宋慶齢


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Template:中華圏の人物?

宋慶齢(そう けいれい、簡体字Template:lang?繁体字Template:lang?ピンインTemplate:lang?1893年1月27日 - 1981年5月29日)は、孫文の妻。中華人民共和国名誉国家主席

プロフィール

客家の宋耀如(宋嘉樹、チャーリー宋)の次女として清国の上海で生まれた。母は倪桂珍。「宋氏(家)三姉妹」の次女で、宋靄齢の妹、宋子文宋美齢蒋介石夫人)の姉。妹の美齢と同じくアメリカのウエスレイアン大学に留学。

孫文とは父が支援者であったことから知り合い、結婚前には孫文の英文秘書を務めていた。結婚年については諸説あるが、孫文が日本亡命中の1913年1916年とされる。孫文の没後もその遺志を継いで革命活動に従事、1926年には中国国民党執行委員に就任している。

国民党左派で容共的立場をとり、1927年上海クーデターに反対し、蒋介石や宋一族と対立。国民党左派の武漢政府崩壊後、一時はソ連に身を寄せたものの、スターリンによる反対派の粛清と中国革命に対する冷淡な態度に幻滅し、中山陵(南京郊外の紫金山にある孫文の墓所)完成の式典に際して中国に帰国。やがて、抗日戦が始まると彼女は香港に行き、1938年に保衛中国同盟を設立。第二次国共合作が実現した後、宋家の三姉妹は抗日統一戦線のシンボルとして戦地の慰問等の活動を行うが、これは政治的パフォーマンスであったという。

中華人民共和国成立後は中央人民政府副主席などを歴任。婦人運動や子女の保護、教育の分野に尽力した。慶齢は中国革命の指導者である孫文夫人であり、国母として統一戦線の象徴的存在であった。

文化大革命では、蒋介石の義姉として攻撃を受けることとなったが、文革終結後、死去の2週間前に中国共産党中央政治局から共産党員として承認され、その翌日中華人民共和国名誉国家主席の称号を授与された。政府要職にあっても北京での執務以外では故郷の上海に滞在することが多く、同地の墓所は宋慶齢陵園として整備されている。

関連項目




出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_ 2008年10月29日 (水) 06:30。










    
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。