長の法則


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

今回は辞書っぽい感じのものを作ってみました

長の法則(おさのほうそく)は、Evolutionが21世紀に 思いついた 法則である。
正式な名称は、「結局班長とか部長とかなんかリーダーになってしまうという法則」である。
適用されるか適用されないかはランダムで、周りの人々によって変わる。

概要

2008年4月7日、日本出身の中学生Evolutionは 春休みの宿題が終わってない生徒のことを察しない 塾の授業中に思いついた。
リーダーを決める際に、周りの人たちに上手いこと言いくるめられてリーダーに任命されてしまうというものである。(下記参照)

学級委員長を決めるシチュエーションである。

登場人物
  • ○○・・・学級委員長になってしまう生徒。
  • 先生・・・○○を陥れた第一人者。一応言っておくが男。
  • ××・・・早く終わらせたい生徒。よって「先生」に加勢。

先生「えーでは、委員長を決めたいと思う。誰か成りたい人いるか?」
生徒「……」
先生「いないか…うーん…じゃ…○○やってみないか?」
○○「えっ?」
先生「委員長、やってみないか?」
○○「いや、でも僕やったこと無いんで…」
先生「人生に1回ぐらいはやってもいいと思うぞ」
××「そうだぜ。やってみろよ」
○○「え…」
先生「ああ、××の言うとおりだ。やってみなさい」
○○「でも…」
先生&××「さあ」
○○「う…はい、分かりました…」

少し極端だがこんな感じである。
ていうか言葉のフルボッコ。
結局○○は学級委員長になってしまった。

また、次の場合もある。

先生「えーでは、委員長を決めたいと思う。誰か成りたい人いるか?」
生徒「……」
先生「いないか…うーん…じゃ…○○やってみないか?」
○○「えっ?」
先生「委員長、やってみないか?」
○○「でも俺何回もやらされてるんですよ。もう散々ですよ。」
先生「経験は大切だ。」
××「そうだぜ。ていうか何回もやってんなら楽勝じゃないか。」
○○「結構しんどいんだぞ!」
先生「いや、××の言うとおりだ。しんどかっても、内容を知っているのと知らないのとでは大違いだからな」
○○「や、でも…」
先生「まあ、な、やりなさい」
○○「う~…はい…やります」

このように、言い訳をしてもやらされる。

対処法

要は、素質である。これは誕生した時に決められているから運勝負になる。
もしあなたにその素質があったらどうしようもない。
無いフリをしようとしても、それは「保育園」や「幼稚園」から始めなくてはいけないわけで、
幼いときからそんなこと思いつくわけないから無理である。

備考

まあリーダーになったら内申点とかが上がるので、受験が少し有利になる。

外部リンク

☆Evolution-思いついた奴、Evolutionのプロフ
いい人 - アンサイクロペディア-こんな人が良く当てはまります。