです」
ルーク「あんたの目は節穴かっつーの!」



モース「ティアは残りなさい。例の件、おまえから報告を受けねばならぬ」
ティア「モース様。私にはルークをお屋敷に送り届ける義務がございます。後ほど改めてご報告に伺います」
モース「……よかろうそれでは陛下。私はこれで失礼します」←


※アクゼリュス崩壊時
イオン「扉を開けた僕にも責任はあります。でも・・・」
ティア「少しはいいところもあると思ってたのに、私が馬鹿だった」

アクゼリュス崩壊直前
「彼が!アッシュが教えてくれました!間違いありません」
「兄さん!やっぱり裏切ったのね!この外殻大地を存続させるって言っていたじゃない!」

崩落後ユリアシティ
「あなた、ちっともわかってないわ。ひとの言葉ばかりに左右されて、何が起きているのか自分で
理解しようともしないで」

断髪イベント前
「アッシュは兄さんの部下だから迂闊には信用できない」


※バチカル入港後ってこんなんだっけ。
ルーク「伯父上への取り次ぎ頼まれたからイオンを城へ連れて行く」
ティア「ルーク、見直したわ。あなたも自分の責任をきちんと理解しているのね」

※漆黒の翼の合言葉イベント
「戦争中だろうと、犯罪を起こすかどうかは個人の道徳によるものよ」

※バチカルの王城でのメイドとの会話
ティア「…」
メイド「あ、あの……私に何か?」
ティア「////」
ティア「ち、違うわ!ただ可愛い制服だなって……。べ、別に着てみたい訳じゃないの!に、似合わないし、私っ!」
アニス「へー、ティアって案外かわいいもの好き?」
ティア「違うわ!違うの!だって似合わないもの!だから違うの」
メイド「あら、きっとお似合いだと思いますわ」
ガイ「俺もそう思う」
ティア「え!?」
ルーク「まあ、そうかもな。黙ってりゃ、大人しそうだし」
ティア「…」


※奥義回収イベント開始時
ラムダス「……よいな。くれぐれもこのことを、おぼっちゃまに知られぬようにな」
ルーク「……俺に何を隠してるんだ?」
ラムダス「おぼっちゃま!?い、いえ……私どもは何も……」
ルーク「ラムダス!俺には話せねぇってのか!?」
ラムダス「……実は、先程倉庫を整理しておりましたところ、
メイドの一人が誤って、ヴァン謡将からお預かりしていた物まで処分してしまい……」
ルーク「な、なんだと!?」
メイド「も、申し訳ありません!」
ラムダス「いえ、おぼっちゃま。これは執事である私の責任でございます」
ルーク「……で、師匠から預かってたものってなんだ?」
ラムダス「おぼっちゃまをご指導するための教材でございます。確かアルバート流の奥義書だとか……」
ルーク「奥義書!?そんな大事なもの!何処に捨てたんだ!」
ラムダス「いえ……それが、旅の行商人に売ってしまったとかで……」
ルーク「な、何ぃ!?そいつは何処にいる!?」
ラムダス「定期船に乗ると言っていましたから、もしかしたらまだ港に……」
ルーク「くそっ!追いかけるぞ!」
ラムダス「おぼっちゃま。奥義書の代金の150000ガルドでございます」
ティア「それ程の大金が必要になるとは思えません。多すぎます」
ルーク「お前、余計なこと言うな」
ラムダス「さようでございますか。では、少ないですが」
【ルークは20000ガルドを手に入れた】
(ちなみにこの20000ガルドでは4冊の内1冊しか買えませんでした。 )


※イオン死後のルークへ
ティア「ルーク。導師イオンの言葉を胸に刻みなさい。兄さんやアッシュが何と言おうと、あなたはあなた。
導師イオンにとって、あなたは、あなただったのよ」


※ネビリムイベントにて
ルーク『いざとなったら俺がお前を守るから』
ティア『え…///』

※ストーリー後半、行き過ぎルークのスキットから一部引用
ティア「…彼は何でも行き過ぎなのね。図に乗りすぎ、調子に乗りすぎ、落ち込みすぎ、反省しすぎ…」


アニス「……よーし。じゃあアリエッタの奴に引導を渡すか」
ルーク「アニス、大丈夫か? 無理しているように見えるぜ」
アニス「……私に気を遺うならルークは別の人に気を遺った方がいいんじゃないの?」
ルーク「誰に? ナタリアか?」
アニス「この間から、すっごい傷つけてるの気づいてないんだ」
ガイ「そういうとこは成長してないからな」
ルーク「なんだよ、はっきり言えよ!」
ガイ「そのうちにな」


※始まりの場所
ルーク「俺の旅は……ここから始まったんだ」
ティア「巻き込んでしまった形だった。あの時は本当に申し訳ないとおもったわ」
ルーク「『あの時は』か……今はどうなんだ?」
ティア「あなたがあの時のままなら申し訳ないという気持ちも消えていたかもしれないわね」
ルーク「はは……あの時の俺はホント何も知らない。お坊ちゃんだったからな」
ティア「今はお坊ちゃんじゃないの?」
ルーク「 む。まだお坊ちゃんかな?」
ティア「どうかしらね」
ルーク「はは……あの時の俺はマジでうざかった。
訳のわからないところに飛ばされて、無愛想な女にあれこれ言われて……。
でも、今は感謝してるよ。俺、あの時にぶっ飛ばされてなかったらなにも知らないバカのままだったもんな」
ティア「そうね」
ルーク「思いっきり肯定するなよ……」
ティア「ふふ」


※スキット『小悪魔アニスちゃん、華麗に勝利!!』にて
ア「小悪魔アニスちゃん。華麗に勝利!」
テ「でもアニス。そんな装飾過多の服で、戦う時邪魔にはならないの?」
ア「 だって実際戦ってるのトクナガだし。」
テ「まあそれはそうね・・・・・・。」
ア「何? ティアも可愛い格好して戦いたいの?」
テ「え・・・・・・、そ、そんなことないわ。きちんとした格好で戦うのも相手に対する礼儀よ。」
ア「またまた照れちゃって~。か~わい~い♪」

※スキットにて
ル「今の魔物なんて名前だ?」
テ「わんたろー……。」
ル「はぁ?」
テ「だとかわいいのに……。」


ティア「食事の準備が出来たわ。」
ナタリア「あら、ご苦労様。いただきますわ。」
ガイ「ティア、色々な料理作れるようになったな。」
ルーク「ずっと食事当番させてたら、作れるようにもなるか。」
ナタリア「あら、作らせ続けていたというのに、なんて言いぐさでしょう。」
ティア「構わないわ。誰かがやらないといけないし。それに、料理するのは嫌いじゃないから。」
ルーク「ふーん。そうなんだ。普通の女の子っぽいな。」
ティア「いえ、あの、あ、あくまでも非常時の訓練の一環として……。」
アニス「愛の訓練のため……花嫁修業だよね!」
ティア「ち、違うわ。生きるためには食事を採らないといけないでしょ?」
ジェイド「いやー、花嫁修業と戦闘訓練を両立するとは、さすがですね。」
ティア「両立してません!」
ナタリア「あら、両立できているのではなくて?美味しいですわよ、この料理。」
ティア「そうじゃなくて。」
アニス「花嫁修業一本なんだよね!
ティア
「違うの。ホントに違うの!」
ジェイド・ ティア・ アニス・ ナタリア「★×△★×△★×△★×△★×△(違うの、大佐までもう!とティアの否定やアニスたちのからかう声)」
ガイ「ルーク、そろそろ助けてやったらどうだ?」
ルーク「いいんじゃね? 楽しそうだし。」


※呼び方比較
イオンは『ルーク殿』→ルークに言われて『ルーク』
アニスは『ルーク様』→レプリカ発覚後『ルーク』
ジェイドは『ルーク様』→ルークに言われて『ルーク』
ガイは普段は『ルーク』、たまに『ルーク様』と使い分け
ナタリアは『ルーク』。
モースはティアとの会話では『ルーク』。ルークに対しては『ルーク様』

ティアはルークが気絶中から『ルーク』


※戦闘終了後セリフ比較
仲間が敵を倒す
ティア「調子に乗らないで!」(ルークに対してのみ)
ジェイド「やりますねぇ」
アニス「大佐、カッコイイ?」
ガイ「いい感じじゃないか」
ナタリア「見事な働きですわ」

※ルーク戦闘不能時セリフ
「調子に乗って!」

※フェイスグラフィック赤面verの数比較
ルーク(長髪)1個    ルーク(短髪)1個    ジェイド 0個      
ガイ    0個    ナタリア  1個    アニス  3個   
アッシュ  0個    イオン   0個    ミュウ  0個   
ヴァン   0個    ティア   4個


※未整理
ルーク「盗賊と一緒にするな」ティア「盗賊が怒るわね」
ルーク「後味悪ぃ」ティア「優しいのね…それとも甘いのかしら」
ティア「ようやくお目覚めのようね」
ルーク「イオン、お前人がいいな」ティア「あなたとは正反対ね」
(ルークが抱きつかれたら)ティア「ルーク、あなたって最低だわ」
ルーク「憎んでるんだろ!だから」ティア「あなた馬鹿?少しの悪意も受けないと思ってるの?」
ノエル「おじいちゃんたちのためにも作戦を成功させないと…」ティア「落ち込んでいる暇はないわ」

「素直に喜べないなんて…嫌な妹よね…」
「ナタリアは美人だから…」
「アニスは可愛いから…」
「…」


◆アニメ

  • ルークは先に会いに行ったので使用人のガイが行けと言っただけで
公爵夫人に会うことを許可できる人間がいないのに勝手に会いに行く
  • 誘拐されて何カ月も離れていた息子と、ショックで倒れていた母親の再開に割り込む
  • 許可を得ずに勝手に部屋に入る。
  • ルークとの話が終わったのか話していいのかとか聞かずに話し始める
  • 病人に会うのに事前に会える状態かどうか許しを得ない
  • 襲撃犯のくせに一人で勝手に公爵家をウロウロ


◆ドラマCD

※タタル渓谷にて
(ルークがティアに何故ヴァンを襲うのか、自分は弟子だから知る必要があるし事と次第によっては容赦しないと言ったらティアが、)
ティア「容赦しない…?」
ルーク「ああ、容赦しねぇっ…!」
(ティアに掴み掛かるが逆に投げ飛ばされるルーク)
ティア「……安全な部屋の中で大切に大切に育てられたお坊っちゃん。剣術ごっこをかじっただけのあなたに、
誰かを傷つけるということの意味なんて分かるはずがない。容赦なんて言葉を軽々しく使わないで」
ルーク「……っ」
ティア「こんなことになったのも私の責任だわ。申し訳ないと思ってる。だから命に代えてもあなたを必ず家に送り届けます。
でも馴れ合うつもりはないわ。立ち入らないで!」

※その後ドラマCD3巻にて
ルーク「ああ……。『俺は師匠[せんせい]の一番弟子だ。事と次第によっちゃ師匠の妹だからって――女だからって容赦しねぇ』……だっけ。
ふっ。すぐにお前にブン投げられちまって。はは」
ティア「誰かを傷つけることの意味さえ知らなかったあなたが、今は私を気遣ってくれる。自分のことよりも、他人のことを考えている」


ティア「兄さんは……優しかったヴァンデスデルカ兄さんは、もういない。それに、軍属である限り、民間人を守るのは私の義務だわ」
ルーク「……強いなお前は。自分のことよりも、他人のことを考えてる。俺なんか、いつも自分のことばっかりだからさ。
お前のことすっげぇ尊敬する。……でもな。お前だって少しは自分のこと、考えたっていいんだぜ。……そんなに強がるなよ。な」


◆漫画
ルーク「改めて言わせてくれ。俺たちを助けてくれてありがとう。感謝している」
ティア「公の場じゃないにしてもその口調はないんじゃないかしら」


漫画版のティアたんが倒れた回数は5回

一回目 アッシュにやられて

二回目 腕を斬られて

三回目 ↑の貧血

四回目 シンクの触手プレイ

五回目 ローレライに乗っ取られて乳首を立てながら気絶



◆小説


矢島版。
プロローグの後にルークの独白で旅に出た経緯の説明。
「こいつのせいでマルクトまで飛ばされちまった。なのに半分は俺のせいみたいに言いやがる」

結城版。
原作通りとはいえタタル渓谷に飛ばされてすぐ
「そうね。その、漆黒の翼って人たちが怒るかも」
更に暴言に怒るルークに対して『完全に無視をして桶を持った男に向き直った』とあるのにムカつき倍増


ティア、そしてジェイドはアリエッタの事情を知っていたかもしれないが、目の前のライガクイーンと、アリエッタを結びつけることができたとは考えられなかった。
ジェイドはともかく、わかっていたなら、ティアが躊躇いもなく戦えたとは思えない。

ティアが躊躇うかなそんなことで…。
割れている卵を見て後味が悪いと言えば
「…なんか、後味悪いな」
「優しいのね」
ティアの声に顔を上げると、冷えた瞳と目が合った。いまのは、褒めているのではない、とそれでわかった。
「それとも、甘いのかしら」
「冷血な女だな!」

シェリダンでイエモンさんたちがヴァンに虐殺されたらノエルだっているタルタロスで
「落ち込んでいる暇はないわ」



そういえば小説版では、
ティア「大切にしなさい」
ルーク「お前に言われる筋合いねーよ」
ティア「そうね」 (ティアはちょっと寂しげに呟いた)


※744 :名無したんはエロカワイイ:2009/09/11(金) 23:48:06 ID:pYF68M6d0
732の後のガイの台詞に「さて…」とついてたのがなんかゲームより嫌だ…。

「…彼女、瞳が潤んでたな」
ガイの言葉に、ルークは、え、となった。
「ルーク。爺さんたちを殺したのは、ティアの兄貴だ。
さて…この中で一番泣きたい気持ちなのは、誰なんだろうな」
ルークは、見えなくなったティアの背中を捜した。
だが、見つけることはもうできなかった。
そうだ。
怒りに捕らわれて、忘れていた。
ヴァンが誰の肉親であるのかを。

被害者の肉親が船内にいる件について。



『ヴァンがファブレ公爵邸で一人息子のルークの剣術の師をしている事は知っていたが、人の多い
公爵低で襲って警備兵や民間人を巻き込むつもりは無かった。しかしヴァンがなかなか見つからず、
彼がダアトに戻る前に決着をつけなければと焦って公爵邸で襲撃した』



『ルークと旅を始めたばかりの頃は、自分の弱さへの後ろめたさを打ち消すために過剰にルークを軽蔑
してはいないかと己に問いかけて自戒していたが、ルークのワガママで傲慢で気分屋で弱者(ミュウ)に
対して残酷だし文句ばっかり言ってる姿を見て暫くすると「結局、バチカルで巻き込まれたのは私のほう
だったのかもしれない」と思うようになり、本気でルークに呆れていた』



『ルークはヴァンの策略に乗ってアクゼリュスを崩落させ、なのに「俺は悪くねぇ!」と意固地に言い続けて
仲間内で孤立してしまった。そんな姿を見てやるせなさを感じ、同時に、自分がヴァンを討ち損じたから
こんなことになったのだ、と罪悪感に苦しんだ』


◆DVD特典

ガイ、ルーク、ナタリアで買い物
ルークとナタリア食べ物の鮮度についてどうのこうの
ガイ:こうして聞いてるとなんだか新婚さんみたいだな~
ルーク:なんだよそれ!!
ガイ:悪い悪い。そうだよなぁ、誤解されたら困る奴がいるもんな
ルーク:んなっ!


◆ファンダム2

ティア「訓練は厳しかったが私は一度も弱音を吐かなかった」

わずか半年の訓練で
ティア「リグレット教官に鍛えられ私は自分の能力に自信を持っていた」
ティア「兄さんの直属の部下にだってすぐになれるかも」

カンタビレの評価を不服とし毎回抗議するティア
考えたこと→「自分がリグレットの指導を受けていたのが気に入らない」
「兄に対する不満が妹の私に向けられてる」「この人はわざと自分を虐げている」
原因が自分にあるとは夢にも思わないティア
訓練を抜け出して勝手に故郷に戻るティア、勢いで兄を刺すティア
最後はコネ就職で冒頭の公爵家襲撃へ


リグレット「アッシュが何かに勘付いているようです」
ヴァン「アッシュは妙なところで潔癖だ。この計画が外殻の住人を消滅させると知れば、大人しくはしていまい」
リグレット「シンクを監視につけましょうか」
ヴァン「そうだな」

ユリアシティでヴァンとリグレットがこんな会話してて、それをティアが立ち聞きしてヴァンの計画を知る。


◆マイソロ

※ティアとモルモ
モ「瞬間移動したんだって?」
テ「ルークとの間に超振動がおこったの」
モ「超振動ってなに?」
テ「第七譜術士同士の間で起こる共鳴現象よ」
モ「…第七譜術士ってなに?」
テ「はぁ…いいわもう」

ちなみに別口のスキットではモルモに対し「ルーク並にものを知らないのね」といった主旨のことを


※ガヴァダでのスキット
ルーク「いてっ……いてて」
ティア「また頭痛?」
アニー「どうかしました?」
ティア「時々頭痛をおこすの」
アニー「頭痛の時は楽な姿勢を取るのが一番です。膝枕しますから横になって下さい」
ルーク「えっ、いやいいよ」
ティア「ちょっと、照れてる場合?膝枕なら私がやるから」
ルーク「いてーのは腹なんだよ!」
アニー「…………」
ルーク「トイレは?」
アニー「あちらです」
アニー「あ、あの……ガヴァダは寒いので余所から来た人はよくおなかを冷やしてしまうんです」
ティア「そう……」←例の見下し顔


◆マイソロ2

  • パニールが体調悪い~的な流れの時に「動物と話すパニール可愛い…」とか言い続ける。
  • 潜水服を使った任務に挑む主人公に、「潜水服を使っている時に鮫に下半身を食いちぎられた人がいる(要約」と話す。
  • カノンノの前で、自分の主人(ルーク)を見下す
  • ルークが悩んでいるときも、「パニール可愛い」とか話してる


リオンバルバトス戦で消耗→ティア「ほらいったじゃない。」
主人公と同じく消耗してるリオンに主人公を背負わせて
なぜか一人だけ元気なパーフェクトヒーラーティアたんは何食わぬ顔で下山した


  • ゼロスがティアをいつもの様にナンパ(この時がティアへの初ナンパ)
  • ティアがあきれ顔してると大差が通りかかる
  • 大佐の前で口説く気になれないらしくゼロス撤退
  • ティア「ありがとうございます」ジェイド「おや、私は魔除けですか」
「これからゼロスに絡まれそうになった時は大佐の名前を出すようにする」


マイソロ2メスカル山脈前
(あたま「メスカル山脈に行く」?)
ティア「もしそうなら同行してもいいわ」→その後、他キャラが踏み台に。

※本より
ユージーン「ティアはとても優秀な軍人だ。的確な判断、豊富な経験、何より度胸が据わっている。」
ルーク「へ~、あんたから見てもやっぱり優秀なんだな、ティアって。」
ユージーン「ああ、俺の知る限りでもあれだけ優秀な女性軍人は記憶にないな。」
アニス「ユージーンさんにそんなに褒めてもらえるなんて、アニスちゃんうらやましい~☆
    でも~、女の子を褒めるんなら、もっと違うところ褒めてあげたほうが喜ぶと思いますよ~?」
ユージーン「む……たとえばどういうところだ?」
アニス「長くてツヤツヤの髪とか~、すらっとキレイな脚とか~、宝石みたいな瞳とか~……。」
ルーク「……あとメロン……。」
ティア「何か言ったかしら、ルーク?」

※身長のデータ(本編ヒロイン)
ミント:162
ルーティ:157
ファラ:161
リアラ:155
コレット:158
クレア:163
シャーリイ:154
ティア:162
ルビア:155
イリア:166
マルタ:153
エステル:165

平均:159

クロエ:167


◆VS
※電撃の発売前VS特集ティアのページ
playimpresion
【戦闘中にデレはナシ!冷静な眼光であなたのハート射抜きます】
ティアは通常攻撃がかなり特殊で、なんとすべて光弾を放出する遠距離攻撃
うっは、これ連発してれば楽勝じゃん♪と思った私がバカでした
あっさり敵に飛び込まれてアッという間ボッコボコ
やはり術なども駆使して相手のスキを突くよう、うまく立ち回らないといけませんね(涙)
「テイルズオブ」シリーズでは数少ないクールビューティを上手に使いこなすために
プレイヤー自身も冷静な判断力を持つべし、です


※バーサスの攻略本
ティア=「傷ついても、それを表に出さない気丈な性格の持ち主」
ルーク=「ティアとの旅を続ける中で人の優しさを知り~」


※店頭CMにて
ティア「私のことを知らないなんて、なめられたものね」

※ティアとルークのバーサスでの称号

道を見つけたる者

憎悪は簡単に拭い去れぬもの…。
確実に困難な道だけど、私にも見えたわ。進むべき道が…


ティアの相棒?

相棒。それは互いに信頼しあい、背中を預けられる存在。
いつか絶対、認められる日を信じて。

※ティアのVSでの称号
  • パーフェクトヒーラー
  • 戦場の花
  • クールビューティー
  • 我慢上手

  • 譜を読みし者    GP1000以上
  • 譜歌の理解者   GP10000以上
  • 旋律に身をささげし者 GP20000以上
  • 歌姫     GP30000以上

ガン攻め 10Webガルド
ガン守り 10Webガルド
ツンデレ 500Webガルド
投げナイフ使い 750Webガルド
美麗なる吟詠者 1000Webガルド

※マオ&カイウス編にて
ティア「ルーク、フラッグはあったわ」
ルーク「おっ良くやったな、ティア!」
ティア「そんな言い方はやめて。私はあなたの使用人じゃないんだから」
(「そんな言い方しないで。私は貴方の家来でもなんでもないんだから(キリッ」 )

☆注意:アビス本編にて
ティア「とりあえず一息つけたわね。」
ガイ「セントビナーの人たちはここでの暮らしに慣れるまで少し時間がかかるかもしれないけどな」
ルーク「ああ」
ガイ「それにしても良かったなルーク。ジェイド、ちょっと認めてくれたみたいでさ」
ティア「大佐だけじゃない、アニスもナタリアも、もちろん私たちも……良くやってると思ってるわ」
ルーク「……自分じゃ何もわからないよ。やらなきゃいけない事をやってるだけだから。変わろうとか、前と比べてこうしようとか、考えれてなかったし……」
ガイ「まー『変わるんだ~』って言いながらやられても、正直胡散臭いわな」
ティア「ふふ。そうね」
ルーク「茶化すなよ!」
ガイ「悪い悪い。ま、とにかく事が落ち着くまで頑張ろうぜ」


ルーク「こいつらはあの薄汚ねーガジュマの仲間のリカンツ野郎だぞ!」
→カイウス切りかかる、ルーク「こっちはまだ剣も抜いてないのに卑怯だぞ!」
ティア「自業自得ね、まったく…(例のあきれ顔)」






名前:
コメント:

すべてのコメントを見る