※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ブラインドショット

投稿者:Head Coach Shimizu 投稿日:2005/07/24(Sun) 21:55

今日、ファルの試合ビデオで見ました。
ブラインドっぽいシュートが何本かあるけど、
あれ止めるの結構簡単だぞ。

DFの立ち位置も改善できるけど、
それ以上に、あのシュートはGがとめないと全日では通用しないっしょ。

OFがどうシュートを打つか考えてみ?
ヒントはハンドボールのステップシュート。


投稿者:29 投稿日:2005/07/24(Sun) 22:01

止めるのが簡単っていうのはファーを埋めれば打つコースがなくなるって意味ですか?


投稿者:Head Coach Shimizu 投稿日:2005/07/24(Sun) 22:08

そうそう。
シューターの利き手が右手で、正面にDFが立っている。
シューターが右手サイドワインダーで打つとしたら、
打ちやすいのは「ながし(ハンドボール用語」」でファーでしょ。

「ひっぱり(ハンドボール用語)」って、
角度が難しいし、シューターの視野が切れる分、正確性が落ちるっしょ。

だから・・・どうする?


投稿者:12 投稿日:2005/07/25(Mon) 00:05

DFの立ち位置も改善できるけど、
それ以上に、あのシュートはGがとめないと全日では通用しな>いっしょ。

その通りですね。あの位置で決められてしまったら、DFは守れないと思うので、とめます。
基本的にはポジショニングは普通にして、ファーをはる。DFに完全に表をきらせて多少低くても逆手で勝負、かなと思います。で

すが、清水さんの意見を読むと、ファーを完全に切ってしまったほうがシューターにとっては嫌なのかな、と思いました。どうな

んでしょうか?個人的には、ブラインドは流れの中でうたれることが多いので、ポジショニングを完全にファーをきるいちに修正

するのは難しいかな、と思ってファーを張るというほうが現実的な気がしたんですが。

しげさんは感じろといってました。
確かにその通りで、1、2本打たれたらブラインド狙ってるということを感じて、ファーきったりして対応してかなきゃだめですね