松井石根


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Template:Infobox 軍人?

松井 石根まつい いわね明治11年(1878年7月27日 - 昭和23年(1948年12月23日)、中支那方面軍司令官兼上海派遣軍司令官、ハルピン特務機関長、陸軍大将正三位勲一等功一級ポツダム宣言受諾後、南京大虐殺の責任を問われて極東国際軍事裁判(東京裁判)にて死刑判決(BC級戦犯松井は東京裁判でA級戦犯容疑で起訴されて有罪判決を受けたが、「a項-平和に対する罪」では無罪であり、訴因第55項で有罪となったため、実際にはBC級戦犯である。しかし、世間では東京裁判が日本の戦争犯罪人を裁く裁判として強く印象に残っていること、東京裁判は「a項-平和に対する罪」によって有罪判決を受けた被告で殆ど占められたために「東京裁判の被告人=A級戦犯」という印象が強く、松井石根がA級戦犯であるという認識が浸透している。)を受け、処刑された。現在は靖国神社に合祀されている。

生涯

出自

愛知県出身。旧尾張藩士松井武国、ひさの六男として生まれた。成城学校から陸軍士官学校(9期次席)、陸軍大学校(18期首席)を卒業。陸大在学中に日露戦争に従軍した。

中国に駐在中は孫文大亜細亜主義に強く共鳴し、孫文革命を支援。中国国民党袁世凱打倒に協力。昭和8年(1933年)に大亜細亜協会の設立発起人となり(後に会長に就任)、同年8月には台湾亜細亜協会を設立した。また日本に留学した蒋介石とも親交があり、蒋が政治的に困難な際に時の日本の首相田中義一との会談を取り持ち事態を打開させたのも松井である。昭和9年(1934年)4月勲一等旭日大綬章軍紀に厳しいことで知られ、昭和3年(1928年)に起きた張作霖爆殺事件では、首謀者である関東軍河本大作の厳罰を要求した(この事から、若手の将校の間では、松井を頑固者扱いして、敬遠する声も多かったと言われている)。

日中戦争期

日中戦争勃発前は予備役であったが、第二次上海事変が勃発すると軍務に復帰、上海派遣軍司令官として上海に派遣された。参謀本部と政府は上海事件の不拡大を望んでいたが、松井は上海近辺に限定されていた権限を逸脱して、当時の首都南京を攻撃・占領した。その際に南京攻略戦前に当時の中国の首都であった“南京攻略要綱”を兵士に徹底していたつもりであったが、南京戦後に、一部の兵士によって略奪行為が発生したと事件の報を聞いたとき、彼は「皇軍の名に拭いようのない汚点をつけた」と嘆いたという。

昭和13年3月に帰国後に、静岡県熱海市伊豆山に滞在中に、今回の日中両兵士の犠牲は、アジアのほとんどが欧米諸国の植民地がいずれ独立する事の犠牲であると位置づけ、その供養についての考えている事を、滞在先の宿の主人に相談したところ、昭和15年(1940年)2月、日中戦争における日中双方の犠牲者を弔う為、静岡県熱海市伊豆山に興亜観音を建立し、自らは麓に庵を建ててそこに住み込み、毎朝観音経をあげていた。巣鴨プリズンに収監されてからも毎朝、観音経をあげるのが習慣だった。また、重光葵によると、人の依頼に応じて揮毫する文字は決まって「殺身為仁」であり、獄中では常に人民服姿だったという。

敗戦と東京裁判

戦後、戦争犯罪人として逮捕、極東国際軍事裁判において起訴される。そして松井が司令官を務めた中支那方面軍が南京で起こしたとされる不法行為について、その防止や阻止・関係者の処罰を怠ったとして死刑の判決を受けるラダ・ビノード・パール判事は、南京で日本軍による一定の犯罪行為の存在を認定する一方で、「裁判の在り方自体に有効性がないため『有罪』という概念そのものが成立しない」との立場から、松井を含めた被告全員の無罪を主張した。

処刑

昭和23年(1948年)12月23日に巣鴨プリズン内で処刑(絞首刑)が執行された。辞世の句は、「天地も人もうらみずひとすじに 無畏を念じて安らけく逝く」、「いきにえに尽くる命は惜かれど 国に捧げて残りし身なれば」、「世の人にのこさばやと思ふ言の葉は 自他平等誠の心」。昭和53年(1978年)年、他のA級戦犯と共に靖国神社へ合祀された。

評価

中国の見方

現在の中国においては、国民党、共産党を問わず、南京大虐殺の責任者として松井は日本軍による非道の象徴的人物と位置づけられており、単なる軍司令官にもかかわらず、国家中枢にあったとされるA級戦犯と同格に位置づけられている。

 

年譜

関連項目

資料

外部リンク




出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2008年12月20日 (土) 10:36。





 




考察
松井大将は、南京の軍事法廷で裁くべきであった。そうすれば、谷寿夫は死なずにすんだであろう。










    
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。