ポツダム会談


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ポツダム会談(ポツダムかいだん)は、ナチス・ドイツ降伏後の1945年7月17日8月2日ベルリン郊外のポツダムに、米国英国ソ連の3カ国の首脳が集まり、第二次世界大戦の戦後処理と日本の終戦について話し合われた会談。

300px|right|thumb|ポツダムに集まった3ヶ国首脳 左から[[クレメント・アトリー|アトリートルーマンスターリン]]

この会談でポツダム宣言ポツダム協定が決められた。

ポツダム会談の概要

  • 時期
1945年7月17日8月2日
  • 場所
ベルリン郊外ポツダムにあるツェツィーリエンホーフ宮殿
  • 主な出席者
アメリカ合衆国大統領 : ハリー・S・トルーマン
英国首相 : ウィンストン・チャーチル(途中に選挙で政権が交代しクレメント・アトリーと交代)
ソビエト連邦共産党書記長 : ヨシフ・スターリン

ポツダム会談の内容

会談では主に第二次世界大戦の戦後処理とソ連の対日参戦を含めた日本の終戦について話し合われた。会談の結果は以下の通りである。

関連会談

関連項目



  出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2008年12月26日 (金) 22:48。











    
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。