Late Hitの勝率


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

eXtreme Gammon 2で、下記のようなポジションの勝率を調べてみた。


条件
  • 1pマッチ
  • クローズアウトしている側は4,5,6pにスペアマン
  • クローズアウトされている側はインナーボードを最強になるように配置できる。(ほとんどの場合1,2pに積むのがベストである)
  • ロールアウトの設定は4plyのfull rollout, No truncation, with variance reduction, 10000回
  • 0.5%単位で最も近い数字に丸めた

0 off 1 off 2 off 3 off 4 off 5 off 6 off 7 off 8 off 9 off 10 off 11 off 12 off 13 off 14 off
97.5% 95.5% 93.5% 89.5% 84.5% 78.0% 70.0% 61.0% 51.0% 42.0% 32.0% 24.5% 17.5% 22.0% 8.5%
(勝率はすべてクローズしている側から見た数字)

大昔にバックギャモンブックを書いたときの勝率と大きく異なっている。クローズしている側の勝率が上がっているのだ。
0 off 1 off 2 off 3 off 4 off 5 off 6 off 7 off 8 off 9 off 10 off 11 off 12 off
97% 95% 93% 87% 84% 77% 69% 60% 52% 41% 33% 23% 16%
(出典:「バックギャモンブック」河出書房新社刊)

当時のBot(おそらくSnowie3)よりも現在のXGの方がプレイ精度が向上し、クローズしている側のプレイがうまくなっていることが
よくわかる。(クローズされている側はプレイ精度が向上しようがない)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。