青春18きっぷ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

青春18きっぷとはJR全線に於いて別途料金が発生しない列車にのみ乗り放題となる切符です。発売当初は通年発売でしたが、今では春季、夏季、冬季のみの発売となっています。意外と皆さんこの乗車券のルールを分かっていそうで分かってない様子。注意すべき点を挙げてみます。
※なお、確認中の事象も含まれています

乗車できるのはJR在来線のみ

この切符が使えるのはJR線しかも在来線のみです。新幹線に乗ることはできません。また、在来線扱いでも博多南線(博多~博多南間)と上越新幹線の(越後湯沢~ガーラ湯沢間)は利用出来ません。乗っている列車が途中第3セクターの路線を通過する場合(例:名古屋から快速みえに乗って鳥羽まで行きたい等)は原則として第3セクターの区間の乗車券が別に必要となります。
一部例外があり、いわゆる「離れ小島のJR線」が多数発生するための措置ができています。例えば、JR七尾線(津幡~和倉温泉)。途中IRいしかわ鉄道を通りますが、金沢~津幡間を途中下車しないという条件付きで別途乗車券が不要になります。車内でも精算する必要はありません。高岡からの氷見線、城端線も同様です。例えば猪谷から氷見まで行く場合に富山~高岡間をあいの風とやま鉄道を通りますがこの区間の乗車券は不要です。

第3セクター会社名 青春18切符で
乗ることができる区間
特別途中下車可能駅
青い森鉄道 青森~八戸 青森・野辺地・八戸
IRいしかわ鉄道 金沢~津幡 金沢・津幡
あいの風とやま鉄道 富山~高岡 富山・高岡

第3セクターとJRとの境界駅で入鋏して貰えないという事象が相次いでいますが、原則として「JR線を使う場合は入鋏して貰える」と解釈して構いません。但し強制は出来ませんので一応係員の指示に従って下さい。更に、これ以外の区間での通過乗車(肥薩おれんじ鉄道等)には別途乗車券が必要となります。
現在バス代行で運行している東北地区の一部はバスが鉄道代わりになっていますので、(JRの代行区間にのみ)そのままバスに乗ることができます。
北陸地区で、金沢以西(福井、小松等)と氷見線、城端線、高山線を相互に乗り継ぐ場合は金沢~高岡・富山間の乗車券が必要となります。一部で「津幡~高岡」間の乗車券のみで良いと言う記述を見かけますが、上記特例はあくまで北陸線と七尾線、氷見線・城端線と高山線を相互に乗り継ぐ場合のみの特例です。北陸線との乗り継ぎは対象外ですので注意して下さい( 公式確認済み )。

特例で特急に乗れる!?

特急列車しか走っていない区間が存在する等のためにできた措置がこれになります。乗ることができるのは次の区間です。
路線名 区間
石勝線 新得~新夕張
宮崎空港線 宮崎~宮崎空港
※宮崎~宮崎空港間は普通列車も走っているが利便性を考慮し対象内。
但し、この区間を越えて乗る場合は別に乗車券も必要となりますので気をつけて下さい。
2016年3月26日の北海道新幹線開業により若干ルールが変わりました。(次項参照)

北海道へはどうしたら行けるの?

「オプション券」を購入することにより、奥津軽いまべつ~木古内の北海道新幹線、木古内~五稜郭のいさりび鉄道が片道利用出来るようになります。この区間での途中下車は出来ません。北海道~本州を往復するにはオプション券を2枚購入する必要があり、ちょっとした出費になりますが、使えなくなるわけではありません。

日付を跨ぐ場合は?

日付を跨ぐ場合は東京や大阪などの一部区間を除き、午前0時を過ぎて次に停車する駅まで有効です。逆に言えば、午前0時を過ぎて次に停車する駅から有効にすることもできるので、午前0時を過ぎて次に停車する駅までの乗車券を予め買っておき、車内で両方を見せて車内で改札(日付を記入してもらう)をしてもらうという事もできます。
東京・大阪の大都市では最終列車の着駅まで有効ですが、その着駅が近郊区間の外へ出ていく列車の場合は近郊区間の末端駅からの乗車券が必要になります。