明六社


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

明六社(めいろくしゃ)は、明治時代初期に設立された日本最初の近代的啓蒙学術団体。

1873年(明治6年)7月にアメリカから帰国した森有礼(もりありのり)が、福澤諭吉加藤弘之中村正直西周(にしあまね)・西村茂樹津田真道箕作秋坪杉亨二箕作麟祥らとともに同年秋に啓蒙活動を目的として結成。名称の由来は年結成からきている。会合は毎月1日と16日に開かれた。会員には旧幕府官僚で、開成所の関係者が多かった。

1874年(明治7年)3月から機関誌『明六雑誌』(岩波文庫全3巻)を発行、開化期の啓蒙に指導的役割を果たしたが、1875年(明治8年)、政府の讒謗律(ざんぼうりつ)・新聞紙条例が施行されたことで機関誌の発行は43号で中絶・廃刊に追い込まれ事実上解散となった。その後、明六社は明六会となり、東京学士会院帝国学士院を経て、日本学士院へと至る流れの先駆をなした。


関連項目



  出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2009年2月21日 (土) 09:41。











    
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。