プロット:第三部


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第3部


ワンピース~胸と股間とお尻のしこり~




涅槃神フィッフィーの眠る地球内部コアの局部。
一方地上では「カーワイの旋律」というものが制作されていた。
カーワイの旋律、かつての音楽家が後世に残した謎の曲集。
メロディー部位しか残っておらず、「旋律」と呼ばざるを得ない状況である。

1999年、白ウサギフィッフィーは瀕死の状態だった。
そんなフィッフィーにアール・カーワイという人物が耳打ちをしていった。
「洗礼を受けよ。一時の眠りの代償として、そなたの死を浄化させよう」

2112年、迫・鹿丸は人間の分子崩壊理論について追究していた。
フィッフィーの目覚め、フィッフィーの孤独を祈る、フィッフィーを想う人物・・・
フィッフィー覚醒とともにゲノムレゾリューションをその人物が起こす。
それを迫・鹿丸 は知っていたからだ

フィッフィーを想う女の名はフランドルスカーレット。
アルルの女、ファランドールがオーケストラで公演された日の夜
彼女はとある研究施設に侵入する。そこに計ったように現れるバウロ。
「鹿丸に先越されたくはねぇ、お前の計画は俺が潰す」
彼女に光の槍を無数に打ち出すバウロ。しかし突然結界が張られ、光の槍が止まる。
「鹿丸よりも先にあなたを倒さなければなりませんか・・・」
甲鱗のワームだ。

移動結界を操りバウロを追い詰めるワーム。一方スカーレットは施設内で何かを探し回っていた。
そう、その施設はカーワイの曲集を完成させるための国連直属非公開組織研究所。
すぐに軍が施設に現れスカーレット捕獲作戦を始める。
一方そのころブームくんは
|  ^o^ |いけません、バウロが危ない
|  ^o^ |鹿丸に連絡しましょう。

スカーレットは大勢の軍を見て微笑を浮かべていた。
「空間歪曲迷彩を使っている私を捕まえようとするなど、愚かな連中だ」
シュタンッ
茶色のマントをなびかせて虚空から現れたのはブームくん。
バサァッ
|  ^o^ |いかせませんよ
「ふん、やっかいなのが来たな・・・」
ブームくんは質量を少しだけエネルギーに転換する理論の研究者。
彼の理論を埋め込んだマントがスカーレットの空間歪曲能力との戦いを勃発させる。

「くっ・・・」バウロは影の結界に縛り付けられる。
「捻り潰してあげましょう」ワームは黒き結界を強く締め付ける。
ギリギリだった。|  ^o^ |に呼び出された鹿丸が現れたのだ。
「波ァーー!」鹿丸の手から迅雷の球が放たれる。
黒い結界が呻き声をあげて液体となってに飛び散った。
「Tさんのいとこ、Sさんとは俺の事だ!」

「お前も消してくれよう、波ァー!!」
青いイナズマが~ワームを攻める!炎、ワームを焼き尽くす!
「急ごうバウロ」
「けっ、お前に助けられるなんざぁちっとも嬉しくないね!」
バウロの頬は少しだけ赤らみ、膨れていた。おたふく風邪のようだ
一方その頃ブームくんは
|  ^o^ |これでとどめです!
爆発と共に施設がこっぱ微塵となる。
炎と雷は宇宙の月まで達し、それを粉々にした。
| ;^o^ |な・・・なに・・・・
女は空間歪曲で攻撃を逃れていた。
|  ^o^ |ぐはぁ
ブームくんの胸がえぐれる。とっさに避けたので致命傷には至らなかった。
| ;^o^;|ま・・・まて・・・・・
施設の地下への扉が露呈している
「ここか・・・この下にあるのか・・・」

「おっ、おい!ブームくん!!」
バウロと鹿丸が倒れたブームくんに近寄る。
|  ^o^;|みなさん・・・あの女を追ってください・・・!
見れば地下への移動装置に乗るスカーレットの姿が。
「ブームくん、ここは俺たちに任せろ!」
駆け出す二人。しかしそれに立ちはだかる結界。
「いかせん・・・・!!」
息絶えかけたワームが体を引きずりやってきたのだ。
「お前たちはここで見ているのだ。人類がアダムとイブの二人だけに還元される瞬間を!」
ワームの最期の力である結界は破れない。
「くそっ!くそおっ!!」ガンガンと結界を殴る鹿丸。
|  ^o^;|やむを得ません・・・未来に全てを託しましょう・・・
おもむろにブームくんは砂時計を取り出す。
|  ^o^;|再生の砂時計・・・動いてくれることを信じていますよ・・・

「通せ!ここを通せ!俺たちを未来に通してくれーっ!!」
鹿丸の思いは石化して地面に墜ちていった。
「終わりとはあっけないもんだというが、まさにこのことだな・・・」
バウロは苦笑いをして地面に座る。
「なんだこの光は!?」
「くく・・・始まったのさ、浄化の儀式が」
光を追うように、後から音楽が流れ始める。
「なんだこの神聖なカンタータは・・・」

地割れが起こる。とてつもなく大きい地割れが。
「地球割れて、内部コアが露呈している!」
「フィッフィーの扉が開く・・・」
「カワーイは何を望んだんだ・・・?」
「人類を、人類自信に裁定させたのだろう」
「その結果がこれか・・・悲しいもんだ」
|  ^o^ |カンタータが終わればフィッフィーは覚醒し・・・
「その代償に俺たちは消えるってわけか」
「時は来たれり・・・」
|  ^o^ |私たちは消えません。未来はまだあります
「そうだといいねぇ」
「まったくだ」
その瞬間だった。世界中が優しい音色に包まれ
人類は姿を変え、地球の中心に引き込まれていった。
~完~
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。