日英修好通商条約


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

日英修好通商条約(にちえいしゅうこうつうしょうじょうやく、The Anglo-Japanese Treaty of Amity and Commerce)は1858年8月26日イギリス代表のエルギン卿江戸幕府の間に調印された条約幕末の混乱期から明治初頭にかけ、日本が列強と結ぶことを余儀なくされた不平等条約の一つである。

主な内容

  1. 江戸に在日英国代表設置
  2. 条約港の設定(函館、神奈川と長崎の開港、1859年7月1日から)
  3. 英国人の1862年1月1日から江戸への居住を許可

その他

  • 1998年には条約締結140周年を記念して「英国祭98」のイベントが各地で催された。
  • 2008年には条約締結150周年を記念して「UK-JAPAN2008」のイベントが各地で催される。

外部リンク

関連項目




  出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2008年11月11日 (火) 15:15。











    
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。