下関条約


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

下関条約(しものせき じょうやく)とは、1895年4月17日日清戦争後の講和会議で調印された講和条約の通称。日清講和条約(正字体:日清媾和條約 Template:DEFAULTSORT:?にっしんこうわじょうやく)ともいう。会議が開かれた山口県赤間関市(あかまがせき-し、現在の下関市の別称である「馬関」「赤間関」は本来は「赤関」で、江戸時代の漢学者がこれを漢文風に縮めて「馬関」としたもの。をとって、馬関条約(ばかん じょうやく)と呼ばれた条約調印後に「馬関」が「下関」になっても、「馬関海峡」が「関門海峡」になっても、この「馬関条約」は長らく使われ続けた。「下関条約」という言い換えが完全に定着するのは戦後になってからである。。「下関条約」はこの「馬関条約」の言い換えである。なお中国語では現在でも「馬關條約」という。

== 概説 ==


開港開市の規定などについては、英仏などの欧米列強は既に最恵国待遇を得ていたので、日本も同じ恩恵に預かることが出来た。

なお賠償金のテール(両)は、1テール=37.3gで2億両(745万kg相当)の銀払いであった。その後の三国干渉による遼東半島の代償の3000万両(112万kg)を上乗せして合計800万kg(現在価値で銀1kgが5,000円程度なので、4000億円前後。当時価格で日本の国家予算8,000万円の4倍強の3億6000万円前後)以上の銀を日本は中国に対して3年分割でイギリス・ポンド金貨にて支払わせた。日本はこれを財源として長年の悲願であった金本位制への復帰を遂げた。

日清講和記念館

講和会議が行われた割烹旅館「春帆楼」の敷地内には1937年に日清講和記念館が設置され、会議に関係する資料が公開されているほか、館内には会議の様子が再現されている。

脚注

関連項目




出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2008年10月21日 (火) 15:13。











       
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。