鹿鳴館


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

鹿鳴館(ろくめいかん)とは外国からの賓客や外交官を接待するために明治政府によって建てられた社交場である。当時の急激な西欧化を象徴する存在でもある。また、鹿鳴館を中心にした外交政策を「鹿鳴館外交」とも呼ぶ。

経緯

計画を推進したのは外務卿(内閣制度以降は外務大臣井上馨である。当時の日本外交の課題は不平等条約改正交渉、特に外国人に対する治外法権の撤廃であったが、日本に住む外国人の多くは数年前まで行われていた磔刑や打ち首を実際に目撃しており、外国政府は自国民が残酷な刑罰に処せられることを危惧して治外法権撤廃に強硬に反対していた。そのため、井上は日本が文明国であることを外国人に示す必要があると考えた。

それまでは外国賓客の迎賓館として準備された建物はなく、1870年明治3年)、急遽改修した浜離宮の延遼館かあるいは三田の蜂須賀邸などを借用していた。鹿鳴館の建設地は内山下町の旧薩摩藩装束屋敷跡(現在の千代田区内幸町、現帝国ホテル隣の大和生命ビルの地)に決まり、1880年(明治13年)に着手。途中規模変更(拡大)があり3年がかりで1883年(明治16年)7月、落成。設計はお雇い外国人ジョサイア・コンドルである。施工は土木用達組(大倉喜八郎と堀川利尚との共同出資で設立した組織)が担当した(大倉喜八郎が創立した大倉組商会の建設部門は大成建設株式会社の源流である)。

煉瓦造2階建てで1階に大食堂、談話室、書籍室など、2階が舞踏室で3室開け放つと100坪ほどの広間になった。バービリヤードも設備されていた。

鹿鳴館時代

1883年(明治16年)11月28日、1200名を招待して落成の祝宴が行われた。鹿鳴の名は詩経「鹿鳴の詩」から引用して中井弘(桜洲)が名付けた。祝宴当日は井上馨の誕生日であった。

鹿鳴館では外国からの賓客接待ばかりでなく、天長節(11月3日明治天皇誕生日)の祝賀会行事をはじめ数々の国内行事も行われるようになった。これらの夜会、舞踏会、婦人慈善会が世間の注目を集めた。

一方、欧化政策を批判する国粋主義者は「嬌奢を競い淫逸にいたる退廃的行事」として非難の声を挙げていた。また当時舞踏会のマナーやルールをあまり理解できてなかった日本人がフィンガーボールの水を飲料水と勘違いして飲んだり服装がしわくちゃでとてもみっともない格好になっていたりコルセットをギリギリまできつくしめるなど明らかに常識外れの行動をとっていたため、西欧諸国の外交官もうわべでは連夜の舞踏会を楽しみながら、書面や日記などには「滑稽」などと記して嘲笑していた。井上の鹿鳴館外交への風当たりは次第に厳しいものとなり、さらに条約改正案(外国人判事の任用など)が世間に知られると、大反対が起こった。面目を失した井上は1887年(明治20年)4月9月に外務大臣を辞任した。

なお、井上の辞任後も1888年1890年1893年(明治21~23、26年)の天長節夜会は鹿鳴館で開催された。

首相官邸の仮装舞踏会

井上外交の中でも有名な1887年(明治20年)4月20日の仮装舞踏会(ファンシー・ボール)は鹿鳴館ではなく、首相官邸で行われたものである(一般には伊藤博文首相夫妻主催とされているが、実際にはイギリス公使夫妻主催で、伊藤首相の好意で会場として貸し出されたものとされている)。国粋主義者は、この仮装舞踏会が開催されるや「亡国のきざし」と口を極めて罵った。勝海舟は憂国の感を深め、21か条の時弊を挙げて政府に建白した。

その後

1890年(明治23年)、宮内省に払い下げられ、華族会館が一部を使用。1894年(明治27年)6月20日明治東京地震で被災し、修復後、土地・建物が華族会館に払い下げられた。

旧鹿鳴館の建物は1927年昭和2年)、徴兵生命保険(現・大和生命保険)に売却された後も保存されていたが、1940年(昭和15年)に取壊された。なお、鹿鳴館の正門として使用された旧薩摩藩装束屋敷跡の通称「黒門」は旧国宝に指定されていたが、1945年(昭和20年)、空襲により焼失した。

1940年3月9日東京日日新聞は以下のように報じている。「日本徴兵保険会社では最近のビル飢饉時代に建物に比較して広大な敷地を遊ばしておくのは土一升、金一升の場所から惜しいところでもあり、不経済であるとの理由で建物の取毀しを決定したともいはれ、取毀した敷地後にはバラツク仮建築を建築して商工省分室として貸室することに内定、数日前から工事に着手した」。その際に取外された階段と壁紙は、東京大学工学部建築学科に保存されている。また、その際に売却されたシャンデリアが江戸川区の灯明寺に残っている。


建築家谷口吉郎は、鹿鳴館の滅失について、11月8日東京日日新聞に「明治の哀惜」というタイトルで記事を寄せた。「明治に生れた人達が、自分の所持品を持ちよつて、それを小博物館にすることは出来なかつたらうか。それこそいい明治の記念物となったらうに。明治時代の人から、次の時代に贈るほんとにいい贈物になつたことと思ふ」「新体制が活発な革新意識に燃えるものであるなら、それと反対に古い文化財に対しては極度に保守的であつて欲しいと思ふ」。谷口は後に博物館明治村の開設に尽力し、初代館長となった。


参考文献

鳥海基樹「我国戦前における近代建築保存概念の変遷に関する基礎的研究」(東京大学大学院都市工学専攻 1994年平成6年)度修士論文)

東京倶楽部

1884年(明治17年)、鹿鳴館に外国人との融和交際の為に会員制の「東京倶楽部」が設けられた。そこでは英語の使用に限られ日本語は勿論、他の外国語の使用は禁止された。

鹿鳴館の廃止により(鹿鳴館と同じ)コンドル設計の建物が建てられ、移転した。現在は霞ヶ関ビル隣に東京倶楽部ビルがある。

関連項目



  出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2008年12月8日 (月) 14:10。











    
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。