大韓帝国


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

大韓帝国(だいかんていこく、Template:lang?、テハンジェグク)とは、1897年 - 1910年李氏朝鮮が使用していた国号大韓国Template:lang?、テハングク)、韓国Template:lang?、ハングク)とも言った。また、現在の大韓民国(韓国)と区別するため、「旧韓国」と呼ばれることもある。冊封国時代と日本統治時代の狭間の短い時期であり、朝鮮半島最後の専制君主国である。

{{基礎情報 過去の国 |略名 = 韓国 |日本語国名 = 大韓帝国 |公式国名 = Template:Lang? |建国時期 = 1897年 |亡国時期 = 1910年 |先代1 = 李氏朝鮮 |先旗1 = Flag of Korea 1882.svg |次代1 = 日本統治時代の朝鮮 |次旗1 = Flag of Japan - variant.svg |次代2 = 大韓民国臨時政府 |次旗2 = Flag of South Korea.svg |国旗画像 = Flag of Korea 1882.svg |国旗リンク = 太極旗 |国旗説明 = 太極旗 |国旗コメント = 太極旗 |国旗幅 = |国旗縁 = |国章画像 = Ihwamun.jpg |国章リンク = 李王家 |国章説明 = 李花紋 |国章幅 = |標語 = |国歌名 = 愛國歌 |国歌 = |国歌追記 = (en) |位置画像 = Locationmap Korea.png |位置画像説明 = |公用語 = 韓国語 |首都 = 漢城 |元首等肩書 = 皇帝 |元首等年代始1 = 1897年 |元首等年代終1 = 1907年 |元首等氏名1 = 高宗光武帝 |元首等年代始2 = 1907年 |元首等年代終2 = 1910年 |元首等氏名2 = 純宗隆熙帝 |首相等肩書 = 首相en) |首相等年代始1 = 1905年 |首相等年代終1 = 1905年 |首相等氏名1 = Template:lang? |首相等年代始2 = 1905年 |首相等年代終2 = 1907年 |首相等氏名2 = 朴斉純 |首相等年代始3 = 1907年 |首相等年代終3 = 1909年 |首相等氏名3 = 李完用 |首相等年代始4 = 1909年 |首相等年代終4 = 1910年 |首相等氏名4 = 朴斉純 |首相等年代始5 = 1910年 |首相等年代終5 = 1910年 |首相等氏名5 = 李完用 |面積測定時期1 = |面積値1 = |人口測定時期1 = |人口値1 = |変遷1 = 朝鮮国より改称 |変遷年月日1 = 1897年10月12日 |変遷2 = 第二次日韓協約調印 |変遷年月日2 = 1905年11月17日 |変遷3 = ハーグ密使事件 |変遷年月日3 = 1907年6月 |変遷4 = 伊藤博文暗殺 |変遷年月日4 = 1909年10月26日 |変遷5 = 日韓併合により消滅 |変遷年月日5 = 1910年8月29日 |通貨 = ウォン |時間帯 = |夏時間 = |時間帯追記 = |ccTLD = |ccTLD追記 = |国際電話番号 = |国際電話番号追記 = |注記 = 註1 : 首相の肩書は初め総理大臣、後に議政大臣となった。 }}

概要

李氏朝鮮時代と日清戦争

Template:Main2?

1875年(明治8年)の江華島事件により、翌年(明治9年)朝鮮国は日本と結ぶことになった日朝修好条規を始め、アメリカフランスなどの欧米諸国と不平等な条約を結ぶことになった。朝鮮国内では清との宗属関係を脱して近代化を求める者と清との宗属関係を維持すべきだという者とに分かれ、対立、そうした中で1882年(明治15年)、壬午事変が起こり、日本と清の双方はこれを鎮圧することを理由として出兵、日本と清の対立は決定的となった。こうして、1894年(明治27年)に日清戦争が勃発し、1895年(明治28年)に日本が清に勝利、下関条約を締結した。この条約により、日本は清に朝鮮が自主独立国であることを認めさせた。朝鮮国から清国に対する貢・献上・典礼等を廃止させた。これは、当時の朝鮮半島が明治日本及び清朝が共に自らの勢力圏におさめようと画策する日清両国の角逐の場であったため、この戦争の勝利により半島における清朝の影響を排して日本の権益伸張を確立するためであった。

冊封体制からの離脱

朝鮮国王高宗はロシア公使館に逃れていたが慶雲宮へ戻った。1897年(明治30年)にもはや清の服属国でなくなった以上、王号を使用することは望ましくないという儒者の建言に従い以下の改革が実施された。国号を大韓と改め、元号も前年のグレゴリオ暦への改暦にともなって定めた「建陽」から「光武」に改元し、高宗は10月に皇帝に即位した。清の冊封の象徴であった迎恩門や「恥辱碑」といわれる大清皇帝功徳碑を倒して独立門を立て独立を記念した。

近代化と日本の保護国へ

1899年(明治32年)には清と韓清通商条約を結び、独立協会を弾圧して、立法機関である校正所において国家基本法である9ヶ条の「大韓国国制」を制定、近代化を目指す光武改革を推進し土地調査や鉱山開発など殖産興業政策を実施するが、財源不足や諸外国の外圧により利権を奪われるなどして挫折する。

1905年(明治38年)、第二次日韓協約韓国統監府が設けられて日本の保護国となった。この時、イギリスが大韓帝国の永世中立国化を提案した。Template:要出典?

韓国併合と併合後

1910年(明治43年)の日韓併合条約の締結により日本に併合され、大韓帝国は滅亡した。大韓帝国の皇帝は、日本において1910年(明治43年)の詔勅 ()により、昌徳宮李王に遇された。

年表

Template:朝鮮の歴史?

政治

大韓国国制

1899年の大韓国国制により、

  1. 大韓帝国が自主独立の国であること、
  2. 大韓帝国の政治は万世不変の専制のであること、
  3. 皇帝が無限の君権を享有すること、
  4. 皇帝は不可侵であること、
  5. 皇帝が統帥権を有すること、
  6. 皇帝が法律制定権、恩赦権を有すること、
  7. 皇帝が行政各部の官制及び俸給を定めること、
  8. 皇帝が官吏の昇任降格を決定し、栄典を授与すること、
  9. 皇帝が外交権を有すること、

関連項目

Template:Commonscat?




出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2008年12月15日 (月) 19:59。












     
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。