※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【エーチーム噂】伊藤英明主演オリジナルドラマ「悪の教典-序章-」 映画公開に先駆けて10/19(金)DVDリリース!


あなたは、本当の悪を知る。


伊藤英明(エーチーム所属)

 「このミステリーがすごい!」第1位!

 「週刊文春ミステリーベスト10」第1位!

 貴志祐介最大の問題作「悪の教典」が11月10日(金)全国東宝系にて公開となる。そして、その映画「悪の教典」と対をなす衝撃のオリジナルドラマ「悪の教典-序章-」が、映画公開に先駆けて10月19日(金)DVDでリリースされる。BeeTVでは、10/15(月)~毎週月曜日配信(全4話)される。
 日常の崩壊を描く映画版に対して、「序章」で描かれるのは日常に潜む見えざる悪意。伊藤英明演じる絶大な人気を誇る高校教師・蓮実聖司は、凶行前夜、いかに悪の本性を隠し、聖者の仮面で学園を支配していったのか…!? 驚異的頭脳を持つサイコパスによって張り巡らされた謀略の数々が、この「序章」で明かされる!

『悪の教典 -序章-』10月19日(金) DVD発売 ¥3,990(税込)

<特典映像>

■「悪の教典 -序章-」メイキング
NYで外国人俳優とコミュニケーションをとる伊藤英明の様子や、インタビューも収録。

■「悪の教典 -序章-」BeeTV予告編

■映画「悪の教典」プロモーション映像

発売元:エイベックス・マーケティング/販売元:東宝
*『悪の教典 -序章-』DVD レンタル同日リリース

【キャスト】

伊藤英明(エーチーム所属)
中越典子
岩松了
高杉亘
高岡早紀
吹越満

【スタッフ】

原作:貴志祐介「悪の教典」(文春文庫 刊)

監修:三池崇史
監督:野本史生
脚本:渡辺千穂
音楽:遠藤浩二
製作プロダクション:東宝 東宝映画 OLM
企画協力:文藝春秋

製作・著作:BeeTV

【ストーリー】

 蓮実聖司(伊藤英明)は、ニューヨーク・ウォール街の名門投資銀行に勤務し、戦争のような毎日を送っていた。順風満帆だった蓮実は、ある日突然、会社を辞め、日本に帰国。蓮実が新たに選んだ道――それは、高校教師だった。蓮実が赴任したのは、生徒にも教師にも問題だらけのとある私立高校。そんな中で蓮実は、授業も面白く、頼りがいのある先生として、いつの間にか「ハスミン」とあだ名で呼ばれるほどに生徒から親しまれていった。そして次々と、あざやかに問題を解決していく蓮実は、職員やPTAからの信頼も獲得していく。蓮実は、まさに「教師の鑑」だった。新任スクールカウンセラーの水落聡子(中越典子)は、事あるごとに、蓮実に助けられていた。カウンセリングにも理解のある蓮実に、次第に惹かれていく聡子。そんな聡子の様子に、養護教諭の田浦潤子(高岡早紀)は気づく――。一方、「ゾンビ」と蔑まれて学園中から嫌われる教師・釣井正信(吹越満)は、聡子に対し、意味深なメッセージを送る。「蓮実は危険だ」と――。聡子は、蓮実の力を借りつつ、学園の諸問題に立ち向かう。だが、いつの間にか彼女の身にも危険が差し迫っていた。そして聡子が辿り着いた、驚愕の真実とは――!?
――今年の映画界最大の衝撃作「悪の教典」と並ぶ“もう一つの悪の教典”。


 8月2~5日にはウォール街など米ニューヨークロケを敢行。現地でのシーンは全編英語で臨むなど体当たりで演じた伊藤は、「映画とドラマを合わせて見てもらうと蓮実という人間が分かると思うので、両方見てもらいたい。(映画もドラマも)どちらも上手く伏線がはってあります」とアピール。





映画「悪の教典」には

次世代スターずらり

まるで出席を取るみたいに、先生はみんなを殺し続けたんだ。

 「このミステリーがすごい!」第1位 「週刊文春ミステリーベスト10」第1位、貴志祐介最大の問題作『悪の教典』の映画化。この日本映画史上、最凶最悪の主人公、高校教師の蓮実聖司を演じるのは、「海猿」で人命救助のエキスパートである海上保安官を演じ、ヒーローのイメージが強い伊藤英明。今までの“正義の味方”とは真逆の「絶対的悪」を意欲的に演じている。
物語のキーとなる重要な生徒、夏越雄一郎役に抜擢されたのは、「桐島、部活やめるってよ」で注目を集めた浅香航大(エーチーム所属)。ハスミンが、二階堂演じる片桐怜花、染谷扮する早水圭介とともに要注意人物としてピックアップする役どころだという。
 二階堂ふみと染谷将太は、「ヒミズ」でヴェネチア国際映画祭、日本人初となる新人俳優賞をW受賞した。
 そして、若手ながらその演技力に定評のある林遣都。
 EXILEの妹分であるガールズパフォーマンスグループ「FLOWER」のリーダー・水野絵梨奈は、ハスミンと深い関係になる安原美彌に息吹を与える。
 中島哲也監督作「告白」で松たか子演じる教師の娘を殺害した少年A、少年B役だった西井幸人、藤原薫が、再びクラスメートとして登場。
 さらに、米大リーグ、テキサス・レンジャーズで活躍するダルビッシュ有投手の実弟で、俳優のKENTAが、生徒役として出演していることもわかった。暴力的な傾向が強い問題児・蓼沼将大役を担うという。
 ほかにも田原俊彦の長女・綾乃美花、元プロ野球選手・工藤公康氏の長男である工藤阿須加、「鈴木先生」の松岡茉優、「書道ガールズ」の小島藤子らが出演。
若き才能たちが集結した。

【Story】

 蓮実聖司は、生徒から“ハスミン”という愛称で呼ばれ、絶大な人気を誇る高校教師。学校やPTAの評価も高く、いわば「教師の鑑」とも呼べる存在だったが、それはすべて仮面に過ぎなかった。彼は他人への共感能力をまったく持ち合わせていない、生まれながらのサイコパス(反社会性人格障害)だったのだ。蓮実は自らの目的のためには、それが最善の策であれば、たとえ殺人でも厭わない。学校が抱える様々なトラブルや、自分の目的の妨げになる障害を取り除くために、いとも簡単に人を殺していく。そして、いつしか周囲の人間を自由に操り、学校中を支配しつつあった。だが、すべてが順調に進んでいた矢先、小さなほころびから自らの失敗が露呈してしまう。それを隠滅するために考えた蓮実の解決策。それは、クラスの生徒全員を惨殺することだった…。

【キャスト】

伊藤英明(エーチーム所属)
二階堂ふみ
染谷将太
林遣都
浅香航大(エーチーム所属)
水野絵梨奈
KENTA
山田孝之
平岳大
吹越満

【スタッフ】

原作:貴志祐介「悪の教典」(文春文庫 刊)

監督:三池崇史
音楽:遠藤浩二
製作:市川南
エグゼクティブ・プロデューサー:山内章弘
企画・プロデュース:臼井央
プロデューサー:東幸司、坂美佐子、森徹
主題歌:THE SECOND from EXILE「THINK ’BOUT IT!」(rhythm zone)

製作プロダクション:東宝映画、OLM
企画協力:文藝春秋
配給:東宝




◆悪の教典-評判の予告編