※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ハワイ発、1億円情報」

概要と案内


1000年に一回巡り合えるかどうかの貴重なハワイ裏情報
ハワイ在住23年のノンフィクション作家が初公開

ハワイ州立公園ハナウマ湾(著者の自宅から車で5分) 

アメリカ発、余命6ヶ月の末期癌患者を完治させた特効薬があるって本当?


年俸30万ドルの20代卒業生を輩出する大学院がハワイにあるって本当?


日本で数十万円掛かるレベルの英語の授業を誰でも無料で受けられる学校が

ハワイにあるって本当?

ハワイ旅行代金がチャラになる情報があるって本当?


コーヒー一杯分でプレー出来るハワイのゴルフ場(18ホール)

があるって本当?

世界中の料理が7日間食べ放題、一流のショー毎日観覧、

オアフ島、ハワイ島、マウイ島、カウアイ島全て観光して、7泊8日の
代金込みで8万円でお釣りが来るハワイ最高の遊び方があるって本当? 

ハワイにカジノがあるって本当?


カジノ画像


  *   ハワイでスキーとサーフィンが同日に出来るって本当?


全て本当の話です。未だ未だ, 未公開情報がたくさんありますが、ここでは
スペースの都合で、情報の主な項目についての概要を述べますので、詳細は
本レポートをご購入して頂きご覧頂ければ幸いです。
それでは本レポートに書かれている主な項目についての概要を述べますので、
最後までお読み下されば幸いです。
本レポートに書かれているハワイ裏情報の項目は下記の通りです。

目次案内

         1.アメリカ発、余命6ヶ月の末期癌患者を完治させた癌特効薬情報
             2.コーヒー一杯分の代金でゴルフが出来るノウハウ
             3..28歳年収30万ドル(3600万円)の卒業生を排出するMBAコースの大学院が
                                           あるって本当?
             4.日本の芸能人行きつけの超安心格安スナック
             5.日本とハワイの賃貸マンションの大きな違い
                                      6.ショッピングしながらハワイ旅行費をチャラにする方法
             7.ハワイ旅行のベストシーズンとワーストシーズン
                                      8.ハワイ行きのチケットは何処で買うのが一番お得か?
             9.世界中の料理が7日間食べ放題(21食+)、世界の一流ショー
                                           毎日観覧、オアフ島、ハワイ島、マウイ島、カウアイ島全て
                                          観光して(7泊)代込みで8万円でお釣りがくるハワイ最高の遊び方
            10.ハワイで登山? 安全なハワイハイキングコース
            11、日本の英語学校で数十万円掛かる英語学習がただで出来るハワイの
                                          学校利用のノウハウ
            12.ハワイから日本まで1時間600円(約10円)で済む電話の掛け方
            13. 大繁盛!ハワイのカジノ
            14.ブラックOK.ハワイでクレジットカードを申請すれば95%の人がOK
            15.。ハワイでスキーとサーフィンが同日に出来るって本当?



案内本文

アメリカ発、余命6ヶ月の末期癌患者を完治させた特効薬があるって本当?
この癌特効薬情報は1000年に一回巡り合えるかどうかの貴重な情報であると考えています。

著者はハワイ在住が約20年になります。
 その間、日本とハワイを行ったり来たりしていますが、日本でも執筆活動をしており、出版した書籍も数冊あります。
 今後も執筆活動を続けていく積もりですので、いい加減な嘘や、創り話で固めた有料商材を販売して読者の信頼を
 落としたくはありませんので、本レポートに記載した情報は全て真実のものです。
 著者の名誉に掛けて断言致しますので、ご安心下さい。
    それでは本題に入ります。
世界中の製薬会社や、医学研究機関が膨大な研究費を投入して、癌の特効薬を開発すべく日夜努力していますが、ガセネタ情報は時折伝わってきますが、未だ完全に癌の特効薬の開発に成功したというニュースは伝わって来ていません。ところがハワイ在住の著者が全く偶然に、然も個人的に、この画期的な癌特効薬のアメリカでの臨床試験に係わり、その驚くべき成果に巡り合ったのです。

本件に著者が係わったのは今から約一年前です。
これは著者が身近で実際に体験したアメリカ発の癌特効薬の極秘情報ですが、日本では殆ど知られていない日本のベンチャー企業が係わっています。身体中に癌細胞が転移してしまい、有名な癌専門病院で余命六ヶ月と宣告された患者が注射三本を打っただけで、奇跡とも言うべき完璧な癌退治に成功したというインサイダーならぬアウトサイダー情報です。著者が実際に係わった実体験情報です。

著者が係わった、この癌患者の臨床結果については公表されていませんので、特効薬を開発した日本の薬品ベンチャー企業と臨床試験を実施したアメリカの病院の医師など極く少数の人しか知りません。只、著者が係わってから約一年経った現在では、恐らくこの特効薬のアメリカの臨床試験で癌を完治出来た人が10人以上は存在すると考えています。
何故なら、著者が係わった臨床試験は医薬用語で第1相、即ち、第一段階の臨床試験で、この薬を開発した日本のベンチャー企業は、第一相の臨床試験は24例を予定していて、今年(2007年)中には終了する予定だと発表しているからです。又、このベンチャー企業は最初の第一段階の臨床試験の途中経過をマスコミに公表していて、その模様が昨年(2006年)朝日テレビで放映されています。
この最初の症例では、治療に必要な量の100分の1を投薬された特効薬の効果で癌細胞の成長が止まったということだったようですが、著者が係わったケースは投薬された量が違う為か、全ての癌
細胞が消えて完治したのです。TVで放映された臨床試験は未だ途中経過だったので、その後に量を増やした試験をしているはずです
から、完治したものと確信しています。ところで、何故著者がこのような極秘情報を知ったかは、末期癌に侵された患者が著者の親友だったからです。実を申しますと、この情報をお金儲けのための有料商材の中に含めて販売して良いのかについては相当悩みました。半年間悩みに悩んだ結果、むしろそうすべきであるとの積極的、肯定的な結論を得ましたので、ここに発売を決意した次第です。
それは次に述べるような理由からです。この情報に接した読者の何方かが、例え、自分自身のお金儲けのためにでも、この世紀の癌特効薬を開発した日本のベンチャー企業、又はその周辺企業に幾ばくかの手元資金を投資してくれれば、この薬の開発を更に促進し、成功させることになり、癌に苦しんでいる世界の数百万に及ぶ患者に、この特効薬が手に入る日がそれだけ早まるのではないかと考えたからです。
この薬が更に数次の臨床試験を経て、日本を含め世界各国の医療当局の正式な認可を得て、病院での使用が許可されるようになれば、当然、この薬を開発した企業は上場して株式を公開する筈ですから、そうなれば株は急騰し、一般大衆までこの企業の株式買いに走ることが予想されます。投資者は世界中から幾らでも集まるでしょうから、資金集めには全く苦労することはなくなるでしょう。又、上場されてからでは、儲けの額も限定されますから、臨床試験が未だ完全に終わっていない今こそが、この企業に投資する絶好の機会だろうと考えます。実際に、このベンチャー企業は2006年度にベンチャーキャピタルを中心にした第三者割り当て増資で25億円の申し込みを受け、払い込みが終了しています。 今後も更なる第三者割り当て募集が行われるものと期待されています。

誤解の無いように申し上げておきますが、著者はこのベンチャー企業とは、直接的にも、間接的にも一切関係はありません。たまたま、著者の親友(57歳)が癌に罹り、著者が其の事実を知ったのは、既に癌細胞が体中に転移してしまい、手術も何回か施し、可能な
抗癌剤の投薬も含めてあらゆる治療を施したにも拘わらず、症状の改善の見通しが全く立たず、遂に余命6ヶ月との最終診断が下った時だったのです。

幸い、彼は数十億の資産を持つ富豪だったので、彼の奥さんから、お金は幾ら掛かっても良いから、世界中から、癌の名医を探して
欲しいとの強い要請を受け、ロスアンジェルスに住んでいる、彼と著者の共通の友達と二人で、世界中の癌情報の収集を始めたわけです。そのお陰で、癌についてはそれまで殆ど知識の無かった著者は一遍に癌情報収集の専門家になってしまいました。

ロスの友達がアメリカ全域を担当し、日本語とヨーロッパの言語を理解できる著者が日本とヨーロッパを担当して、2ヶ月掛けて、ネットも含め、世界中の医療文献から情報を収集した結果、ロスの親友がアメリカの一番適切と思われる病院を見つけ、そこで彼を治療させたわけです。ところが其の病院で、この特効薬を3回注射をしただけなのに、3ヵ月後の精密検査で癌細胞が完全に消え去っていることが証明されたのです。
著者はその治療には付き添わなかったのですが、ロスの親友からの報告ですと、担当した医師団の驚きは大変なものだったそうです。その後も再度3ヶ月経ってから精密検査をした結果、癌細胞は全く発見されず、完治したものと担当医師団は最終診断を下したのです。

最近、著者はこの余命6ヶ月の死の淵から生き返った親友と一緒にアラスカクルーズに旅行し来て彼の元気な姿を確認しています。

通常、癌の手術をして患部を切除した後、5年間生存すれば完治と認められるそうですが、彼のケースの場合には切除ではなく、薬品の注入によって癌細胞が完全に消失したわけですから、著者のような素人考えでも、再発の可能性は非常に低いと考えるのが妥当ではないでしょうか?

尚、この情報は偶然に知り得たアウトサイダー情報ですので、この情報を活用してお金儲けをしても、法的には全く問題ありません。日本のTVで放映された臨床試験の内容は途中経過だけであり、又、TVは所謂「やらせ」も多く、俄かに信じることが出来ない方でも、直接係わった臨床試験の結果についての著者の検証レポートをお読みになればこの癌特効薬の素晴らしさと真実性を解って貰えると確信します。

本レポートではこの癌特効薬を開発したベンチャー企業と、その開発プロジェクトに投資した企業、又、提携した内外の周辺企業と特効薬についての詳細な情報が記載されています。本情報を購入された方々が、このベンチャー企業を含めたこれらの企業に投資すれば、近い将来、投資金は恐らく何十倍になって戻ってくるものと予見するのは果たして著者だけでしょうか? 仮に10万円投資すれば、1000万円に、又、100万円投資すれば1 億円にになって戻ってくることも夢ではないと思うのですがどう思いますか?。
何しろ、癌の特効薬開発は紀元前から今日に至るまでの2000年以上に亘って人類が求めた来た夢なのですから。。。。。 「ハワイ発、
1億円情報」、「1000年に一度巡り合えるかどうかの情報」と冒頭に記載した理由もここにあります。その結論は懸命な読者諸氏のご判断に委ねる次第です。


 以上述べてきた癌特効薬情報はハワイとは直接関係はありませんでしたが、著者がアメリカのハワイに住んでいたために係わることになったので、ハワイ発の情報として記載した次第です。
本レポートに記載した世紀の癌特効薬の詳細情報を活用して、社会に貢献しながらお金を
儲けてください。


                                                                 *ここからは本題のハワイの裏情報です*



ハワイについてのガイドブックは雑誌や単行本を含めて今までに何百冊と書かれ、どんな小さな書店でも旅行関係の書棚には最低
数冊は並んでいるはずです。

しかし、それらのガイドブックにはハワイの名所旧跡等や、有名なショッピングモール、レストランなど、殆ど同じ内容が書かれており、初めてハワイ旅行をする人には何がしかの参考にはなるかも知れませんが、ハワイ旅行者の60%を越えるリピーターにはあまり役に立たないと言っても過言ではないでしょう。

本レポートはそうしたハワイ旅行リピーターや、初めてハワイ旅行を考えている人でも一味違ったハワイ旅行を志している方のの期待に答えて、ハワイ在住23年になる著者がハワイの実生活から得たハワイの裏情報を始めて公開したもので、今まで誰も書かなかったハワイ情報が90%以上を占めています。更に、ここに書かれたお得情報を実際に活用すれば、日本各地からハワイまでの旅行宿泊
費用(約10万円程度)をチャラに出来てお釣りがくる位の価値ある情報を含んでいます。

例えば、1000万人を超える日本のゴルフプレーヤーには涎(よだれ)のたれそうな情報も含まれています。日本のゴルフ場で一回
プレーすれば2-3万円は軽く掛かってしまいますが、ここで紹介するノウハウを駆使すれば日本の喫茶店でコーヒー一杯飲む代金で18ホールプレー出来ます。

4泊6日の短期間の旅行でも、ハワイのゴルフ場で4日間毎日プレーすれば,それだけで約10万円が浮いてしまうことになります。しかも、ゴルフ場の質は日本の平気的なゴルフ場と殆ど変りません。しかも、この方法は継続して活用できるのです。ハワイに行けば何時でも同じ条件でプレーできるわけです。

又、ゴルフをしない家庭の主婦や、お勤めのOLの方ならば、本レポートに記載された有名ブランド格安店情報を活用するだけで最低10万円は浮いてしまうはずです。しかし、それにはちょっとしたノウハウが必要なんです。本レポートには、そのノウハウについて記載してあります。そのノウハウを知れば、英語が全く出来ない人でも問題ありません。

その他、家庭で使う消費財でもここで紹介したお店で買えば、殆どは日本の50%から安いものは30%くらいですから、纏め買いして帰れば2-3万円は軽く節約できることになります。

又、日本ではブラックでクレジットカードの取得が困難な人でも、ここで公開したノウハウを使ってハワイでクレジットカードを申請すれば
95%以上の確率でOKの返事が貰える筈です。英語力は全く必要ありません。

更に、本レポートには世界の各言語、コンピューター、ゴルフ、水泳等のスポーツ、フラダンス、ギター、ウクレレ、ピアノ等の芸術が、日本と
比べれば只みたいな月謝で学べるノウハウの詳細が記載されています。。特に語学の勉強で、英語を学ぶクラスは初心者レベルから高レベルまで一切無料の情報です。必要なのは10ドル程度のテキスト代だけです。
日本の語学学校の授業料が数十万円することと比べて、まるで嘘みたいな話ですが本当です。普通、ハワイの語学学校でも3ヶ月学習すれば、入学金を含めた授業料は大体30万円位掛かります。これと殆ど同レベルの勉強が、入学金ゼロ、授業料ゼロ、生徒のレベルに合わせたクラスで3ヶ月間(1学期3ヶ月)出来ます。更にレベルアップするための授業も無料です。

又、今、日本でも大人気のフラダンスのコースには、初心者レベルと中級レベルの二つのクラスがあって、各クラス共、15時間の授業が設定されており、授業料は15時間で僅かの40ドル(約4800円)です。勿論入学試験はありません。 18才以上であれば誰でも入学できます。

ところで、ハワイへの旅行代金はシーズンによって最高3倍位の差があることをご存知の人もいるでしょうが、暮れからお正月、4月末から
5月初めのゴールデンウイークは勿論のことですが、それ以外でもシーズンや、チケットを購入する旅行代理店の選択によっては倍くらいの差がでてしまうのが現実です。如何にハワイ旅行の経費を安く上げるかを志向している人にとっての必須情報が記載されています。

中にはギャンブル好きな方もいるはずですが、このような人はわざわざラスベガスまで行く必要はありません?驚くかもしれませんが、ハワイにも“れっきとした”カジノが存在するのです。この取って置きの極秘情報も教えます。

ところで、有料商材の宣伝文には中身の無い長たらしい文章の羅列したものが少なくありませんが、本レポートの著者は「情報の価値は量では無く、質である」と固く信じています。これは著者が今までの経験から学んだ貴重な教訓がベースになっています。
例えば、ベストセラーになった川島和正氏の223ページの著作「働かないで年収5160万円稼ぐ方法」は中身に非常に濃いものがありますが、それでも必要な箇所を要約すると15ページ位に収まってしまいます。 又、市場に出ている色々な商品の広告宣伝に良く使われている購入者の推薦文などはアメリカでは専門の業者がいて、それらの写真入りリストを商品を販売する人に売っているくらいです。

本商品はそういう冗長な箇所は全て省いて読者が本当に知りたがっているポイントだけに絞り込みましたが、それでも、年間140万人を超すハワイ旅行者にとっては本レポートを上手に活用すれば最低でも10万円以上の価値ある内容となっています。

ところで、実はもう数十年前のことになりますが、著者が未だ20代後半の頃、ふとした情報からのヒントで実行したビジネスで1年間で1億円以上儲けたことがあるので、そのお話をしましょう。

その頃、或る知人が、彼の近所に住んでいる40代位の一人暮らしの女性が自宅で、毎日、黄色い“ネル”地のような布を鋏で切って
いる仕事をしているだけで、ベンツを乗り回しているという情報を知らせてくれたのです。この情報を得た著者はこれは何か或ると直感したので、更に詳しい調査をした結果、彼女は“眼鏡拭き”、所謂、メガネを買うと付属で付いてくる“眼鏡のレンズ拭き”を製造していたのです。

これは非常に簡単なもので、綿で出来た布地を鋏で10センチ四方位の大きさに切って、周りをミシンで縁縫いをすれば出来上がりという至極簡単な作業で出来る製品だったのです。しかも、原価は一枚1円程度で、眼鏡問屋への販売価格は12円で納めている事実がわかったのです。

しかも、市場はニッチ市場で狭いけれど、眼鏡業界だけでなく、当時ブームになっていた電卓や、輸出向けの望遠鏡や、双眼鏡にも殆ど付属品として付いているので、年間総需要数は8千万枚以上に及ぶことも解りました。そして、この商品は殆ど内職みたいな零細業者によって供給されていることも解りました。
これらの市場調査結果を踏まえて、著者は製造方法を手鋏ではなくて、簡易裁断機を導入して機械化し、農閑期に収入源を探して
いた農業を営んでいる夫婦に外注したのです。この結果、月産100万枚以上の生産能力を持つて市場に参入することになったのです。掛かった費用は裁断機の購入代金50万円と僅かな材料(生地)の仕入れ資金だけです。最初は車も無かったので、配達は全てタクシーを使ったのですが、利益率が高いので、充分採算が取れたわけです。3ヵ月後にはローンで小さな車を買い配達に使いましたが、車の購入代金は一ヶ月で償却してしまいました。

考えてみて下さい。1枚売って10円以上の利益が出る製品が毎月100万枚近く売れたのです。笑いが止まらないと言うのはこのことを言うのだと思いました。でも、若かったのですね。こうして儲けた一億円以上のお金は毎夜、4-5人の友達を連れて銀座や、新宿のクラブやバーを飲み歩いて、酒と女に費やした結果これまた一年経たずの内に使い果たしてしまったのです。ハワイに買った高級マンション一つを除いて。。。
尤もこの時17万ドルで買ったハワイのマンションが今は時価50万ドルはしていますので、儲けの半分は残ったことになりますが。。。。。

今から思えば、若気の至りだったとは言え、お恥ずかしい限りのエピソードになりますが、この経験から学んだことも少なくありません。

それは情報の大切さということです。 著者は今でも情報人間を自認していますが、ネットで毎日送られてくる数千通のジャンクメールを最初から「迷惑メール」には分類せず、タイトルは全て目を通すことにしています。勿論99%は何の役にも立たないジャンク情報ですが、稀に貴重な情報が入っていることがあるからです。しかも、これらのジャンクメールには副次的なメリットもあるんです。何だと思いますか?
それはこれらジャンクメールの発信者のメールアドレスです。ここまでお話すればお解りになったと思いますが、これらのメールアドレスにはこちらからスパムメールではなく、正々堂々と必要なメールを発信できると言うわけです。

話が少し横道にそれてしまいましたので、本題に戻します。上述しましたように、情報の価値を知っている著者が書き下ろした
本レポートは毎年ハワイを訪れる140万人の日本人旅行者にとって他では手に入れることの出来ない貴重な情報であることを確信しています。又、最初に述べた癌特効薬情報は手元に幾ばくかの資金があって, 大金を手にしたいと考えている人にとっては決して見逃せない貴重な情報になることも確信しています。

ここで、著者が実施している投資の基準について述べたいと思います。

著者の投資実行基準:


1. 案件一つへの投資金額は資産の3分の1以下であること。
                  2.   成功した時の儲け金額が失敗した場合の損失額の10倍以上を期待出来ること。

参考にして貰えれば幸いです。

本レポートの販売価格は9800円ですから、3万円以上の資金を持って居られる方であれば何方でも、上述した投資基準に基づいて、
本レポートを購入する資格があると著者は思いますが、読者の皆さんはどうお考えですか? しかも、どなたでもこの情報を活用出来ます。 メールが出来る程度のネット利用が出来ればそれに越したことはありませんが、全くインターネットを使えない家庭の主婦でも、又、60歳以上の高齢者の方でも10万円の価値を取得することが出来ます。





オマケ情報: アフィリエイターの方、及び本レポートの購入者全員を著者の
ハワイのマンションでのバーベキューにご招待します。カップルで
お出でになっても、お子さん連れでいらっしゃっても結構です。

下記に画像でご紹介した著者のハワイのマンション(16階)の窓
からは、本当のハワイの素晴らしい海景色がご覧になれますし、
焼肉でも、シーフードでもお好みのバーベーキューでおもてなし
致します。

下記の画像は全て著者が住んでいるハワイのマンション施設の一部です。
バーベキュー施設のあるガーデン

(画面を右クリック、Format Pictureを左クリック、size左クリックして、Heightの数字を変更すれば拡大できます。)


            プールと滑り台

(画面を右クリック、Format Pictureを左クリック、size左クリックして、Heightの数字を変更すれば拡大できます。)
ロビーに流れる人口の小川


(画面を右クリック、Format Pictureを左クリック、size左クリックして、Heightの数字を変更すれば拡大できます。)

上記の他にも、サウナ、アスレチックジム、ビリヤード、ピンポン、
ゴルフパター練習所、スカッシュコート等も備わっていますので、充分楽しんで頂けると思います。心よりお出でをお待ちしています。


著者略歴: 大学卒業と同時に日本橋の丸善(株)の洋書仕入れ部に勤務後、
貿易会社勤務10年、その後独立して貿易会社を設立、
20年間貿易会社を経営して、リタイアーした後、
ハワイと日本を行たり来たり。現在、趣味を兼ねて執筆業を営む。

著者のハワイの連絡情報:

住所:501 Hahaione St., Honolu, HI 96825 USA.

                    *メールアドレス:1. boldotousan@mail.goo.ne.jp
                                           2. boldotousan@hawaiiantel.net

携帯電話: (808)772-1939

 (電話によるお問い合わせには応じていませんのでご了承下さい)

著者の主な作品: 「21世紀の日本と韓国」「舵社刊行」
         副題:“日本は韓国に追い越されるのか?”
  「アメリカベンチャー企業の驚くべきデジタル戦略」「舵社刊行」

       著作権者: 平田慎一郎  2007年8月20日
    本レポートは日本の著作権法と国際著作権条約によって護られています  
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。