日英和親条約


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

日英和親条約(にちえいわしんじょうやく、 Anglo-Japanese Friendship Treaty)は1854年日本イギリスの間で締結された最初の条約。幕末の混乱期から明治初頭にかけ、日本が列強と結ぶことを余儀なくされた不平等条約の一つである。日英約定(にちえいやくじょう)とも。

1854年9月7日ジェームズ・スターリング提督(Admiral Sir James Stirling)率いるイギリス東洋艦隊が長崎に来港、日本との通航を要求した。

砲艦外交の圧力の下、江戸幕府の許可を得た長崎奉行水野忠徳及び同目付永井尚志が同年10月14日(嘉永7年8月23日)、条約に調印した。

日本は先の日米和親条約で米国に下田箱館の開港を認めていたが、この条約では長崎と箱館を英国に開放(条約港の設定)し、薪水の供給を認めた。また、治外法権最恵国待遇などの規則も定められた。ただし通商規定は無かった。

これに香港総督ジョン・ボーリングは異論を挟んだが、清国との関係悪化によって妥結した。

その後、ロシアオランダとも同様の和親条約が締結され、1858年にはエルギン卿が来日して五港開放や貿易と英国人の居住を認める日英修好通商条約が締結される。

参考文献

  • Great Britain and the Opening of Japan, 1834-1858 by W.G. Beasley (Japan Library paperback, 1995, first published by Luzac & Co., 1951) ISBN 1873410433

関連項目



  出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2008年11月11日 (火) 15:16。











    
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。