※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

長いのでカラムを変えました。

投稿者:旧小西 投稿日:2003/09/06(Sat) 02:01

オンスティック下段とはまた高度な悩みですな。
左足のけりは右利きの人はどうしても弱くなってしまうので、
それもひとつの要因でしょう。
もうひとつ大きな要因として考えられるのは、
ボールがクロスに当たる面が体に近いことです。
体を折ってしゃがみこみ、クロスを抱えるような格好に
なっているとオンスティックのセーブ率は格段に下がります。
オフでも同じですが、ボールを取る位置をなるべく前にすると、
クロスの面がシュートの軌道に垂直に近くなり、クロスに
ボールが入るのが目で確認しやすくなり、体を折らないので、
ハイバウンドにも対応でき、体の移動距離も短くなる
といういいことずくめです。

どこから打たれたとき入りやすいのか教えてください。
察するに向かって左前からの右シュートかな。
もし向かって右前からのシュートなら、
中村の場合、もう一歩前にポジショニングをとれば
楽に取れます。
どんなに低いポジショニングの人でも
肩と肩の延長線より前にゴールポストが
出ないようにしましょう。
あと、一対一になったとき飛び出すのが早すぎ。
相手が打つ体勢になったら相手のクロスにクロスを
当てるつもりで前に出ましょう。stay high(tall).
横によけられすぎです。

水谷は最近前にポジショニングをとるようになっていますね。
それ自体は非常に理にかなったことなので、研究を重ねて
ほしいですが、ゴール前で横パスが出たとき大きくずれる可能性
があるので、ポストを叩く習慣をつけましょう。
ゴールの真ん中の線をまたぐようなパスが出たときには、
ゴールの中心に戻ってから出るようにする(Vの字にうごく)
と、ずれず、また、相手に向かって出られるようになるので
試してみてください。