※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • パス連病院
    高次元
    低次元二つ。

    ダッジM
    ・相手のゴールにシュートを入れられる所に行くためのもの。ゴールまでの道をイメージしてダッジして欲しい。
    ・ダッジの最初の一歩目切れるのも大事だが、もらい際で相手のポジショ二ングずらせてゴールまで行ければダッジする必要もない。だからもらい際は大事。
    ・結局ゴーリー倒すためにどういうのが嫌か考える。スイープに動くのが嫌。角度厚くなるし、ゴーリーのポジショニングを動かせるから。
    ・縦に抜くときはそのまま流れるな。クリースの横の延長線上めがけてダッジを切れ。
    ・スイープに抜く時はゴールの真正面のラインめがけろ。

    ATの顔だしの話
    ・逆サイに顔出しするとよい。なぜならゴーリーやDFはオンサイを見てて逆サイにパス出せればすぐシュート打てる。また、逆サイ活かせないとDFはそこすててオンサイだけ見ればよいから守りやすいから、捨てられないための脅威になるためにも大事。
    ・ブルのときあんまり逆サイ見れない。オンサイとゴール、さらに逆サイまでもみるとワンテンポ遅れてできぬ…?ーでも見ないとやっぱりそこ捨てれて守りやすい。逆サイ活かせ。それが出来ればオンサイも空くし良い。

    ドッジA
    ・☆クリースはともだち‼︎だからその近くでプレーしろ。クリースから遠いとディフェンス遠くて楽だから離れがちだけど、それはDFにとって怖くないからよくない。なるべくクリースでもらう。
    ・もってないときの駆け引き大事で上手くやるとクリースの近くでDFから離れられる。
    ・もらうときが基本なのでそこ考える。
    ・自分に引き付ける。ディフェンスに行きたいとこに行かせないこと。ホット浮かせないし、セカンドは絞らせないのが大事。ディフェンスは連携して、あぶなくないやつ切りたい。だからそれをさせないってこと。

    ・例えば裏にいたらdfはオンサイにいれるけど、逆サイいったらちょっと見なきゃいけない。逆サイのクリース横でオンサイにも行ける位置なら良い。さらにそこでオンサイに顔出してサンダーしたり普通に責めたり。
    ・クリースホットのとき、裏一枚逆サイにいると、ミディーからだと見えないのでは?ーミディーは不安かもしれないけども顔出しを信じて。
    ☆45度の原則
    ☆55チップス


    cop
    50%走
    ・地面蹴って
    ・腕振って
    ・手は握らず力抜く。

    加速走
    ・幅跳びの助走みたいな感じ
    ・上に重心あるのもとりあえずOK

    8割で走る訓練→全力
    ・8割がベース。そこから2割の余裕あるからそれ使えるように、8から10割に出来るように。
    ・切り替え意識。
    ・重心低くて緩める時重心上がるのが普通。加速の時下がらないのはよくない可能性ある。意識して下げてみて。
    ミディがブル抜いたけど追いつかれて力緩めたふりしてゴールにばって行く、そういうイメージ。加速はディフェンス引き剥がしたいイメージ。

    cod
    大事なのは切り返しの角度45度!
    足後ろに行っちゃって切り返し丸々人いるよ。

    新ウドパス
    ・最初ゴール横でもらって脅威になる工夫しよう。
    ・ロールが謎…?ーアタックあがるとそのオンサイによる。その対角に出すとか、逆サイにすぐ出すとか、ダブルのを避けるのか、自分のシナリオでロールして。
    ・パス練では自分の中でシナリオ作ってイメージするの大事。 -- (名無しさん) 2014-05-30 17:12:19
  • a

    -- (名無しさん) 2014-05-31 20:27:23