ノルマントン号事件


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ノルマントン号事件Normanton Incident)とは、1886年明治19年)10月24日イギリス船籍の貨物船、ノルマントン号(Normanton、より英語に忠実な表記は「ノーマントン」)が、紀州沖(和歌山県東牟婁郡串本町潮岬沖)で座礁沈没した事から始まった事件である。

概要

沈没したノルマントン号にはイギリス人、ドイツ人、中国人、インド人、日本人らが乗船していたが、事故の際、船員であったイギリス人、ドイツ人ら白人はほぼ全員が生存した一方で、乗客であった日本人25名全員が死亡した(また、インド人の乗組員も全員死亡した)。さらに、助かった船員らは救命ボートで避難していたため、船長が適切な避難誘導をせずに、乗客である日本人を取り残したのではないかとの疑念から当時の世論が沸騰した。これは当時の欧米(白人社会)に広まっていた人種差別の考えがあったと思われる。

事実検証についても不平等条約の壁に阻まれ満足な解決が得られず、裁判では、「船員は救命ボートに移るように説明したが、日本人乗客は船内に籠もって出ようとしなかった(ノルマントン号は貨物船なので、日本語が話せる乗客向けのスタッフはいない)ので、やむなくそのままにした」旨を証言したJ.W.ドレーク船長らイギリス人全員が無罪となった。その後、国民の反発に押された日本政府の抗議により、再審理がなされ、船長のみに禁錮3ヶ月の刑が言い渡された。

当時の日本では、外国人に対する治外法権があり、日本側で裁判を行うことができなかった(領事裁判権)。この事件以降、不平等条約撤廃の動きが高まった。領事裁判の不当さを日本人に痛感させた事件として歴史に残るものになった。

ノルマントン号沈没の歌

事件後、「ノルマントン号沈没の歌」という曲が作られ、当初は36節の歌詞であったが、解決後補足され59節に及んだ。 歌は「抜刀隊」の旋律を借りて唄われた。尚、作詞作曲は不詳である。

関連史料

  • 『英船「ノルマントン号」沈没乗客ノ件』
  • 川合彦允『ノルマントン号事件』
  • 曾我播『英国汽船諾曼頓号事件裁判録』

関連項目

外部リンク



  出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2008年11月26日 (水) 02:14。











    
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。