ポーツマス条約


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ポーツマス条約(ポーツマスじょうやく)は、日露戦争の講和条約日露講和条約とも。1905年(明治38年)9月5日15時47分に、アメリカ合衆国大統領セオドア・ルーズベルトの斡旋によって、アメリカ合衆国ニューハンプシャー州ポーツマス近郊のメイン州にあるポーツマス海軍造船所において、日本全権小村寿太郎とロシア全権セルゲイ・ウィッテの間で調印された。また、条約内容を交渉した会議(同年8月10日-)のことを 日露講和会議ポーツマス会議ポーツマス講和会議と呼ぶ。

交渉の経緯

thumb|270px|ポーツマス会議。写真中の会議で使われたテーブルは[[博物館明治村にて展示されている]] 日露戦争において終始優勢を保っていた日本は、これ以上の戦争継続が国力の面で限界であったことから、当時英仏列強に肩を並べるまでに成長し国際的権威を高めようとしていた米国に仲介を依頼し交渉を行った。

当初ロシアは強硬姿勢を貫き「たかだか小さな戦闘において敗れただけであり、ロシアは負けてはいない。まだまだ継戦も辞さない。」という主張を行っていたため、交渉は暗礁に乗り上げていたが、これ以上の戦争の継続は不可能である日本が譲歩し、この調停を成功させたい米国がロシアを説得するという形で事態を収拾し、戦争賠償金には一切応じないという最低条件で交渉は締結した。日本が困難な外交的取引を通じて辛うじて勝利を勝ち取った。

この条約において、日本は、満州南部の鉄道及び領地の租借権、大韓帝国に対する排他的指導権などを獲得したものの、戦争中に軍事費として投じてきた国家予算の約4倍にあたる20億円を埋め合わせるはずの戦争賠償金は取得することができなかったため、戦時中に増税による耐乏生活を強いられてきた日本国民が日比谷焼打事件などの暴動を起こした。

なおセオドア・ルーズベルトはこの条約仲介の功が評価されて、1906年(明治39年)にノーベル平和賞を受賞している。

ポーツマス条約概要

  • 日本の朝鮮に於ける優越権を認める
  • 日露両国の軍隊は、鉄道警備隊を除いて満洲から撤退する
  • ロシアは樺太の北緯50度以南の領土を永久に日本へ譲渡する
  • ロシアは東清鉄道の内、旅順長春間の南満洲支線と、付属地の炭鉱の租借権を日本へ譲渡する
  • ロシアは関東州(旅順・大連を含む遼東半島南端部)の租借権を日本へ譲渡する
  • ロシアは沿海州沿岸の漁業権を日本人に与える

参考文献

関連項目

外部リンク

Template:commonscat?



出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2008年12月19日 (金) 20:15。












     
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。