粛軍演説


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

粛軍演説(しゅくぐんえんぜつ)は1936年昭和11年)5月7日帝国議会衆議院斎藤隆夫が行った演説。

概要

寺内寿一陸軍大臣に対する質問演説。「革新」の実体の曖昧さを突き、広田内閣の国政改革の大要の質問を行った後、軍部革正(粛軍)を軍部に強く要請すると同時に議会軽視の傾きのあった軍部への批判演説である。

この演説は1時間25分に及ぶ長演説となった。

斎藤は、『回顧七十年』で
「都下の大新聞はいずれも第一面全部にそれぞれ大文字の標題を掲げ、私の演説中の粛軍に関する速記を満載して、議会未曽有の歴史的大演説であると激賞した」
といくつかの報道を紹介している。<ref name="shukugun-kaiko">『回顧七十年』「粛軍に関する質問演説」より。そして
「私は死すとも、この演説は永くわが国の憲政史上に残ると思えば、私は実に政治家としての一大責任を果したる心地がした」
と感想を述べている。

関連項目




出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2008年4月25日 (金) 23:02。












     
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。