憲政会


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

憲政会(けんせいかい)は、大正期から昭和初期にかけて護憲運動の中心となった政党

概要

1916年(大正5年)10月10日第2次大隈内閣与党であった加藤高明を総裁とする立憲同志会(加藤の他に河野広中若槻禮次郎濱口雄幸安達謙蔵片岡直温ら)に立憲政友会に不満を持つ尾崎行雄中正会公友倶楽部などの諸政党が合同して結成する。総裁には加藤が就任して、総務7名(尾崎行雄・武富時敏高田早苗・若槻禮次郎・濱口雄幸・安達謙蔵・片岡直温)がこれを補佐した。当初は198議席を有して衆議院第1党であった。

しかし次の寺内内閣に対して野党の立場を取ったために次の総選挙で大敗し、以後第39~48議会1917年(大正6年)‐1924年(大正13年))において立憲政友会につぐ第2党として元老の否認やシベリア出兵反対、労働組合の公認、憲政の常道に基づく政権交代を主張したものの、政友会の原敬総理大臣として政党内閣を組織して国民の人気を集めた時期と重なり、「苦節十年」とも呼ばれる長期低落傾向が続いた。だが、都市部において支持を獲得して1924年第2次護憲運動の主力となり、第15回衆議院議員総選挙では151議席を獲得して第1党に返り咲いて清浦内閣を倒し、加藤高明を首班とする護憲三派(憲政会・立憲政友会・革新倶楽部)内閣を実現させて普通選挙法などを実現させた。後に憲政会単独内閣を組織する。加藤の死後は若槻禮次郎が総理・総裁に就任するが、昭和金融恐慌で政権は崩壊、1927年(昭和2年)には政友会から分裂した政友本党と合同して、立憲民政党となった。

歴代総裁

  1. 加藤高明(1916年10月10日-1926年1月28日、死去)
  2. 若槻禮次郎(1926年1月29日-1927年6月1日、立憲民政党に合流)

参考文献

関連項目




出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_ 2008年10月27日 (月) 22:35。












     
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。