桂園時代


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

桂園時代(けいえんじだい/けいおんじだい)とは、陸軍山縣有朋閥に属する桂太郎と、伊藤博文の後継者として立憲政友会総裁に就いた西園寺公望が、政権を交互に担当した1905年から1912年の8年間をいう。「桂園」とは、両者の名前から「桂」と「園」の字をとったものである。

桂園時代は、桂に代表される官僚・軍部と西園寺に代表される有力政党である立憲政友会が「情意投合」と呼ばれる連携体制を組んで交互に首相に就任した(この間にも松方正義山本権兵衛平田東助などを首相に擁する動きはあったものの、両者以上の政権基盤を持たずにいずれも断念に追い込まれている)。特に政治的に安定した時期とされ、期間中に行われた第10回衆議院議員総選挙第11回衆議院議員総選挙は、いずれも任期満了に伴うものである。2回連続で任期満了・総選挙が行われたのは、日本憲政史上においてこの時代だけである。

なお、「桂園」は和歌の流派名(桂園派江戸時代後期の歌人香川景樹が創始した。香川のが桂園)とも係っている。桂園派は、当時流行しつつあった冒険的な近代短歌に対して、当たり障りのない『古今和歌集』などの伝統を重んじる保守的な流派である。その当たり障りのなさと、桂・西園寺間の馴れ合いをかけて、これを桂園時代と呼んだもの。

関連項目



  出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2007年11月22日 (木) 08:40。










    
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。