山縣有朋


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Template:日本の内閣総理大臣? Template:Infobox 軍人?

山縣 有朋やまがた ありとも1838年6月14日天保9年閏4月22日)- 1922年大正11年)2月1日は、日本政治家軍人。幼名は辰之助、通称は小輔、後に狂介と改名。明治維新後は有朋のを称した。

奇兵隊を率いて倒幕で活躍。明治新政府では日本陸軍の基礎を築いた。晩年は陸軍のみならず政界の黒幕として君臨し、「日本軍閥の祖」の異名をとった。第3代、第9代内閣総理大臣元老。位階勲等は元帥陸軍大将従一位大勲位功一級公爵。また、大英帝国メリット勲章も受章している。

経歴

幕末期

萩城下近郊の阿武郡川島村(現・山口県萩市川島)に、長州藩の中間・山縣有稔の長男として生まれる。将来は槍術で身を立てようと少年時代から槍の稽古に励んでいた。

久坂玄瑞の紹介で吉田松陰が主催する松下村塾で学び、山縣自身は生涯「自分は松陰先生門下である」と称し誇りにしていたただし、現存する資料から山縣の在塾期間が極めて短かったことが判明しており、実際に松陰からどの程度の薫陶を受けたかは不明である。。松陰の文章における山縣の初出は、1857年安政4年)9月26日付の岸御園宛書簡である。同書簡中、「有朋の如何なる人たるかを知らず」とその人物を岸に照会していることからも、来塾前の山縣が松陰と一面識もなかったことを知ることが出来る。

その後奇兵隊尊皇攘夷運動に参加した。奇兵隊のリーダー高杉晋作は身分に囚われなかったため、元の身分が極めて低かった山縣が世に出るきっかけとなった。1863年文久3年)高杉晋作教法寺事件の責を負い総督の任を解かれた際には三代目総管赤根武人とともに奇兵隊軍監に就任、赤根武人が出奔した後は事実上実権を握った。1866年慶応元年)四代目総管に就任し、長州征討高杉晋作と共に活躍、戊辰戦争では北陸道鎮撫総督・会津征討総督の参謀となった。

明治維新後

1869年明治2年)渡欧し、各国の軍事制度を視察する。翌年帰国した後は暗殺された大村益次郎の遺志を継いで軍制改革を行い、徴兵制を取り入れた(徴兵令)。1872年(明治5年)、山縣は陸軍出入りの商人、山城屋和助に陸軍の公金を不正融資して焦げ付かせる。いわゆる山城屋事件である。山城屋の証拠隠滅工作により山縣に司法の追究は及ばなかったが、責任を取る形で辞職。1873年(明治6年)に陸軍卿となり、参謀本部の設置、軍人勅諭の制定にかかわった。

1883年(明治16年)には内務卿に就任して、市制町村制府県制郡制を制定した。

1889年(明治22年)に内閣総理大臣に就任。超然主義をとり軍備拡張を進める。第1回帝国議会では施政方針演説において「主権線」(国境)のみならず「利益線」(朝鮮半島)の確保のために軍事予算の拡大が必要であると説いた。1891年(明治24年)に辞任第1回帝国議会での予算案審議に際し、立憲自由党議員の一部を買収して予算案を通過させたことに対する批判の責任を取ったもの。し、元老となる。日清戦争日露戦争では戦争遂行の指揮をとったが的外れのものが多く、日清戦争時は「天皇に軍情報告せよ」という名目で第一線から呼び返されたこともある。

1898年(明治31年)、第2次山縣内閣発足。

1899年(明治32年)、文官任用令を改正省庁、特に内務省の高級官僚から憲政党などの政党員を締め出し、子飼いの官僚を多く配置するためである。この努力も、のちに原敬によって押し戻される結果になる。。文官懲戒令文官分限令を公布。

1900年(明治33年)3月10日、政治結社・政治集会の届出制および解散権の所持、軍人・警察官・宗教者・教員・女性・未成年者・公権剥奪者の政治運動の禁止、労働組合加盟勧誘の制限・同盟罷業(ストライキ)の禁止などを定めた治安警察法を制定し、政治・労働運動などの弾圧を進めた。

続いて3月29日衆議院議員選挙法を改正し、選挙権を地租または国税15円以上から10円以上に緩和(さらに、国税は過去3年間から2年間に緩和。地租は1年間で変化無し)すると共に、小選挙区制(一部完全連記制の中選挙区制)から大選挙区制(一部小選挙区)に改めた。市制を執行している自治体はそれぞれ独立した選挙区とし、都道府県の郡部でそれぞれ1選挙区とした。このため、東京・大阪・名古屋などを除く大部分の都市は人口が少なく、定数1の小選挙区となった。また、記名投票秘密投票に改め、小学校教員の被選挙権を禁止した。山縣は政党政治を嫌い、議会勢力と一貫して敵対した(超然主義)。

小選挙区制は強大な政党が生まれやすいことから、大選挙区制に改め、小党を分立させれば議会の懐柔がしやすくなるという計算があった。また、政党が農村部で発達し始めたことから、選挙区の組み替えや国税納付の資格を緩和することで、これまでの地盤を破壊し、政府や都市部の意向を反映した議員を生み出しやすくする狙いがあったといわれる。もっとも、小選挙区が残ったこと、政党そのものが発展途上の時期であったことなどから、大選挙区制の下でも、むしろ議席は大政党への集中が進んだ。同年10月辞任政敵である伊藤博文立憲政友会を設立し、総裁に就任したことに伴うもの。辞任に際して後任に伊藤を推薦した。政友会設立直後のため体制が整っておらず混乱することを見越してのことである。。

陸軍のドン

以後は、陸軍・内務省・宮内省・枢密院などにまたがる「山縣系官僚閥」を形成して、陸軍では桂太郎寺内正毅、官僚では清浦奎吾平田東助らの後ろ盾となって政治に関与するようになる。日露戦争では参謀総長として日本を勝利に導いたこと(ただし明治天皇は、山縣より桂を信頼しており、山縣の頭越しに桂へ諮詢することもあった)、伊藤博文暗殺されたことにより、明治末期から大正初期にかけては山縣の発言力は増大した。

だが、桂の自立(大正政変を参照)、大正デモクラシー社会運動の高揚、第1次世界大戦など、山縣は次第に時代の変化に追いつけなくなり、桂の死後には寺内や清浦らも独自の道を歩みだすようになる。そのような中で政党内閣の時代を迎え、やがて宮中某重大事件を巡る対応の拙さから山縣の政治的な権威は大きく失墜した。

宮中某重大事件の後、ほどなくして山縣は失意のうちに逝去する。Template:享年?

山縣への評価

周囲の評価

200px|thumb|[[護国寺内 山縣有朋墓]]

right|200px|thumb|晩年を過ごした[[古稀庵 (小田原市)|古稀庵
神奈川県小田原市板橋]] 自由民権運動の弾圧や、大逆事件を積極的に推し進めたこと、宮中某重大事件での宮中への必要以上の容喙等から山縣の人気は生前から低かった。山縣の権威が失墜した宮中某重大事件は西園寺公望が山縣に相談したことをきっかけに山縣が動き始めたものであったが、世間では藩閥間の対立ばかりが強調されて捉えられて、結果的に山縣一人が「悪者」となった側面もある。しかし、この事件をきっかけに山縣を追い落とそうとした勢力が強かったという事やそれを後押しした世論が大きかった事を考えれば、山縣に反感を抱いていた人がいかに多かったかを示した事件との見方もある。

その死に際しては、維新の元勲として国葬が行われたが、参列したのは陸軍や警察の関係者がほとんどで、一般の参列はあまりなかった。これに対し、ほぼ同時期に行われた大隈重信の葬儀は、同じ首相経験者であり維新の元勲であったのにもかかわらず国葬にならなかったものの(「国民葬」とされた)、各界の著名人が出席し、一般参列者によってごった返すなどあまりに対照的だった。当時、新聞記者だった石橋湛山(後の首相)は山縣の死を「死もまた、社会奉仕」と評した。また、別の新聞では「民抜きの国葬」と揶揄された。

皇室でも不人気だったらしく、明治天皇は山縣に「キリギリス」というあだ名をつけていた。明治天皇は、陰険な山縣よりも、明朗快活で冷静であった伊藤博文や日露戦争を指導した桂太郎、幼馴染であった西園寺公望を信頼していた。また、大正天皇は、山縣が宮中に参内したとの知らせを聞くと、側近達に「何か、山縣にくれてやるものはないか?」と、尋ねることがしばしばであったという。言うまでもなく、何か参内の記念になるものをやって、さっさと帰らせようとしたのである。

また山縣がもつ異常なほどの権力への執心、勲章好きについて原敬は「あれは足軽だからだ」という一言で述べ、軽蔑の意を込めていた原敬は盛岡藩家老家出身である。。

現在東京中心部の道路は狭いといわれているが、明治期の基準ではむしろ異常なほど広い道路だった。この広い道路は将来の発展を考え、山縣が周辺の反対を押し切って作ったものである。これは彼の功績と言ってよい。

茶人として知られ、和歌も好んだ。また庭園好きとしても知られ、京都の無鄰庵、東京の椿山荘は、山縣が7代目小川治兵衛を抜擢して築かせたものである。他に大磯小淘庵小田原古稀庵がある。ただ、これらも謂わば成金趣味として眉をひそめる人が多かったと伝えられる。

軍内部に与えた影響

山縣の元長州藩出身の軍人ばかりを要職に就かせる手法は長閥と呼ばれ、嫌う者も非常に多かった。また近代日本初の大掛かりな汚職疑惑に絡み、一旦は辞職もしている(山城屋事件)。とはいえ、明治の元勲だけあって、軍部への影響力は計りしれないものがあった。

1912年(大正元年)に起きた「陸軍二個師団増設問題」において、第2次西園寺内閣陸軍大臣であった上原勇作に辞表を提出するように意見書を出している実際に送られた書簡をインターネットで閲覧できる。3-1 2個師団増設問題国立国会図書館)参照。。 陸軍内部でもこの問題への賛否が分かれていたが、最終的に辞表は提出された。そして、山縣の思惑通り、新たな陸軍大臣が推薦されることはなく、内閣は総辞職当時は軍部大臣現役武官制が施行されており、陸軍が新たな陸軍大臣を推薦しない限り、内閣総辞職をするほかなかった。して、第3次桂内閣が発足するに至ったただし、山縣自身は倒閣までは予期していなかった。西園寺内閣の総辞職とその後の桂の大命降下には、山縣により宮中に押し込められ、政権復帰を目指していた桂の策謀によるものが大きい。大正政変を参照。。これも寺内正毅と共に長州びいきを推し進めた結果である。しかし、寺内の死後、その勢力は急速に衰退し、山縣の死をもって長閥勢力の終わりは決定的となった。

しかし、昭和天皇は軍人として山縣のことを高く評価していたようである。昭和天皇の項目を参照。

栄典


系譜

山縣氏清和源氏多田氏の流れと言うが明確ではない。家名はその祖が安芸国山県郡今田村に住んだ事からとされる。父は蔵元付中間。母は中間岡治助の娘。家紋は丸に三つ鱗。

有朋には跡継ぎが無く、姉の壽子と勝津兼亮の次男伊三郎養子として迎える。伊三郎は枢密顧問官逓信大臣徳島県知事等を務める。有朋の姉、雪子は森山久之允に嫁す。伊三郎の子山縣有道は宮中に仕え侍従・式部官を務める。また、有朋の娘・松子と船越光之丞の三男有光を養子に迎え、山縣家分家として男爵を授爵された。有光は陸軍大佐・第21飛行団長。有道の子山縣有信栃木県矢板市長を務めた。

           (旧姓中村氏)
吉左衛門━吉左衛門尚政=三郎有稔┳有朋=伊三郎━┳有道━┳有信━━有徳━━有成
                ┃  ┗松子↑ ┃   ┃    
                ┣壽子     ┣清子 ┣美枝子 
                ┃ ├─伊三郎 ┃   ┃
                ┃勝津兼亮   ┣三郎 ┗美智子
                ┃       ┃
                ┗雪子     ┣吉朗
                        ┃
                        ┣壽美子
                        ┃
                        ┣五郎
                        ┃
                        ┣有光(船越光之丞三男、男爵)
                        ┃
                        ┗七郎
                        

脚注

関連項目

外部リンク



出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2008年6月26日 (木) 16:24












     
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。