クレジットカードで購入する際の注意


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

最近は定期券を始め、各種乗車券などもクレジットカードで購入することができるようになってきました。自動券売機でもクレジットカードに対応する自販機が増えてきています。

クレジットカードで乗車券を購入した場合に後で不要になり払い戻しを受けるという場合や、列車が急遽運休になり払い戻し等を受ける場合には幾つか注意が必要です。
クレジットカードを利用して乗車券等を購入した場合には必ず「利用票」を渡されます。要するに控えですね。これを必ず旅行終了まで(有効期限満了まで)無くさないように持っていて下さい。これがない場合、払い戻しを受けられなくなることがあります。

また、クレジットカードで購入した乗車券等は現金での払い戻しは受けられません。クレジットカードで購入した「取引」をなかったことにするという扱いで払い戻しをするので、窓口での現金での払い戻しはありません。その際には購入した窓口(駅であれば購入した駅、旅行センターの窓口であればその窓口)へ申し出て処理を受けるのが大原則ですが、事情があり窓口へ赴くことができない(購入したのがJR東海の窓口で、滅多にJR東海の窓口へは行かない等)場合は近くの駅でその旨を申し出ると払戻期間の延長の処理を受けられます。これを受けた後で該当の窓口へ申し出て処理を受けるわけですが、これもどれだけでも期間があるわけではなく1年間以内に行わないと無効になります(鉄道事業法の定めに因る)。駅に複数箇所の窓口があり、分からない場合は窓口で尋ねて該当箇所へ赴くようにします。

回数券などをクレジットカードで購入した場合、不要になったからといって金券ショップに売り込む行為はクレジットカード会社の会員規約で禁止されています。クレジットカード自体の支払が完了するまでは、クレジットカードで購入したものはクレジットカード会社の所有物ということになり、これを勝手に売ることは犯罪にも匹敵する行為です。他のサイトで、こういった行為は認められていると解釈している所もありますが、法律上詐欺罪や窃盗罪にも匹敵するとカード会社に於いて規約上に定めている所もあります。ですので、回数券などを購入し、払い戻しを受ける際には面倒でも窓口へ持参し前述のように「処理」を受けて下さい。

旅行センターなどではJR券とホテルなどのクーポンをまとめて精算する場合、券面には「C制」や「C東」などといったJR券の払い戻しに制限がある旨の記載がないことがあります。この場合でも支払はクレジットカードで行っていますから、前記の表記がないと言って払い戻しを現金ですることはできません。

一番注意をしたいのが街のチケット屋さんで購入した切符をJRで払い戻しを受ける場合です。JRの窓口等でチケット屋さんが購入する場合は、余程でない限り現金で買いますが、稀にクレジットカードで購入することがあります。その時は払い戻しを受けることが出来ませんので窓口等に相談して下さい。