ボリスとは


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アノマラドでは珍しいグレーブルーの瞳と、腰まで長く伸ばした紫色の髪が印象的な少年剣士で、歳はルシアンと同じ17歳。いつも黒い服だけを着ている。

あまり大きい体格では無いにもかかわらず、両手剣と大剣を自由自在に扱うほどの力と、すぐれた技術を併せ持ち、その由来さえも知られていない影剣術という非常に特異な剣術を使う。
彼の愛剣、ウィンタラー(Winterer)は、 7年前に事故で命を失ったボリスの兄イェーフネン・ジンネマンの遺品で、本来は強力な魔力を持つ魔剣だが今はある理由のためその力は封印されており、その能力は平凡なバスタードソードそのものに過ぎない。

ボリスはいかなる状況でも冷静で落ち着きを失わない性格で、いつも暗い表情のポーカー・フェイスだ。物事には合理的に行動するが、ややシニカルな所もあり、極めて個人主義者である。特別な場合を除いて絶対に他人に干渉せず、他人と係ること自体を非常に避けている。



護衛剣士という現在の職業に似合わず、本来トラバチェスの有力家系であったジンネマン家の次男坊として生まれたが、一家の沒落と兄の死以後、どこにも身を落ち着けず彷徨う放浪者になった。



兄の死に疑問を抱き、事故の真相を解き明かすための情報を捜して大陸を流浪していた途中、偶然危機に遭遇したドメリン・カルツを助けた事がきっかけで、兄の死に関する調査の支援を条件にドメリンの息子のルシアンを護衛するガードとなる。最近はドメリンとルシアンがカルツ商団の継承問題でした賭けのおかげで、アノマラドの最南端にある港都市ナルビクでルシアンと共に王室直属ギルド、アクシピターで活動している。