蔵本書記生失踪事件


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

蔵本書記生失踪事件(くらもとしょきせいしっそうじけん)は、1934年に発生した日本外交官失踪騒動。日本側が中国側によるテロと早合点したために、あわや日中両国の軍事衝突寸前にまで陥った。

概要

1934年6月8日、当時中華民国の首都であった南京総領事館に勤務する書記生蔵本英昭(当時)が突然行方不明となった。当時の南京駐在総領事であった須磨弥吉郎は当時の中華民国国内の反日感情から蔵本は中国人拉致されて殺害されたものと判断して、当時の南京国民政府に対して抗議を行ったのみならず、海軍に要請してたまたま東シナ海にいた第三艦隊旗艦出雲揚子江に侵入させて南京近くまで遡上させて責任を追及する態度を示した。

この強硬な日本の態度ために中華民国の世論は激昂して日中両国の衝突は避けられないとの見方も出た。これを憂慮した汪兆銘が須磨の説得にあたったものの、須磨は「全ての責任は中国側にある」との一点張りであった。

ところが失踪から5日後の6月13日になって当の蔵本書記生が明孝陵の裏山にいるところを地元警察が保護、医師の診断の結果、人事や待遇面の不備に由来する上司に対する不満からきたノイローゼである事が判明した。この余りにもお粗末な顛末に日本は内外からの顰蹙を買う羽目に陥った。

関連項目




出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2008年12月10日 (水) 18:26。












     
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。