便衣兵


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

便衣兵(べんいへい)は、戦争のルールを定めた「ハーグ陸戦条規」等では、本来兵士戦闘服などを着用し、一般市民と見分けのつく服装をしなければならないとされているが、一般市民と同じ私服・民族服などを着用して敵にあたかも非武装の市民だと思わせ、不意に攻撃に入るなどの戦術をする兵士のこと。

近年、一定の交戦法規を遵守するレジスタンスは区別されるようになっている。

便衣とは、本来中国語の「長い服」を意味する。戦闘など活動的な仕事に従事する場合は、「短い服」を着用すべきところであるが、昔の中国では、肉体労働をしない者が「長い服」を着るとされるため、一般市民にまぎれての行動につき、実際に長くなくても「私服」と云う意味でこの語が使われる。




出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2006年4月5日 (水) 06:27

考察
南京大虐殺の時、国際法に違反する便衣兵を殺害したのだから虐殺ではないと言うバカがいるが、バカとしか言いようがない。なぜなら、国際法違反の便衣兵などいなかったからだ。

  • 便衣(軍服でない服装)での行動は違反ではない。私服で戦闘行為を行った時に国際法違反となるが、私服での戦闘行為が行われた形跡はない。
  • 戦闘行為を行った便衣兵を戦闘時以外に処刑する場合は、裁判で証明する必要があるが裁判記録がなく、裁判を行っていない。(戦犯裁判で、弁護側は裁判を行ったはずと主張したが、記録は提出されなかった。
  • 日本軍の記録に、不意をつかれて被害がでたという記録があるが、単に不意をつかれただけのことで夜襲と同じで違反行為でない。










    
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。