小磯國昭


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Template:日本の内閣総理大臣?

小磯 國昭(こいそ くにあき、「國」は「国」の正字体、1880年明治13年)3月22日 - 1950年昭和25年)11月3日)は、日本の第41代内閣総理大臣陸軍大将従二位勲一等功二級

経歴

栃木県宇都宮山形県士族で警察署警部・小磯進の長男として生まれる。山形県中学校陸軍士官学校(12期)・陸軍大学校(22期)卒業。陸軍省軍務局長関東軍参謀長朝鮮軍司令官・朝鮮総督などを歴任。

朝鮮軍司令官時代に、大命が降下された宇垣一成から陸相入閣要請があった。この要請は軍部大臣現役武官制のため、陸軍が陸相候補を擁立拒否をしたため、現役武官だった小磯を入閣させて、宇垣内閣を発足させることを意図したものであった。結局、小磯は入閣しなかったため、宇垣内閣は組閣流産となった。

1922年(大正11年)の欧州航空兵力視察の経験から、空軍力の充実が持論であった。1948年(昭和23年)、戦犯として極東国際軍事裁判で終身禁錮刑となり、巣鴨プリズン内で食道癌により死去。Template:享年?

首相就任後の迷走

アメリカ軍が本土に迫り風雲急を告げるとき、後継首班の選出はあまりにも安易なものだった。東條英機を退陣させることで重臣の意見が一致し、東条内閣を倒閣した後の後任選びとして、南方軍司令官の寺内寿一と小磯の2人に絞られ、前線指揮官の寺内は動かせないということで、朝鮮総督だった小磯に落ち着いた。重臣達は東条内閣を倒すことのみに目が向いて後任として誰を擁立するかを考えていなかったとされる。

昭和天皇は『昭和天皇独白録』において、「小磯は三月事件1931年/昭和6年 3月に発覚した、大日本帝国陸軍によるクーデター未遂事件)にも関係があったと云われてゐるし、又神がヽりの傾向もあり、且経済の事も知らない」と述懐している。首相になった時には、予備役にまわされてから7年も経っており、「日本はこんなに負けているのか」と発言するほど、非常に戦況には疎かった。また、予備役のまま組閣した事から、規則で戦局を検討する大本営の会議にも出席させてもらえないという有様だった。軍部だけではなく、近衛文麿木戸幸一の両名も小磯への不信感は強く、近衛の発案で小磯と元首相で海軍の重鎮米内光政の二人に「協力して内閣の組織を命ずる」という大命を降下させ、これを異例の「小磯・米内連立内閣」とした。ただし官制上は小磯が首相、米内が海相で、この苦心の策も実際にはあてが外れてしまった。

小磯は米軍に一撃を加え、その機会を狙って対米講和に臨むハラだった。しかし、肝心の陸軍、中でも統帥部が小磯の意向通り動かず、最高戦争指導会議で小磯が発言すると、秦彦三郎陸軍参謀次長が「近代的作戦用兵を知らない首相は口出しするな」とたしなめる有様であった。陸軍省内では「この内閣は2ヶ月で潰す」という放言がまかり通っていたとされる。その理由として、小磯は陸軍の超エリートというわけではなかったことを挙げることが出来る。小磯の陸大での成績は同期55人中33番。20番以下の成績で、小磯ほど出世した者は他にはいなかった。若い頃はドサ回りが多く、陸軍内の強固な派閥につながっていなかった。このあたりも、小磯の陸軍内での人気に微妙な影を落としていた。ただ、小磯には他の将軍たちに見られない柔軟さがあったと言える。1930年(昭和5年)、軍務局長に抜擢されると意外な実力を発揮し、人付き合いもよく、耳学問と読書で知識を吸収した。その演説は理論構成もしっかりし、表現力も豊かで一級品といわれた。軍務局長という難しいポストをこなし、頭角を現した。

また、小磯は大変な美声の持ち主で、「河鹿」というあだ名があった。満州事変の頃、東京花柳界では白頭山節が流行ったが、これを歌わせて小磯の右に出る者はなく、小磯が歌うと芸者が三味線のバチを投げ出すほどだった。

しかしいくら柔軟で交友関係が広く演説が巧みでも、各方面から不信感を持たれたのでは難局の指導者は務まらなかった。アメリカ軍に一撃を加えるどころかレイテ沖海戦などで手痛い打撃を受け、東京をはじめとする本土空襲は強まり、焦った小磯は現役に復帰して陸相を兼務し指揮体制の一元化を図ろうとするが、陸軍の反対で潰されてしまう。また今で言う政治ブローカーを使って中国との和平工作(繆斌工作)も行おうとしたが、過去に繆と接触した経験があり、信頼できない人物だと確信していた外相・重光葵の反対にあった。この事が原因で1945年4月7日に成立から約8ヵ月半で小磯内閣は総辞職となる。

ちなみにナチス・ドイツの宣伝省大臣のヨーゼフ・ゲッベルスはその日記で、「小磯内閣には戦争を続ける力が無い」と記し、日本がドイツより先に降伏して、ドイツが単独で戦争を続けなければならなくなる事に懸念を示していた(実際にはドイツは5月降伏で日本は8月降伏であり、降伏したのはドイツが早かった)。

八方塞がりの中、小磯内閣は8ヶ月の短い生命を終えた。

家族

  • 妻・馨子(新潟県士族牧口義方五女)
  • 長男・昭一
  • 長女・美智子

年譜

関連項目

外部リンク




出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2008年4月7日 (月) 22:55。












     
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。