※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

成蹊戦・新人戦

投稿者:旧36&旧FHC 畝川 投稿日:2008/08/26(Tue) 03:18

成蹊戦勝利、そして新人戦優勝、本当におめでとう!!


この三日間は、BlueBulletsに関わる人々に大きな興奮をもたらし、今年のチームに対する期待を高めた。
そして何よりも自分たちが嬉しくて、そしてほっとしたでしょう。

でも、まだまだ始まったばかり。
本当に楽しいのはこれから。
このままの勢いで、一気に突っ走って欲しいと思います。



個人的には、この週末は結局三日間全て試合を見に行って、
せっかく時間を使ってたくさん試合を見た分、感じたことを残しておきます。
まぁ一応今年もコーチだからね。



まずは、チームが形になってきていることが、すごく頼もしく感じた。

これまで苦労してきた選手が多い分、
チームとしても前半かなり苦労した分、
一つ一つの瞬間に多くの想いをこめることができていて、
すごく良いチームになりつつある。

これからは、いかに技術を上げて、どれだけ自分たちが信じられるものを築いていけるかでしょう。

そのときに、ちょっとでも参考になればよいかなと思い、
三つほど、感じたことを挙げておきます。

まとまりないですが。



①クロスを常に構えること。フィールドにいる全ての瞬間において、もらう準備ができていること。


Topの選手も、一年生も、
自分がフィールドに出ている間に、どれだけクロスを構えていない瞬間があるか、
ビデオを見るときにでもちょっと意識して見てみてほしい。

きっと、自分が思っている以上に、クロスが下に下がっているはず。
印象としては、フィールドにいる時間の2/3くらいしかクロスを構えていないかもしれない。


クロスを構えていないということは、ボールをもらう準備ができていないということ。
ボールをもらう準備ができていないということは、ボールをもらう意志がないということ。
ボールをもらう意志がないということは、プレーに参加していないということ。
つまり、クロスを構えていない瞬間、フィールド上で死んでしまっているということ。

何もしなくても勝手に死んでるOFだったら、DFは楽だよね。
逆に、全員にボールが出る可能性があれば、DFは難しい。

1on1かけてパスをはたいた次の瞬間、
クリースにカットインしたけどボールが出なかった次の瞬間、
ボールが逆サイドにあって展開されてくるまでの瞬間、

ちゃんとクロスを構えていますか?
常にボールをもらう意志はありますか?


全員がしっかりとクロスを構えていれば、もっとボールをもらう意志が生まれるはず。
全員にボールをもらう意志があれば、DFは難しくなる。
つまり、OFはもっと楽になるはず。



②ルールの真意を理解し、その上でルールを破れること。


例えば、

トルネードについて、

なぜそのような動きをするのか、
どのようなところからこの動きが生まれたのか、
各ポジションにおいてどのような役割があるのか、
その長所と短所は何か、

などなど、どれくらい考えていますか。


これは、①のクロスを構える・ボールをもらう意識とすごく関係していて、
フィールド上のOFマン6人のボールをもらう意識を、
あるルールに則って突き詰めて共存させていったものが、
「トルネード」という戦術として表れているのだと思う。

例えばね。


そういうことが分かった上で、プレーできるようになると、ラクロスは変わるはず。
その中で、あえてルールを破ることができるようになると、もっと変わるはず。
俺は、残念ながら現役のときはまだぼんやりしていて、
引退してからはっきりと気付きました。


ここで言いたいのは、

「ただの決められたルールとして戦術を使うのではなく、“自分が”“OF6人全員が”ボールをもらう意識を追求した結果の戦術であって欲しい。」

ということ。


そうすれば、戦術は上手く機能するし、
ダメでもすぐに立て直すことができるし、
相手が対応してきても簡単にルールを破ることができる。

そして何より簡単に点が取れるはず。


一定のルールには、一定の対応策がある。

今年のチームは、しっかりとしたルールがあるから、
そのルールをしっかりと理解したうえで、
自分の意志で瞬間的にルールを破るプレーができれば、
きっと、OFは楽になるはず。



③応援


成蹊戦、新人戦、

応援される立場になって、応援する立場になって、何を感じただろう。


成蹊戦の苦しいとき、日本一の応援はできていましたか。

日本一の応援を欲するために、
フィールドにいる選手は、ベンチにいる選手は、何か行動しましたか。


新人戦の決勝戦、応援はどうでしたか。

一年生に対して、自分たちが求めるだけの日本一の応援はできていましたか。


これから迎える試合に向けて、良いヒントがたくさんあったと思います。



ちょっと松井さんばりに説教じみてしまったかもしれませんが(松井さんすみません笑)、
違う視点も必要かと思い、敢えてそのまま書きます。

何かしら参考にしてくれると嬉しいです。

以上。



Re: 成蹊戦・新人戦 koba - 2008/08/28(Thu) 09:53 No.4377


久しぶりにこっちの掲示板見たけど、セガワの書き込み素晴らしいね。



Re: 成蹊戦・新人戦 HC 飯塚 - 2008/08/28(Thu) 13:07 No.4378


畝川サンクス!

チームとしての土台はだんだんと固まってきた。
あとは、どれだけそこに
ラクロスの技術やイメージ
チームとしての実力を
付け加えていけるか。

ここからが本当に勝負だな。


畝川が書いてくれたことに
俺の言葉で、いろいろと付け加えます。
(基本的にはいいたいことは一緒だと思う)


①クロスを常に構えること。
非常に大事だな。
いかに、ボールを持っていない人がプレーをするか。
それによって、OFのレベルは全然違う。

いつもいっている
「人とボールを動かす」のも目指している意図は一緒。

特に今年は、
クリースおよび、その先の対角を使えるようになりたい。

そして、それをOF主導で使えるようになりたい。
DFが動いた結果、そこを使うのではなく、
クリース、対角をこう使いたいから、そのためにどう動く、
というOF主導でOFするような意識をもってほしい。

そのためには、
“自分がどうしたい”
“相手にどうしてほしい”
ってのをたくさんぶつけていかないといけない。



②ルールの真意を理解し、その上でルールを破れること。
これもめっちゃ大事。
毎年、東大は、“形にこだわって、意図がない”って言われるけど
同じことだな。

畝川が書いていることは、めちゃめちゃ大事だから
現役の選手は心に留めておいてほしい。


  • 自分たちの強みをいかす -

最近言っているけど
いま、俺らは、ベースとなる土台ができてきた。
これからは、そのベースを持った上でそれを崩していく段階。
(武道でよく言われるけど、
まず型を覚えてそれを破る。
それと一緒。)

トルネードではなく、
クリースが得意なやつをカットインさせるために
エクスチェンジを使ったり、逆回しにしたり、
ピックしたり。

で、そのときに考えてほしいのが
一人一人の強みを生かせるように。

みんな一人一人、得意なもの、苦手なものは違う。
もちろん、全員が全員全部得意なったらいいんだけど
一年という短い時間の中ではなかなかそうはならない。


だけど、俺らはチームで
誰かが苦手なところを他のやつがカバーしたり
誰かの得意なところを生かすためにプレーしたり
そういったことができる。


だから、お互いのことをしって
お互いの弱みを補い
強みを生かしていくように
動きを変えていってほしい。

たとえば、
坂井にスタンディングを打たせたいから、
坂井の対面にピックに入る。
石指に、小原にクリースを使わせたいから
トルネードを逆回しにする。
などなど



  • イメージを共有した上でプレーする -

ただ覚えておいてほしいのは、
しっかりイメージを共有した上でそれをやってほしい。

OFは点をとるのも大事だけど
しっかりボールを保つことも大事。
(ボールをもっていれば点をとられないから
 攻めることは防御につながる)

そして、ボールを保ちつつ、点もとるには、
しっかりとみんなのイメージが共有されていて
イメージの食い違いによるミスがないようにしたい。


そのイメージをすりあわせるせるために
練習ではたくさんチャレンジして
たくさんミスって
イメージをすりあわせていってほしい。
いまはリーグ戦もなく、それができる絶好のチャンス。



  • 型があるのは強いこと -

そして、もう一つ覚えておいてほしいのは
型があるといのは非常に強いこと。

ベースがないで自由なのは、一見強そうだけど、もろい。
(悪い時の日体のOFとか)
ベースがあるというのは、困ったときに戻る場所があるということ。
これは強いこと。


だから型をもっていることには自信をもってほしい。
しっかりと型を理解してほしい。


③応援
畝川の言ってくれているとおり。

まずは自分から。
全員で戦う。
いつも木名瀬がいってくれているから
多くは語りません。



最後に
練習でもいったけど、
まだリーグ戦はじまったばかりだけど
リーグ戦の日程的にも、自分たちがやりたいことを
やれる時間は、実はもうほとんどない。

これからは、
全員が
本当に時間を大事にして
少しでも多くのものを
積み上げないといけない。

そして、ここでこそ、チャレンジしどき。
一気に成長するには、チャレンジするしかない。
今まであったものなんて捨ててしまえ。
去年藤田もずっといってたけど
大事なところでこそ、チャレンジを。


最後まで、“執走”し続けろ!!



Re: 成蹊戦・新人戦 5 - 2008/08/28(Thu) 17:22 No.4379


早速今日の練習から①意識してみました。
まだふとしたときにクロスが下がりますが、
無意識にできるように、自分にも周りにも言っていきたいです。

②は飯塚さんがずっと言っていたことですね。
たまにトルネードしきれずに逆にチャンスになる。
そういうのをコンセンサス取った上でやりたい。
もっといろんなパターンにチャレンジしていきたいです。