※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「GB」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

GB」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 *Win the GB
 **1.予測
 ・パスコースがずれてたらもう寄る。
 ・passerがプレッシャー受けててミスりそうなら自分の対面に寄っとく。
 ・GB拾われたり拾えてもまた落とされたり弾いたりで2次GBみたいになることある。そこの予測しろ。
 
 **2.拾う技術
 -GBは両手で拾う!
 -GBは足で拾う!
 左手が前の時は手だけ先走って、つんのめりがち。 
 左足をグッとボール横に踏み込んでやるとプロテクションもできて 
 その後のクレイドルもスムーズにできる。 
 つまり、足で拾う感じ。(クロスで行くと拾えたとしてもチェックでまた落とされる)
 -視野とる。拾った後抜ける方向空いてるほうにってちゃんと考えろ。
 -自分が落としてがっくりしてんな。早く寄れ。自分のせいでGBになってんだろ。
 -まず拾ったらプロテクションし、ランスルー出来る様にする。出来るようになったら拾ってすぐパス出来る様にする。
 ・拾いに行くときに減速しない
 ・拾った後のプロテクション、クロスをどの位置に置くのか考える
 
 
 
 **3.仲間とのやり取り 
 -ボールダウン後や二次局面での声を出せ。
 味方の後ろを走っている時は、その味方に対して どう拾うべきか、どうマンに入るべきか声かけろ。 
 ボール拾う時は、ボールリリースの声かけろ。
 -GBまず寄った後、仲間が拾いそうならすぐ切り替えてBreakのチャンス作れ。
 -スワムで2人ずつがGBしてたら3人目周りで見てないでちゃんと出口予測してふさぐ。
 
 **GBの練習方法
 ***壁うち
 ***1on1GB
 ・腰入れてボール確保。拾う。
 ・自分の拾いやすいほうに転がすのも全然あり。
 ・拾えなくても最後までプレッシャーかける。ボールが止まっているときについては、相手より低くして、相手の足の間に自分の足を入れて、下から相手の腰を浮かすようにすると相手の腰が上がって上手くプレッシャーかけられる。
 ・一発で拾う。拾えないと実践では人が寄ってきてしまう。
 ・球出しした人ちゃんとどっちにランスルーすればいいか言う。
 ***1on1鳥かごGB
 ・視野とる。awayの状況で、後ろの視野をとれていないため簡単にチェックが入ってしまうシーンが何回かあったが、これは後ろの視野をとる事で、ランスルーまたは拾えるスペースにかき出すなどの判断ができるはず。
 ***2on2GB
 ・どっちがマンでボールなのか声出す。
 ・マン激しく。
 ***グラウンドにボール撒いてひたすら拾う練
 単純だが効果ある。
 ***G前3on3GB
 ・拾ってから次の動作に行くのを早く。シュートやパスをする体勢にバリエーションを持つといい。
 ***GBラインドリル
 ・拾いに行くときに減速しない
 ・拾った後のプロテクション、クロスをどの位置に置くのか
 ★四方向ランスルーの動きをはっきりと
 →DFがいることを想定してやろう。特に四方向ランスルーのところは、相手をかわすイメージを持ってはっきりと四方向に走り抜けましょう。拾って惰性で動いているように見える人が多い。
 ---------------------------------------------------------------------------------------------------------
 - あかさやまかやら  -- 名無しさん  (2014-05-15 22:43:40)
 - あ  -- 名無しさん  (2014-05-15 22:
-#comment_num2(size=120,vsize=10,num=20,logpage=コメントログ)
+#comment_num2(size=100,vsize=10,num=20,logpage=GBコメント)