巣鴨拘置所


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

巣鴨拘置所(すがもこうちしょ)(旧字体鴨)は、かつて東京都豊島区巣鴨(現在の東池袋)に存在した拘置所通称は「巣鴨プリズン」、「スガモプリズン」(Sugamo Prison)。現在の東京拘置所の前身にあたる。

第二次世界大戦中の1944年には、ゾルゲ事件の主犯とされるリヒャルト・ゾルゲ及び尾崎秀実死刑が執行された。彼らのほか、当時の同拘置所には主として共産主義者等のいわゆる思想犯や、反戦運動に関わった宗教家等が拘置されていた。

第二次大戦後にはGHQによって接収され、極東国際軍事裁判被告人とされた戦争犯罪人が収容され、同裁判の判決後、東條英機ら7名の戦犯の死刑が執行されたことでも知られる。

来歴

関連項目

参考文献



  出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』_2008年9月27日 (土) 20:50。











    
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。