※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「スイープ後のシュート」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

スイープ後のシュート」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 *スイープ後のシュート
 投稿者:12 投稿日:2005/05/12(Thu) 23:15 
 
 あ、今日はらけんとスイープ後のシュートについて話しました。ちょっとだけだけど。
 特にMFの人はスイープ後の横に移動しながらシュートが安くなる傾向があると思っていて、その原因がなんなのか、みたいな話で
 
 す。
 
 俺は遠心力しかつかってないからかなー、と感じています。けど、実際シュート打ってないからよくわかりません。
 MFの人とかこの傾向に心あたりのある人意見求む。
 
 あとはらけんなんか補足しといて。
 
 ----
 投稿者:15 投稿日:2005/05/13(Fri) 23:38 
 
 個人的に思う原因は二つ
 
 ・走る方向とシュートの方向が一致しないことが多く、
 なかなか体重がのせづらいから、上半身だけのショットになる
 →スケートのカーブの時のように、
 最後は軸足からゴールに向かいたい
 
 ・ゴールもしくはゴーリーを見れる時間が
 縦に抜くときよりも短いから、精度が落ちる?
 →縦に抜く時以上に、抜く前からの視野取りを意識したい
 
 自分としてはこの二つを気をつけているな。
 他の人はどうなんですかね。興味あります。
 
 ----
 投稿者:#8 投稿日:2005/05/14(Sat) 00:31 
 
 みったさんと横ぶりについて話したことは・・・
 遠心力(体のひねり)と肩甲骨と腕でシュート打つってことです。
 遠心力だけで打とうとすると精度が落ちてしかもあんまり力乗らないし
 Gに分かりやすいと思うんですが、
 肩甲骨をぐーーっとひくと(自分のイメージはみきおさん)
 スピードも出て狙いやすい(上ばっかりじゃなくなる)って話でした。
 
 でも矢島さんがいう「走る方向とシュートの方向が一致」が
 できれば、スイープからじゃんじゃん点入る気がします。
 こっちのイメージは林さんです。
 去年小林さんとシュー練したとき小林さんのランシュー
 速いなぁって思った時もちゃんと打ちたい方向に足が向いてた気がします。
 こういうのは体幹とか体の使い方でなんとかなりますかね。
 
 あと、個人的に狙ってるのは
 DFを盾に打つとGに見難いかなって思うんですがどうでしょう?
 
 ----
 投稿者:がみえ 投稿日:2005/05/14(Sat) 00:33 
 
 左は打てない 単純に縦のときもうまく打てないからな
 
 右は体重が乗らない 特にシューターから見て左側に打つときずれたとこを狙ってうってるけど遠心力を体をねじって弾に伝える
 
 ことができてない コースを意識しすぎておいてきてしまう 右上を狙うにしても体が流れて抜けていってしまうし体の開きやク
 
 ロスの出方で読まれている気がする
 
 ---- 
 投稿者:12 投稿日:2005/05/14(Sat) 01:18 
 
 Gのというか、俺の目線で感じたことを書きます。違うなとか思ったらどんどん言ってください。
 
 toやじ
 上半身というよりもほんとに遠心力だけなきがする。むしろ上半身の力は流れてしまっているような・・・。あと精度自体はそんなでもなく、それよりは力が乗ってなさすぎなことが目立つ気がする。
 
 toけん
 DFを盾にするってのはすごくいいと思う。まじみえなくて、シュートしょぼくても結構入る気がする。後は打つ側とGとはみえる感じが違うからいかにしてGからはみえなくて、自分は狙える場所を常時みつけられるかだよね。
-・・・これ文章にするとわかりにくいな。
+…これ文章にするとわかりにくいな。
 
 to江上
 抜けてくのは体が流れてるのもあるけど、横振りっぽくなってるからじゃない?俺は横振りの時点で、かかったシュートはこないんだろうな、って読んでると思う。
 
 
 ----
 投稿者:旧0 投稿日:2005/05/14(Sat) 09:47 
 
 俺はスイープした時のほうがシュート自体は撃ちやすいのが撃てる
 かな。林もすごく上手いよね。
 ってことで林に聞けばいいじゃんって思うけど、まあちょこっと
 位書くかな。
 
 体を向けてってあるけど、俺は下半身が撃ちたい方向に向いてれば、
 上半身が違うとこ向いてても最終的に腰が回って力がある程度は
 乗ると思うんだよね。
 で、腰が回るタイミングと肩が回るタイミングが合えば林みたいな
 スーパーシュートが撃てるかと。
 
 俺の場合はジャンプシュートの時は肩もだいぶ回すけど、普通の
 時は腰の回転と手首での調整くらいで撃ってるかな。
 フォームが同じまま手首の使い方で、ひっかけたり、抜けさせたり、
 バンシューにしたりすれば、上手いゴーリーでも結構入ると思うよ。
 
 あと矢島が書いてるゴーリーを見る時間が少ないとか思うなら、
 ゴーリーをあんまよく見れなくても、大体の場合こう動いたら
 どうずれるかとか頭にあれば問題ない気がするんだよね。
 
 これはゴーリーアップとかシュー練たくさんやってつかんでもいいし、
 ビデオ見たらいくらでもそういうシーンがあるはずだから、
 この動きの時にこういうシュートをあそこに撃てば入るんだな
 ってイメージを蓄えておくのはお奨めだよ。
 俺はミッチーさんはかなりいい見本じゃないかと思うよ。
 
 あと健が書いてるブラインドは、絶対やるべきだね。
 シュートが上手い人じゃないと練習中に撃つとかなり迷惑に
 なる可能性があるけど、かなり使える気がするね。
 
 シュート精度あげるには、まあひたすら練習しかないんじゃないかな。
 空き缶とかペットボトルに当てる練習とかしてると結構いいと思うよ。
 で、どんなパスもシュートもほんと一点を狙って投げ続けること
 の積み重ねでしかないかなと思ってるよ。
 
 ----
 投稿者:2 投稿日:2005/05/15(Sun) 14:57 
 
 スイープからは話しずれますけど、たとえばブレイクの時
 ゴールにまっすぐ向かっていくと早いシュートが打てるかもしれませんが、
 その分DFのスライドで捕らえやすい。
 逆にゴールから見て横に横断するような動きは非常にあたりにくいので、
 その状態で早いシュートが打てたらやばいと思う。
 今の東大で言えばいいづかとか、結構いやなコース取りしてると思います
 
 ----
 [[前へ戻る>shoot]]
 ----