二・二六事件


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

二・二六事件(ににろくじけん、にてんにろくじけん)は、1936年昭和11年)2月26日-29日に、日本において、陸軍皇道派の影響を受けた青年将校らが1483名の兵を率い、「昭和維新断行・尊皇討奸」を掲げて起こした未曾有のクーデター未遂事件である。事件後しばらくは「不祥事件」「帝都不祥事件」とも呼ばれていた。

事件概要

大日本帝国陸軍派閥の一つである皇道派の影響を受けた一部青年将校ら(20歳代の隊付の大尉から少尉が中心)は、かねてから「昭和維新・尊皇討奸」をスローガンに、武力を以て元老重臣を殺害すれば、天皇親政が実現し腐敗が収束すると考えていた。彼らは、この考えの下1936年(昭和11年)2月26日未明に決起し、近衛歩兵第3連隊、歩兵第1連隊、歩兵第3連隊、野戦重砲兵第7連隊らの部隊を指揮して

の殺害を図り、斎藤内大臣、高橋蔵相、及び渡辺教育総監を殺害、また岡田総理も殺害と発表された(但し誤認)。

その上で、彼らは軍首脳を経由して昭和天皇に昭和維新を訴えた。しかし軍と政府は、彼らを「叛乱軍」として武力鎮圧を決意し、包囲して投降を呼びかけた。反乱将校たちは下士官・兵を原隊に復帰させ、一部は自決したが、大半の将校は投降して法廷闘争を図った。

襲撃決意の背景

革命的な国家社会主義北一輝が記した『日本改造法案大綱』の中で述べた「君側の奸」の思想の下、天皇を手中に収め、邪魔者を殺し皇道派が主権を握ることを目的とした「昭和維新」「尊皇討奸」の影響を受けた安藤輝三野中四郎香田清貞栗原安秀中橋基明丹生誠忠磯部浅一村中孝次らを中心とする一部の青年将校は、政治家と財閥系大企業との癒着が代表する政治腐敗や、大恐慌から続く深刻な不況等の現状を打破する必要性を声高に叫んでいた。

これを危険視した陸軍中枢が陸軍士官学校事件において磯部と村中を免官したことも、彼等の中で上官に対する不信感を生んだ。陸軍中枢では「危険思想がある」と判断して、長期に渡り憲兵に青年将校の動向を監視させていた。皇道派統制派との反目は度を深め、統制派の領袖であった永田鉄山陸軍省軍務局長を、1935年昭和10年)8月12日白昼に相沢三郎中佐が斬殺する事件まで引き起こされた(相沢事件)。

1932年(昭和7年)に起きた五・一五事件で、犬養毅総理を殺害した海軍青年将校らが禁錮15年以下の刑しか受けなかったことも、一部の青年将校に影響を与えたと言われる。但し、五・一五事件は古賀清志海軍中尉らの独断による行動であって、将校としての地位を利用して天皇から預かった兵卒動員して事件を起こしたわけではない。

資金源は三井財閥がこのような時のために危険防止に用意した金で、民間人である渋川善助水上源一がこれを受け取り北ルートで安藤らに渡していた。このため三井は襲撃の対象とされなかったと言われている。

青年将校らは主に東京衛戍歩兵第1連隊、近衛歩兵第1連隊及び歩兵第3連隊に属していたが、第1師団満州への派遣が内定したことから、彼らはこれを「昭和維新」を妨げる意向と受け取り、第1師団が渡満する前に決起することとなった。そして、一部青年将校らは、1936年(昭和11年)2月26日未明に決起することを決定した。なお慎重論もあり、山口一太郎大尉や、民間人である北と西田税(北の弟子であり、国家社会主義思想家)は時期尚早であると主張したが、強硬論が勝った。

決起書は野中名義になっているが、野中がしたためた文章を北が大幅に修正したといわれている。

事件経過

陸軍将校の指揮による出動

反乱軍は襲撃先の抵抗を抑えるため、前日夜半から当日未明にかけて、連隊の武器を奪い、陸軍将校等の指揮により部隊は出動した。

歩兵第1連隊の週番司令山口一太郎大尉はこれを黙認し、また歩兵第3連隊にあっては週番司令安藤輝三大尉自身が指揮をした。事件当日はであった。

反乱軍は圧倒的な兵力や機関銃を保有しており、概ね抵抗を受けることなく襲撃に成功した。但し、総理官邸、渡辺大将私邸、高橋蔵相私邸及び牧野伯爵逗留地では、警備の警察官又は憲兵の激しい抵抗を受け、これらの警察官又は憲兵を殺害又は重傷を負わせている。また、渡辺大将自身も拳銃で応戦したとされている。

政府首脳・重臣への襲撃

岡田啓介

天皇大権を掣肘する「君側の奸」として内閣総理大臣・予備役海軍大将の岡田啓介が襲撃の対象となっている。

全体の指揮を中尉栗原安秀が執り、第1小隊を栗原自身が、第2小隊を少尉池田俊彦が、第3小隊を少尉林八郎が、機関銃小隊を曹長尾島健次が率いた。

反乱部隊が総理大臣官邸に乱入する際、官邸警備に当たっていた巡査部長村上嘉茂衛門(官邸内で殺害)、巡査土井清松(林八郎を取り押さえようとするが、殺害される)、巡査清水与四郎(庭)、巡査小館喜代松(官邸玄関)の4名の警察官は拳銃で応戦するが、襲撃部隊の圧倒的な兵力により殺害される。

警察官の応戦の隙に岡田は押入れに隠れることができた。その間に岡田の義弟で総理秘書官兼身辺警護役をつとめていた大佐松尾伝蔵は反乱将校らの前に自ら走り出て銃殺された。将校らは岡田と容貌が似ていた松尾を総理と誤認、目的を果たしたと思いこんだ。

一方、総理生存を知った総理秘書官福田耕と総理秘書官迫水久常らは、麹町憲兵分隊の憲兵曹長小坂慶助、憲兵軍曹青柳利之及び憲兵伍長小倉倉一らと奇策を練り、翌27日に岡田と同年輩の弔問客を官邸に多数入れ、変装させた岡田を退出者に交えてみごと官邸から脱出させた。

高橋是清

大蔵大臣(元総理)高橋是清は陸軍省所管予算の削減を図っていたために恨みを買っており、襲撃の対象となる。

積極財政により不況からの脱出を図った高橋だが、その結果インフレの兆候が出始め、緊縮政策に取りかかる。高橋は軍部予算を海軍陸軍問わず一律に削減する案を実行しようとしたが、これは平素から海軍に対する予算規模の小ささ(対海軍比十分の一)に不平不満を募らせていた陸軍軍人の恨みに火を付ける形となっていた。

叛乱当日は中尉中橋基明及び少尉中島莞爾が襲撃部隊を指揮し、赤坂表町3丁目の大蔵大臣高橋是清の私邸を襲撃した。警備の巡査玉置英夫が奮戦するが重傷を負う。反乱部隊は蔵相の殺害に成功した。

高橋是清は事件後に位一等追陞されるとともに大勲位菊花大綬章が贈られる。27日午前9時に商工大臣町田忠治が兼任大蔵大臣親任式を挙行した。

斎藤實

内大臣(前総理・子爵・予備役海軍大将)斎藤實は、天皇の側近たる内大臣の地位にあったことから襲撃を受ける。

襲撃部隊は、中尉坂井直、少尉高橋太郎、少尉麦屋清済、少尉安田優が率いる。東京府東京市四谷区仲町3丁目(現:東京都新宿区)の内大臣斎藤実の私邸が襲撃される。襲撃部隊は警備の警察官の抵抗を制圧して、特に抵抗もなく内府の殺害に成功する。他に犠牲者はいない。斎藤の体からは四十数発もの弾丸が摘出されたが、それが全てではなく、彼の体には摘出不可能な弾丸がなお多く存在していた。

目の前での殺人に妻春子は「撃つなら私を撃ちなさい」と、銃を乱射する青年将校たちの前に立ちはだかり、筒先を掴もうとした。その結果腕に貫通銃創を負う。春子はひるまず、なお斎藤をかばおうと彼に覆いかぶさったという。春子の傷口はすぐに手当がなされたものの化膿等により、その後一週間以上高熱が下がらなかった。春子は98歳まで生存したが、晩年に至るまで当時の出来事を鮮明に覚えていた。この事件発生当時に着用していた斎藤実および春子の衣服が斎藤実記念館に現物展示されている。

事件後に位一等追陞されるとともに大勲位菊花大綬章が贈られ、昭和天皇より「」(るい:お悔やみの言葉の意)を賜った。

鈴木貫太郎

侍従長(男爵・予備役海軍大将)鈴木貫太郎は、天皇側近たる侍従長、「大御心」(「おおみこころ」と読む。天皇の意思のこと)の発現を妨げると反乱将校が考えていた枢密顧問官の地位にいたことから襲撃を受ける。

叛乱当日は、大尉安藤輝三が襲撃部隊を指揮し、東京市麹町区三番町(現:東京都千代田区)の侍従長官邸に乱入した。鈴木は複数の銃弾を撃ち込まれて瀕死の重傷を負うが、妻の鈴木たかの懇願により安藤大尉は止めを刺さず敬礼をして立ち去った。その結果、鈴木は辛うじて一命を取り留める。

安藤は、以前に侍従長鈴木を訪ね時局について話を聞いた事があり、互いに面識があった。面会後、安藤は鈴木について「噂を聞いているのと実際に会ってみるのでは全く違った。あの人(鈴木)は西郷隆盛のような人で懐が大きい」と言い、一時、決起を思い止まろうとしたとも言われる。

その後、太平洋戦争末期に内閣総理大臣となった鈴木は岡田総理を救出した総理秘書官迫水久常(鈴木内閣内閣書記官長)の補佐を受けながら、事件当時に侍従武官として職場を同じくしていた阿南惟幾(鈴木内閣で陸軍大臣)と共に、立場を異にしつつも終戦工作に関わることとなる。

渡辺錠太郎

陸軍教育総監(陸軍大将)渡辺錠太郎は反乱将校らが心酔する大将真崎甚三郎の後任として教育総監になったことから、襲撃を受ける。真崎を追い落とした奸賊であるとされたのである。

斎藤内府私邸襲撃後の少尉高橋及び少尉安田が襲撃を指揮する。時刻は遅く、午前6時過ぎに東京市杉並区上荻窪2丁目の教育総監渡辺錠太郎の私邸が襲撃される。その際、牛込憲兵分隊から派遣されて警護に当たっていた憲兵伍長及び憲兵上等兵並びに渡辺大将は、反乱部隊に拳銃で応戦するが殺害される。ここで注意すべきなのは、斎藤や高橋といった重臣が暗殺されたという情報が、渡辺の自宅には入っていなかったということである。

渡辺が殺された重臣と同様、青年将校から極めて憎まれていたことは当時から周知の事実であり、斎藤や高橋が襲撃されてから1時間経過してもなお事件発生を知らせる情報が彼の元に入らず、結果殺害されるに至ったことは、彼の身辺に「敵側」への内通者がいた可能性を想像させる。死の直前、殺されるであろう事を感じた渡辺錠太郎は傍にいた次女 渡辺和子を近くの物陰に隠し、その直後、その場で渡辺錠太郎は殺害された。また目前で父を殺された彼女の記憶によると、機関銃掃射によって渡辺の足は骨が剥き出しとなり、肉が壁一面に飛び散ったという。

事件後に位一等追陞されるとともに勲一等旭日大綬章が贈られる。28日付で、教育総監部本部長の陸軍中将中村孝太郎に教育総監代理が仰せ付けられた。

牧野伸顕

伯爵牧野伸顕は、欧米協調主義を採り、かつて内大臣として天皇の側近にあったことから襲撃を受ける。

大尉河野寿が民間人を主体とした襲撃部隊(河野航空兵大尉以下8人)を指揮し、湯河原の伊藤屋旅館の元別館である「光風荘」にいた牧野伸顕前内府を襲撃した。警護の巡査皆川義孝は河野らに拳銃を突きつけられて案内を要求され、従う振りをしつつ、振り向きざまに発砲し、襲撃部隊の大尉河野及び予備役曹長宮田晃を負傷させた。巡査皆川は殺害されたがこれによって襲撃を食い止めた。

脱出を図った牧野は襲撃部隊に遭遇したが、旅館の従業員が牧野を「ご隠居さん」と呼んだために旅館主人の家族と勘違いした兵士によって石垣を抱え下ろされ、近隣の一般人が背負って逃げた。この際、旅館の主人・岩本亀三と牧野の使用人で看護師の森鈴江が銃撃を受けて負傷している。

なお吉田茂の娘で牧野の孫にあたる麻生和子は、この日牧野をたずねて同旅館に訪れていた。麻生が晩年に執筆した著書『父吉田茂』の二・二六事件の章には、襲撃を受けてから脱出に成功するまでの模様が生々しく記されているが、脱出に至る経緯については上の記述とは異なった内容となっている。

後藤文夫

治安維持を担当する後藤文夫内務大臣官邸も襲撃される。歩兵第3連隊の少尉鈴木が襲撃部隊を指揮する。後藤本人は外出中で無事だった。

警視庁

当時、不穏な世情に対応するため警視庁特別警備隊(現在の機動隊に相当する)を編成しており、反乱部隊にとっては脅威とされた。

そのため、大尉野中四郎指揮の襲撃部隊(約500名)が警視庁を襲撃する。襲撃部隊はその圧倒的な兵力及び重火器によって、抵抗させる間もなく警視庁全体を制圧、「警察権の発動の停止」を宣言した。

警察は、事件が陸軍将校個人による犯行ではなく、陸軍将校が軍隊を率いて重臣・警察を襲撃したことから、当初より警察による鎮圧を断念し、陸軍、憲兵隊自身による鎮圧を求め、警察は専ら後方の治安維持を担当することとし、警視庁は「非常警備総司令部」を神田錦町警察署に設けた。

霞ヶ関・三宅坂一帯の占拠

更に、反乱部隊は陸軍省及び参謀本部朝日新聞東京本社なども襲撃し、日本の政治の中枢である永田町霞ヶ関赤坂三宅坂の一帯を占領した。

鎮圧へ

事件後真っ先に参内した荒木貞夫真崎甚三郎阿部信行林銑十郎植田謙吉寺内寿一西義一の七名の軍事参議官によって宮中で非公式の会議が開かれ、穏便に事態を収拾させることを目論んで26日午後に川島義之陸軍大臣名で告示が出された軍事参議官にはこのような告示を出す権限がなかったので川島陸軍大臣の承諾を得て告示として出された。。

一、蹶起ノ趣旨ニ就テハ天聴ニ達セラレアリ
二、諸子ノ真意ハ国体顕現ノ至情ニ基クモノト認ム
三、国体ノ真姿顕現ノ現況(弊風ヲモ含ム)ニ就テハ恐懼ニ堪ヘズ
四、各軍事参議官モ一致シテ右ノ趣旨ニヨリ邁進スルコトヲ申合セタリ
五、之以外ハ一ツニ大御心ニ俟ツ

この告示はただでさえ反乱に同情的な内容である上、東京警備司令部によって印刷・下達される際に第二条が

諸子ノ行動ハ国体顕現ノ至情ニ基クモノト認ム

と「行動」に差し替えられてしまったため、怪文書としてまともに受け取らない部隊も出てくる有様であった。200px|right|thumb|27日の戒厳令施行を受けて[[九段会館|軍人会館に戒厳司令部が設立された]]

26日午後になるとようやく閣僚が集まりはじめ、午後9時に後藤文夫内務大臣が首相臨時代理に指名されるとともに、<b>戒厳令</b>施行が閣議決定された。当初警視庁や海軍は軍政につながる恐れがあるとしてこの戒厳令に反対していた安倍源基 『昭和動乱の真相』(中公文庫) p.225が、すみやかな鎮圧を望んでいた昭和天皇の意向を受け、枢密院の召集を経て翌27日早暁ついに戒厳令は施行された。これにより九段軍人会館に戒厳司令部が設立され、東京警備司令官の香椎浩平中将が戒厳司令官に、また参謀本部作戦課長で早くから討伐を主張していた石原莞爾大佐が戒厳参謀にそれぞれ任命された。

27日正午に香椎戒厳司令官は宮中に参内し戒厳令下における帝都の治安状況について奏上した。同日午後0時45分には川島陸相が天皇に拝謁、その後に本庄繁侍従武官長と会見した。この日だけで本庄武官長は天皇と13回も会話を交わし、決起した将校の精神だけでも何とか認めてもらいたいと天皇に言上した。これに対して天皇は『朕ガ股肱ノ老臣ヲ殺戮ス、此ノ如キ凶暴ノ将校等、其精神ニ於テモ何ノ恕スベキモノアリヤ』。さらには『朕自ラ近衛師団ヲ率ヰテ此レガ鎮定ニ当タラン』という強い意思を明らかにした。

すでに武力鎮圧の意向を固めていた杉山参謀次長や石原戒厳参謀に対して、自他共に皇道派を認めていた香椎戒厳司令官はその後も説得による解決を目指し、反乱部隊との折衝を続けていた。いったん奉勅命令が下ると万事休すのため、反乱軍の将校らも駆け引きを活発化させる。しかし28日早朝、とうとう「戒厳司令官ハ三宅坂付近ヲ占拠シアル将校以下ヲ以テ速ニ現姿勢ヲ徹シ各所属部隊ノ隷下ニ復帰セシムベシ」の奉勅命令が下達される。これによってようやく武力鎮圧の方針が決定した。

同日午後、岡田総理の無事が確認される。

29日午前5時10分に討伐命令が発せられ、午前8時30分には攻撃開始命令が下された。戒厳司令部は近隣住民を避難させ、反乱部隊の襲撃に備えて愛宕山NHKを憲兵隊で固めた。ラジオで「勅命が発せられたのである。既に天皇陛下のご命令が発せられたのである…」に始まる勧告NHK放送博物館東京都江戸東京博物館で聴くことが出来る。ビラとは若干内容が違い「帰順すれば罪は赦される」の文が入っており、事件後問題とされた。が放送され、同時に投降を呼びかけるビラを飛行機で散布した(冒頭写真)。これによって反乱部隊の下士官兵は午後2時までに原隊に帰り、将校は全員逮捕され、反乱はあっけない終末を迎えた。

なお憲兵隊は、反乱部隊を制圧できるほどの装備・兵力を有していなかったので事件後は表立って決起将校の逮捕は出来ずにいたが、事件を通じて反乱部隊に与せず職務に忠実であった。

3月4日午後2時25分に山本又元少尉が東京憲兵隊に出頭して逮捕される。東京第一衛戍病院に収容されていた河野大尉が3月5日に自殺を図り、6日午前6時40分に死亡した。

3月6日の戒厳司令部発表によると、叛乱部隊に参加した下士官兵の総数は千四百数十名で、内訳は、近衛歩兵第3連隊は五十数名、歩兵第1連隊は四百数十名、歩兵第3連隊は九百数十名、野戦重砲兵第7連隊は十数名であったという。

海軍の動き

襲撃を受けた岡田総理・鈴木侍従長・斉藤内大臣がいずれも海軍大将であったことから、東京市麹町区にあった海軍省は事件直後より反乱部隊に対して徹底抗戦体制を発令、臨戦態勢に移行した。26日午後には横須賀鎮守府米内光政司令長官、井上成美参謀長)の海軍陸戦隊を芝浦に上陸させて東京に急派した。また、第1艦隊東京湾に急行させ27日午後には戦艦長門以下各艦の砲を陸上の反乱軍に向けさせた。

この警備は東京湾のみならず大阪にも及び、27日午前9時40分に、加藤隆義海軍中将率いる第2艦隊旗艦愛宕以下各艦は、大阪港外に投錨した。この部隊は2月29日に任務を解かれ、翌3月1日午後1時に出航して作業地に復帰した。

関係者・処罰

反乱軍将校の免官等

2月29日付で反乱軍の20名の将校が免官となる。3月2日に山本も免官となる。3月2日に山本元少尉を含む21名の将校が、大命に反抗し、陸軍将校たるの本分に背き、陸軍将校分限令第3条第2号に該当するとして、位階大尉は正七位、中尉は従七位、少尉は正八位であった。の返上が命ぜられる。また、勲章も褫奪された。

殉職警察官処遇

村上嘉茂衛門 
巡査部長。警視庁警務部警衛課勤務(総理官邸配置)。死亡。
土井清松 
巡査。警視庁警務部警衛課勤務(総理官邸配置)。死亡。
清水与四郎 
巡査。警視庁杉並署兼麹町署勤務(総理官邸配置)。死亡。
小館喜代松 
巡査。警視庁警務部警衛課勤務(総理官邸配置)。死亡。
皆川義孝 
巡査。警視庁警務部警衛課勤務(牧野礼遇随衛)。死亡。
玉置英夫 
巡査。麻布鳥居坂警察署兼麹町警察署勤務(蔵相官邸配置)。重傷。

殉職した警察官は、勲八等に叙され白色桐葉章を授けられる。また、内務大臣より警察官吏及び消防官吏功労記章を付与される。

皇道派陸軍幹部

事件当時に軍事参議官であった陸軍大将のうち、荒木真崎阿部の4名は3月10日付で予備役に編入された。侍従武官長本庄繁は女婿の山口一太郎大尉が事件に関与しており、事件当時は反乱を起こした青年将校に同情的な姿勢をとって昭和天皇の聖旨に沿わない奏上をしたことから事件後に辞職し、4月に予備役となった。陸軍大臣であった川島は3月30日に、戒厳司令官であった香椎浩平中将は7月に、それぞれ不手際の責任を負わされる形で予備役となった。

やはり皇道派の主要な人物であった陸軍省軍事調査部長の山下奉文少将は歩兵第40旅団長に転出させられ、以後昭和15年に航空本部長を務めた他は二度と中央の要職に就くことはなかった。

また、これらの引退した陸軍上層部が陸軍大臣となって再び陸軍に影響力を持つようになることを防ぐために、次の広田弘毅内閣の時から軍部大臣現役武官制が復活することになった。この制度は政治干渉に関わった将軍らが陸軍大臣に就任して再度政治に不当な干渉を及ぼすことのないようにするのが目的であったが、後に陸軍が後任陸相を推薦しないという形で内閣の命運を握ることになってしまった。

事件に関わった下士官兵

以下この事件に関わった下士官兵は、その大半が反乱計画を知らず、上官の命に従って適法な出動と誤認して襲撃に加わっていた。事件後、中国などの戦場の最前線に駆り出され戦死することとなった者も多い。特に安藤中隊にいた者たちは歩兵による突撃戦法を強要されて殆どが戦死した。

なお、歩兵第3連隊の機関銃隊に所属していて反乱に参加させられてしまった者に小林盛夫二等兵(後の5代目柳家小さん。当時は前座)や畑和二等兵(後に埼玉県知事、また社会党衆議院議員)がいる。

捜査・公判

事件の裏には、陸軍中枢の皇道派大将クラスの多くが関与していた可能性が疑われるが、「血気にはやる青年将校が不逞の思想家に吹き込まれて暴走した」という形で世に公表された。戒厳司令官を務めた香椎浩平中将も皇道派であった。

この事件の後、陸軍の皇道派は壊滅し、東条英機統制派の政治的発言力がますます強くなった。事件後に事件の捜査を行った匂坂春平陸軍法務官(後に法務中将。明治法律学校卒業。軍法会議首席検察官)や憲兵隊は、黒幕を含めて事件の解明のため尽力をする。

当時の陸軍刑法(明治41年法律第46号)第25条は、次の通り反乱の罪を定めている。

第二十五条 党ヲ結ヒ兵器ヲ執リ反乱ヲ為シタル者ハ左ノ区別ニ従テ処断ス
一 首魁ハ死刑ニ処ス
二 謀議ニ参与シ又ハ群衆ノ指揮ヲ為シタル者ハ死刑、無期若ハ五年以上ノ懲役又ハ禁錮ニ処シ其ノ他諸般ノ職務ニ従事シタル者ハ三年以上ノ有期ノ懲役又ハ禁錮ニ処ス
三 附和随行シタル者ハ五年以下ノ懲役又ハ禁錮ニ処ス

この構成要件に基づいて、戒厳令下、臨時に設置された東京陸軍軍法会議で裁判が行われる。

事件の捜査は、憲兵隊等を指揮して、匂坂春平陸軍法務官らが、これに当たった。また、東京憲兵隊特別高等課長の福本亀治陸軍憲兵少佐らが黒幕の疑惑のあった真崎大将などの取調べを担当した。

そして、小川関治郎陸軍法務官(明治法律学校卒業。軍法会議裁判官)を含む軍法会議において、公判が行われる。青年将校・民間人らの大半に有罪判決が下る。磯部浅一はこの判決を死ぬまで恨みに思っていた。また栗原や安藤は「死刑になる人数が多すぎる」と衝撃を受けていた。反乱将校たちは事件の重大性を分かっていなかった。「行動を起こせば天皇陛下はお喜びになる」と楽観していた。

現在から見れば勝手な独りよがりに見える彼らのこの思いこみは、当時は彼らなりに根拠を伴っていた。五・一五事件において、殺人テロの実行者に死刑判決は下されなかった。これを受けて二・二六事件の実行者達は、なぜ五・一五では、総理を殺害しておきながら死刑を受けた者がいなかったのか、という命題に対し、"実行者達の維新実行の気概がお上のお心に達し、実行者達はお上から情状酌量を直々に賜ったのだ"と思い込んでいた。名指しの糾弾にしろ自決指名にしろ、天皇が一軍人のことを考えるという時点で、その軍人にとっては非常な名誉であった時代である。教育では、明治維新を「御一新」、上からの改革として、混乱きわまる幕末において天皇がついに親政を持って君臨され、その光が君側匪賊どもを退治し、世の中を完全に浄化することが出来た、それがために日本は列強に並ぶ国家になることが出来たのだ、つまり天皇は絶対に正しく、間違いがあるとすれば天皇を何者かが妨害した時である、と教えていた。皇国無窮の歴史観である。そして世の中は、彼らの目には幕末以来の混乱を示しているように見えた。だからこそ、彼らは親政を望み、昭和維新を実行したのである。但しこの見解について阿川弘之は、戦後に行われた二・二六事件の生き残りによる座談会での「つまり陛下(引用者註:昭和天皇)が二・二六事件を失敗に追い込んだということですね。私は、いまでも(中略)ああ、この方がわれわれの事件を潰したんだなあ、と思いますよ」との発言を取り上げ、「天皇絶対と言いつのっていた彼らが一番陛下をないがしろにしてる」と厳しく批判している。

判決

自決

自決等

階級氏名所属部隊年齢
歩兵大尉野中四郎歩兵第3連隊第7中隊長32歳
航空兵大尉河野寿所沢陸軍飛行学校操縦科学生28歳

階級・所属部隊・年齢等は事件当日のもの。階級名の「陸軍」は省略した。罪名中の「群集指揮等」とは「謀議参与又は群集指揮等」のこと。以下各表について同じ。

第1次処断(昭和11年7月5日まで判決言渡)

罪名階級氏名所属部隊陸士期
死刑叛乱罪(首魁)歩兵大尉香田清貞第1旅団副官37期
死刑叛乱罪(首魁)歩兵大尉安藤輝三歩兵第3連隊第6中隊長38期
死刑叛乱罪(首魁)歩兵中尉栗原安秀歩兵第1連隊41期
死刑叛乱罪(群衆指揮等)歩兵中尉竹嶌継夫40期
死刑叛乱罪(群衆指揮等)歩兵中尉対馬勝雄豊橋陸軍教導学校41期
死刑叛乱罪(群衆指揮等)歩兵中尉中橋基明近衛歩兵第3連隊41期
死刑叛乱罪(群衆指揮等)歩兵中尉丹生誠忠歩兵第1連隊41期
死刑叛乱罪(群衆指揮等)歩兵中尉坂井直歩兵第3連隊44期
死刑叛乱罪(群衆指揮等)砲兵中尉田中勝野戦重砲第7連隊45期
死刑叛乱罪(群衆指揮等)工兵少尉中島莞爾46期
死刑叛乱罪(群衆指揮等)砲兵少尉安田優陸軍砲工学校生徒46期
死刑叛乱罪(群衆指揮等)歩兵少尉高橋太郎歩兵第3連隊46期
死刑叛乱罪(群衆指揮等)歩兵少尉林八郎歩兵第1連隊47期
死刑叛乱罪(首魁)元歩兵大尉村中孝次37期
死刑叛乱罪(首魁)元一等主計磯部浅一38期
死刑叛乱罪(群衆指揮等)渋川善助
無期禁錮叛乱罪(群衆指揮等)歩兵少尉麦屋清済
無期禁錮叛乱罪(群衆指揮等)歩兵少尉常盤稔歩兵第3連隊47期
無期禁錮叛乱罪(群衆指揮等)歩兵少尉鈴木金次郎歩兵第3連隊47期
無期禁錮叛乱罪(群衆指揮等)歩兵少尉清原康平歩兵第3連隊47期
無期禁錮叛乱罪(群衆指揮等)歩兵少尉池田俊彦歩兵第1連隊47期
禁錮4年歩兵少尉今泉義道近衛歩兵第3連隊47期

第2次処断(7月29日判決言渡)

罪名階級氏名所属部隊年齢
無期禁錮叛乱者を利す歩兵大尉山口一太郎歩兵第1連隊中隊長
禁錮4年叛乱者を利す歩兵中尉柳下良二歩兵第3連隊
禁錮6年司令官軍隊を率い故なく配置の地を離る歩兵中尉新井勲歩兵第3連隊
禁錮6年叛乱予備一等主計鈴木五郎歩兵第6連隊
禁錮4年叛乱予備歩兵中尉井上辰雄豊橋陸軍教導学校
禁錮4年叛乱予備歩兵中尉塩田淑夫歩兵第8連隊

背後関係処断(昭和12年1月18日判決言渡)

罪名階級氏名所属部隊陸士期
禁錮3年歩兵中佐満井佐吉26期
禁錮5年歩兵大尉菅波三郎37期
禁錮4年歩兵大尉大蔵栄一羅南歩兵第73連隊37期
禁錮4年歩兵大尉末松太平39期
禁錮3年歩兵中尉志村睦城
禁錮1年6月歩兵中尉志岐孝人
禁錮5年予備役少将斎藤瀏12期
禁錮2年越村捨次郎
禁錮3年福井幸
禁錮3年町田専蔵
禁錮1年6月宮本正之
禁錮2年(執行猶予4年)加藤春海
禁錮1年6月(執行猶予4年)佐藤正三
禁錮1年6月(執行猶予4年)宮本誠三
禁錮1年6月(執行猶予4年)杉田省吾

背後関係処断(昭和12年8月14日判決言渡)

罪名階級氏名所属部隊年齢
死刑叛乱罪(首魁)北輝次郎52歳
死刑叛乱罪(首魁)元騎兵少尉西田税34歳
無期禁錮叛乱罪(謀議参与)亀川哲也
禁錮3年叛乱罪(諸般の職務に従事)中橋照夫

1937年(昭和12年)8月19日に、北輝次郎・西田税の刑が執行された。

真崎大将判決(昭和12年9月25日判決言渡)

事件の黒幕と疑われた真崎甚三郎大将(前教育総監。皇道派)は、1937年(昭和12年)1月25日に反乱幇助で軍法会議に起訴されたが、否認した。論告求刑は反乱者を利する罪で禁錮13年であったが、9月25日に無罪判決が下る。もっとも、1936(昭和11)年3月10日に真崎大将は予備役に編入される。つまり事実上の解雇である。そして戦後まで生き長らえる。彼自身は晩年、自分が二・二六事件の黒幕として世間から見做されている事を承知しており、これに対して怒りの感情を抱きつつも諦めの境地に入っていたことが、当時の新聞から窺える。

しかし、真崎の関与を指摘する主張もある。推理作家の松本清張は取材に基づき、

「26日午前中までの真崎は、もとより内閣首班を引きうけるつもりだった。彼はその意志を加藤寛治とともに自ら伏見宮軍令部総長に告げ、伏見宮より天皇を動かそうとした形跡がある。 真崎はその日の早朝自宅を出るときから、いつでも大命降下のために拝謁できるよう勲一等の略綬を佩用していた。(略)真崎は宮中の形勢不利とみるやにわかに態度を変え、軍事参議官一同の賛成(荒木が積極、他は消極的ながら)と決行部隊幹部全員の推薦を受けても、首班に就くのを断わった。この時の真崎は、いかにして決行将校らから上手に離脱するかに苦闘していた。」

と主張しているTemplate:cite book?

罪名階級氏名所属部隊年齢
無罪叛乱者を利す大将真崎甚三郎軍事参議官

その他判決

罪名階級氏名所属部隊年齢
死刑水上源一27歳
禁錮15年予備役歩兵曹長中島清治28歳
禁錮15年予備役歩兵曹長宮田晃27歳
禁錮15年軍曹宇治野時参歩兵第1連隊24歳
禁錮15年予備役歩兵上等兵黒田昶25歳
禁錮15年一等兵黒沢鶴一歩兵第1連隊21歳
禁錮15年綿引正三22歳
禁錮10年予備役歩兵少尉山本又42歳

刑の執行

二・二六事件を記念し死没者を慰霊する碑が、東京都渋谷区神南にある。昭和11年2月26日、同所にあった皇道派将校により起こった二・二六事件の首謀者である青年将校・民間人17名の処刑場、旧東京陸軍刑務所敷地跡に立てられた渋谷合同庁舎の敷地の北西角に立つ観音像(昭和40年2月26日建立)がそれである。17名の遺体は郷里に引き取られたが、磯部のみが本人の遺志により東京都墨田区両国回向院に葬られている。

その後

もともと明治憲法下では天皇は輔弼する国務大臣の副署なくして国策を決定できない仕組みになっており、昭和天皇も幼少時から「君臨すれども統治せず」の君主像を叩き込まれていた。二・二六事件は首相不在、侍従長不在、内大臣不在の中で起こったもので、天皇自らが善後策を講じなければならない初めての事例となった。戦後に昭和天皇は自らの治世を振り返り、立憲主義の枠組みを超えて行動せざるを得なかった例外として、この二・二六事件と終戦時の御前会議の二つを挙げている。

それでもこの事件に対する昭和天皇の衝撃とトラウマは深かったようで、事件から41年後の昭和52年2月26日に、就寝前に側近の卜部亮吾に「治安は何もないか」と尋ねていたという。

なお当時、陸軍中央幼年学校の校長だった阿南惟幾は、事件直後に全校生徒を集め、「農民の救済を唱え、政治の改革を叫ばんとする者は、まず軍服を脱ぎ、しかる後に行え」と、極めて厳しい口調で語ったと伝えられている。

脚注

参考文献

  • 伊藤隆北博昭 編『新訂二・二六事件 判決と証拠』(朝日新聞社、1995年) ISBN 4022568364
    ※二・二六事件裁判の正式判決書、校訂を加え、初公刊する。
  • 北博昭『二・二六事件全検証』(朝日新聞社[朝日選書]、2003年) ISBN 4022598212
    ※「相沢事件判決書」の全文を附録として掲載〔p231~p271〕、そして詳細な「おもな引用・参考文献」表を付載〔p221~p230〕。
  • 筒井清忠『昭和期日本の構造 ― 二・二六事件とその時代』(講談社学術文庫、1996年/ちくま学芸文庫, 2006年) ISBN 4061592335/ISBN 4480090177
  • 高橋正衛『二・二六事件 ―「昭和維新」の思想と行動(増補改版)』(中央公論社[中公新書]、1994年) ISBN 4121900766
    ※詳細な「参考文献」一覧表を付載〔p207~p210〕。
  • 須崎慎一『二・二六事件 ― 青年将校の意識と心理』(吉川弘文館、2003年) ISBN 4642079211
  • 秦郁彦『昭和天皇五つの決断』(文春文庫、1994年) ISBN 4167453029
  • 秦郁彦『軍ファシズム運動史』(原書房、1980年増補版)
  • 迫水久常『機関銃下の総理官邸 ― 二・二六事件から終戦まで』(恒文社、1986年新版) ISBN 4770402643
  • 岡田貞寛『父と私の二・二六事件 ― 昭和史最大のクーデターの真相』(光人社NF文庫、1998年) ISBN 4769821867
  • 原秀男『二・二六事件軍法会議』(文芸春秋、1995年) ISBN 416350480X
  • 原秀男・澤地久枝・匂坂春平 編『検察秘録 二・二六事件』1~4(角川書店、1989~1991年)
  • 澤地久枝『雪はよごれていた ― 昭和史の謎二・二六事件最後の秘録』(日本放送出版協会、1988年) ISBN 4140051345
  • NHK取材班『戒厳指令「交信ヲ傍受セヨ」― 二・二六事件秘録』(日本放送出版協会、1980年)
  • 中田整一『盗聴 ― 二・二六事件』(文藝春秋社、2007年)― 『戒厳指令「交信ヲ傍受セヨ」 二・二六事件秘録』の増補版
  •  末松太平 『私の昭和史』(みすず書房、1963年)参加将校による回顧録

関連項目

Template:Commons?

Template:226?

関連作品

  • 映画
    1990年:「斬殺せよ 切なきもの、それは愛」(監督:須藤久
    1989年:「226」(監督:五社英雄
    1978年:「戒厳令」(監督:吉田喜重
    1980年:「動乱」(監督:森谷司郎

外部リンク



出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2008年10月15日 (水) 16:34。












     
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。