※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

細かいけれど、大事なこと。

 投稿日 2002年2月4日(月)21時55分 投稿者 kura

先日の紅白戦、技術的なこととは離れて非常に気になったことが一つ。
それは欠席者・けが人があまりに多いこと。

テスト勉強で休むなど、ありえない。土曜日で、しかもかなり前から紅白戦が
あるってことを連絡しておいたはず。
別に勉強するな、ラクロスだけやってろとは言ってない。
むしろ、早め早めから勉強しておくこと、って言ったはず。
テスト期間であっても練習時間を確保できるようにと。

風邪やけが人について。
もちろん、不可抗力的な人はいるかもしれない。
しかし、体調管理や怪我の防止に最善の努力をしていた人は、
いったいどれほどいるだろうか。
慢性的に怪我で悩んでいる人であっても、
怪我を克服するために、本当に本当に真剣にリハビリや予防をしているのか。
いつものアップ・ストレッチ・ダウンの様子を見る限りでは、
自覚が足りないと言われても仕方ないと思う。

こうしたところにも、学生日本一を目指す自覚と責任が問われる。

怪我の予防や体調管理への意識についても、学生日本一にふさわしいチームと、
そうでないチームとの間には、差があるのではないか。

先日のMTGで言ったように、俺らが学生日本一になるためには、
生活全般、生き方をも変えていく必要があると思う。