陸軍記念日


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

陸軍記念日(りくぐんきねんび)は、大日本帝国陸軍の場合、戦前・戦中の休日のことで、3月10日

1905年3月10日、日露戦争奉天大会戦で日本軍が勝利し、奉天(現在の瀋陽)を占領し、奉天城に入場したのがこの日であった。これを記念して翌1906年から休日としたもの。

1945年の敗戦(第二次世界大戦)に伴い廃止された。

1945年東京大空襲は、意識的にこの日を狙って行なわれたと言われている。実際には、当時の日本でこの記念日にアメリカの大規模な攻撃があるとの噂が流布しており、この噂が後になってのも事実であるかのように出回ったものである。日本では、事実とする書籍や資料が存在するが、アメリカ側の資料では確認出来ない。因みに海軍記念日5月27日。5月27日には空襲はなく、2日前の5月25日東京大空襲、2日後の5月29日横浜大空襲があった。

世界の陸軍記念日

関連項目




出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2008年9月18日 (木) 09:11。












     
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。