佐幕


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

佐幕さばく)は、動乱の幕末期によく使われた言葉で、「幕府を補佐する」の意。 しばしば倒幕派と対比するために佐幕派とも呼ばれる。

佐幕といっても、勤王攘夷の志はあるものの、朝廷より征夷大将軍の宣下を受けて大政を預かっている幕府あってこその尊王攘夷である、という考えを持つものもいた(尊皇佐幕)。佐幕は朝廷に反対意見で対抗した。

関連項目


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2008年11月13日 (木) 09:41。












     
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。